« | トップページ | »

2016/01/26

シャフトがもともと今井とフジマキのユニットだってのはわかってんだけど、やっぱレイモンドワッツのヴォーカル抜きにはなんにも言えない。
Schaft160126
モリケン+フジマキの最近作も聴いたが、いま、これでいいのか?
ウルサイ系ならウルサイ系なりにポップを追究したほうがよいのでは?
シャフトのファーストは緩急整っていて、よい作品だった。と思うよ。

« | トップページ | »

コメント

前言撤回。
あらためて聴くとカッコいいのは数曲だけで、流して聴くと緩急どころか緩〃〃〃〃みたいな感じで案外退屈だった。
時代の印象なんてこんなもんか。みたいな?

投稿: AMITZ | 2016/01/31 10:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »