« | トップページ | »

2016/01/02

歳明けて、目も透きとおったところでこないだ入手した「ホビット」三部目のエクステンド祭かー、みたいな。
帰省で周りあんまいないから、ちょっとうちのBOSEも鳴らしちゃおうかなー5.1Chじゃなくて所詮CDラジオだけどねー、みたいな。
…バカか。
Hobbit160102
話のスジの都合と時間の都合で、二部から連続で。
もともと前シリーズ比でフリークスな描写が増えてたけれど、今回のコレはスプラッタ度も高くなって視聴制限も厳しくなったそう。
ハリウッドベースながら趣向優先的姿勢なのは好感度。おいらは目そむけたいけど。
しかしあのお伽噺がどうしてこんな殺伐とした話になるかなあ。
まあ殺伐してるが話のレベルとしてはお伽噺程度かもしれない。
自分としてはドラマとして好きで受け入れてるけれど、映画的な完成度はどうなんだとも思う。
戦闘場面に比重傾きすぎ。しかも、もともとの映画「指輪」を時系列的に「次」の作品として見通すならばあの描写は過剰すぎないか。
だいたいこの出来事は主人公の気持ちとして次につながる物語を紡ぐとは思えない。

そういえば日本のアニメではシリーズドラマの内容を削ぎ落として、映画として極めた名匠がいた。
ああいうのもかっこいい。

でも家でだらだら観るならば、極められた編集版より本来カットするところも収めちゃったみたいにみっちり詰まったこんなエクステンドなやつか。
すでに既存だもんね。こんなアンバランスもいいかな。充実感は十分だし。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »