« | トップページ | »

2015/04/15

64のあとも数冊読んでみた。
どれも自分と似たような年齢設定、職場環境だったりして(もちろん警察とか新聞社ではないけれど)身につまされる記述もあり、読みごこちのよくない部分も少なくはない。
そして心情的にも移入できないところがあるから、なかなか読後すっきりというわけにもいかないが、なかなかページを繰る手が止まらなかったりする。
Hanochi150415
例の直木賞の顛末については、あまりにも些末な、というか粗末な選考過程以前に、問題となった部分には心理的共感がまったくなかったので、途中までの勢いがなくなっちゃった感じ。

とりあえず、64のドラマが楽しみかな。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »