« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015/09/30

Gourmet150930

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/29

Scapin

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/28

土曜の昼と日曜の昼。
Sakuragi150926
煮干し鶏白湯。
見た目、家系ぶっているけれど実は燕三条?
ていねいな仕事ぶり。
Shinasobataro150927
ずっと気になってた松本の店にやっと行けた。
支那そば。客年齢層高し。
店に入る前からおなかいっぱいだったけど、するっとイケた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/27

芝居を見たあとの食事。
Kuriya150926b Kuriya150926
中町の蕎麦ラウンジで地酒を嘗めつつ鴨抜きや刺身など。
地酒とかいいながら生で始まって焼酎で締めるわけだが。
宿近くの店でさらに食ってるし。
Maruki150926

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/26

二年前はちょっとした経緯で見られなかった。
今回は劇場を飛び出して屋外での特設ステージでの公演という。
Scapin150926
ハバナギラの生演奏に導かれて開演。
日が落ちると夕の雰囲気が肌で感じられる。気温の低下であり、上空を飛ぶ鳥の羽音、虫の影、そんな自然の効果が芝居を演出する。
演じられる芝居は喜劇、アイロニカルな結末も用意されるが基本的には喜劇。
ユーモラスでエネルギッシュな演技に笑い痴れる。
間近で見る生きた芝居にリフレッシュ、いやほんとに。
Scapin150926b
断片的なタラフドゥハイドゥークスの音が効果的に使われていた。
Scapin150926c Scapin150927

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/25

Ghibli150925

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/24

名古屋といえば。
Sugakiya150922b
これにも一時間列んだ。バカか。行楽地の罠。
たまごとお肉をつけても430円。
Kokuya150922 Kokuya150922c
実はリサーチもしていた、宿の近くでめぼしいお店。
濃厚な淡麗系。
地元のラーメン本には記載なし、もしかして今は拒否店?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/23

Midland150923
駅の周りにはやたら高い建物が林立、いまだ工事中の物件も。
46階まで上って下を眺める。
Midland150923b Midland150923c
クルマも電車もスムーズに流れて、意外なほどに混雑ぶりは感じられない。
Seisei150923
名古屋で味噌煮込を食べるのはもう二十年ぶりくらいか、あのときは如何にもな、総本家だか本店だかのあの店でボリュウムも値段もゴージャスなやつだったのだけれど、今回はもう地元客オンリーっぽい蕎麦屋で。
味噌だれに甘ったるい感じがなく、過剰な具ものっていないのでむりなく食べられる。これはうまい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/22

Aichi150922b Aichi150922
連休後半、出かけた先でジブリのイベントがあったので列んでみた。100分。
会場を出たあとには160分待ちになっていた。さらに帰るころには200分だって。
Ghibli150922 Ghibli150922c
今まで見てきたジブリ関連の展覧会の中ではもっとも資料的には薄い展示で、それは仕方がない、要するに作品そのものではなく宣伝と広告の総括といった内容だからだ。
入場者にはこどもも多く、お年寄りも交えたファミリー層もいたのだけれど、作品に直結しないどっちかっつうとマニアックな展示物の数々に満足できたんだろうか。
なんていうのヨケーなお世話だね、家族のイベントであればそれでよいのだろう。
Ghibli150922b
同時開催のマーニー展は作品の美術に主眼を置いたもので、しかも展覧会自体のための創作物も数多く充実していた。惜しいことに作品は未見で、実は作品そのものにあまり関心も持てなかったのだ。ちなみにこちらの待ち時間は終始0分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/21

Oasis150922
はじめて見る未来的スポット、すごいもんができていた。
Oasis150922b Oasis150922c
久しぶりの都会で人混みに油断していた。
目をつけていた店はどこも満杯、予約席ばかり。
ようやくたどり着けた店での名古屋メシは、葱ののったビーフシチュウのごときルックス。
味も甘ったるく濃厚(^^;)。
Doteni150922

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/19

結局、話につられて食っちまった。
Yamaokaya150919
もうこの店ではホウレンソウつけるのがお決まりになった。
ブタ感っていうかポタージュ感っていうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/18

Obuse150918
なんだかムダに長い一週間だった気がする…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/14

Fukuya150912
この頃よく見るていねいな作りのヤツはもちろんいい、ジャンクなヤツもたまにはいい、でもホッとするのはここに尽きるかな。自分的に。
あの頃みたいにもっと旨み…(自粛)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/13

Marucho150913
秋の味覚を求めて須坂方面へ。
年に一度くらいは食べたいつけ麺。麺を食べる充実感はこの店ならでは。
すっぱからいスープも健康にいい感じ。勘違いなんだろうけど。

昼過ぎに入店、前客四組くらいだったので、内心ラッキー!と思いつつもだいじょぶなんだろかみたいな気持ちも半分でいたところ、食べ終わる頃には外待ちまでしっかりできてて、そりゃもうヨケーなお世話でした。
Purple150913

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/12

あのおねえちゃんタミっていうのか、じゃあやっぱり。
Chara151
かっこいいオープニングが過ぎると、なんでこんなの見に入っちまったんだろうって気分になるシーンの数々。
まあ勢いで笑っちゃうんだけど。
Ted150912
映画ネタが今回も満載。コミケが舞台になるし。
一押しは「my precious eyes」、けどあとでリアルゴラムと出くわすシーンはなくてもよかったかな。

Sumiyoshi150912 Maaya150912
夜から映画見ると、もう選択肢があまりないのだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/11

Shoryu150911
すこし前、久しぶりに食べてずいぶん油層が厚くなったなと思ったので、本日、油少ーしコールが通用するかどうか試してみた。通用した。
うん、しょっぱい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/09

Django150906b
日曜の店、隣のひとのを撮らせてもらった。
ウマソウ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/08

Ozawa150906a

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/07

ホテルへ出かけた日、昼はまあいいかなとも思っていたけれど、なんとなくヨーカドー地下の蕎麦屋でたぬき。
Kosuge150906_2
帰りには同じ屋号の店で呑む。鴨と蕎麦の店。
Kosuge150906b
でもこの店ではお蕎麦まではたどりつかず、別な店でおそば。
Django150906

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/06

今年のフェスティバルには兵士の物語がないので、自分的に目ぼしかったのは管弦楽のための協奏曲だったんだけれど、チケ取り叶わず。
でもこれの生中継スクリーンコンサートが見られるっていうので、市内のホテルに行ってきた。
もう二十年以上前、バルトークはこれと中国の不思議な役人が自分的ヘヴィロテだった時期がある。
今回のも期待にたがわずすばらしい演奏。

でも本日の目玉は次の演目だったんだろう。
指揮者の体調を慮っての曲目変更、ブラームスNo.4からベートーベンNo.2へ。
楽章間には儚いと思えるくらいな雰囲気も漂っていたが、見事に振り切って力強いコーダを響かせた(拍手)。
Ozawa150906b Ozawa150906c
映像だから演奏者の表情までよくわかっちゃうんだけど、案外な年齢層の高さにびっくり。
スクリーンに映る観客もまたしかり。
どころかスクリーンを眺める人々さえも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/03

Crz150903
縁起はよくないというが、つかまえちまったものはしょうがない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »