« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/29

Salad

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/28

Inase

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/27

生ものは時間経過とともに変化するものだから、その時々が旬だと思ってる。
ダメになっちゃうまでは。
音楽もそうだよなあってスタンスで今まできたんだけど、終わっちゃったものについてもう一度振り返ってみれば、最適な時期だった瞬間てのは確かにあるのだろう。
Tama
このときにこのバンドに生で触れることができたというのは自分の人生においてはまさに幸運だ。
それはもうひとつのバンドについても言えること。
で、どちらもその後を見続けてこられたということ、それもまた幸福なことである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/26

今週は忙しくはなかったけれどバタバタしていて、いつの間にか終わった。
まあこの時期、そんなもんか。
Hakaider
ちょっと掃除して、人形のホコリも払った。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/25

Kitaro

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/23

や、時代小説というより歴史小説のような。
Ai160223
脇の人物も含め、正しくきれいな人ばかり。
ポジティヴ過ぎるほどの人生観。

最期まで語られなかった「先生」のそのときの気持ちは、如何ばかりだったのか。

…うちの醤油はこのところ、松本の丸正「信濃むらさき」一本だったけれど、ちょっとヤマサにも手を出したくなった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/21

なにかこのところ、環境がざわめいていて落ち着かない。
あしたドカンときたら大笑いのところだけれど、そっち関連の緊張感ではない。

溜まってた画像を置く。
Fukuya150912b
丸でついてきたたまごを割って撮ってみた(^^;ぶかっこう。
Ku151229b
きのう通りがかったとき、偶然開店時、駐車場がほとんど埋まってた。
繁盛結構。
Shoryu150911b
もっとも、対ラーメン屋、てな距離感な店だなたぶん。基準てなもんか。
Yoshiya160111b
もうがちがちで何にも変わりようがあるまい(だっていつかチャーシュウ話聞かされた)、と思っていたけれど家系のこの店、チャーシュウが低温調理風になってる。
Kourakuen160207
近所のお店に鶏白湯のがあるってんで試してみた。覚えてないんだけれど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/20

Dscn2119
要するにどっかの厨坊があちこちに嫌がらせメールをばら撒いたということらしい。
読んでるこっちが恥ずかしくなるような文体。逝ってよし、ってやつだ。
そのおかげで休み返上して施設内に不審物がないか確認に(数時間だけど)。

Gokuu160220
出たついでに寄ってみた。
煮干しがガツンとくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/19

恒例の部局での退職者送別会の日。
終業時になったところで職場待機の指令。
市所轄施設の爆破予告メールが届いたのだという。
しかもよく聞いてみれば届いたのは昨日、ならば本日朝から対応できたはず。
なぜこんな時間になった?呑み会なんかやってる場合か?
いろいろ思うところはあったが明確な説明はなく、結局、送別会は30分遅れで開催された。
Rairaitei160219
はじまりが遅ければおわりも遅くなる。
あんまり遅いと選択肢もなくなる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/17

Hospital160217
予定なのでしかたない。本日大腸のカメラ。癌の後検査。
先週は母に別の病院での同じ検査があった。母のは癌とは関係ないけど。
母はポリープがあるから切削の必要があるという診断。
おいらのは特に問題なし。次はまた何年かあとの観察検査で。
こういう施設で一日過ごすと、日常感が少し変化するね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/16

おいらが職場でマスクをしてんのはあんまりしゃべらないですむからだけど、きのうはマスクさんがいきなり増えたかと思ったら、きょうは管理職筆頭に8人(8/19)休んだ。
発熱してるというし、インフル確定もふたりいる。学級閉鎖にでもなる勢いだ。
Kitkat160211
新潟と富山の間で入手。
しかし地域限定てわけではなく、コンビニでも買えるらしいけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/15

あっち方面へ行く場合はだいたい朝早いので、妙高、上越あたりで一回目の食事てなことになる。
自分的に割と定番になりつつある、とん汁のお店。
Tachibana160211
定食小。
小でもおなかいっぱい。ガッついて並なんか頼むと後悔する。単品並でもがっつり系。

その夜、おいしい和食とお酒を堪能したあとにまた流離うのだ。
店は、まあリサーチしてたんだけど、富山の新進気鋭の店って感じか?
富山で最初の煮たまごラーメン、ってのがキャッチフレーズらしい。
いまどき、それって重要?
Isshin160211
酔いヨイなので正確なところは覚えていないが、特筆すべき煮たまごとは…。
だいたい、遅い時間とはいえ盛りがあまりキレイでない。
そして、一応富山ブラックの端くれを名乗ったメニュウだったらしい…。
…正統富山ブラックの店を訪ねたのは明くる日のことだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/14

富山に滞在の日。
富山の黒いのは自分ではおなじみのあの店のみ。
だから、ほかの都内ほか県外で名が出てる競合してる数店は自分的にはスルー状態だった。
だってもはや単なるご当地ラーメンの拡大再生産じゃん。コピーといってもいい。

ところが、おなじみのあの店も実はオリジナルではなかったらしいことを知った。
…もともとの評判を築いた富山ブラックの店が閉まることになった。で、それにあたり、どんな事情があったか知らないけれど創業者が商標やレシピを別事業者(つまりあの店)に渡したんだという話。
そうして、その店はFC化して拡散した。そいつが今のおなじみのあの店ということらしい。

しかし創業者がそれ以前に暖簾分けしていたというお店があるという。
そちらこそ、まさに直伝のオリジナルな味なのではないか!
…大げさだね(^^;。

まあ、ふつうに繁盛店だった。
スープの色はあっちに較べてあんま黒っぽくないし、胡椒も強烈というほどではない。
でも醤油はきいているからごはんなしでは干せません。なので干しません。
余裕があれば生卵と合わせてみたかった。
Taiki160212
…慣れちゃったせいかFCで展開中のあっちの店の方が食べやすいかも、とはちょっと思った。

Taiki120505
いつかのあの店 (FC)のブラック。
たまごかけごはんをおともにすればベスト。
おなかに余裕があれば。
Shohki131102b Dsc08470
今は大行列、まだ余裕があった頃の長野市内のあのお店でのインスパイア。
食券表記は「危険」(笑)。
あの頃は談笑もできました。これも当分はありえないのだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/13

福井は恐竜でがんばってるらしい…。駅の建物にこんな絵書いてだいじょうぶか?
しかし、なんだろうこの陽気は。春先みたい。
Fukui160213
二十年前、ここへは行っていた永平寺。
埋もれていた風景を思い出す。擂り粉木とか大数珠とか、確かに見ていたよなあ。
タイミングよく法要の場面に出くわす。
しばらく読経を聴いていたのだが、なんだかリラックスするのだよなあ、こんな状態は日常的であるはずがないから、心落ち着く何かがあるんだろうな。
そういえばすれ違った父子の会話で除夜の鐘がリラクシー効果があるみたいなこと聞こえた。
Eiheiji160213 Eiheiji160213b
この辺へ行ったら、越前蕎麦、ってのが名物らしい。寄ってみた。
松本で催されるそば祭りでも毎年披露される。
以前そこでちょっと試してみた、ちょっと物足りなかった鰹節+大根のかけ蕎麦。
で今回は本場の店。

蕎麦自体がそれなりにうまい。
これはこれでいいが、別メニュウである大根メインのつゆのが強烈だ。
長野でいう「おしぼり」な感じ。
Kenzo160213
観光客気分満喫の数日。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/12

福井、もう二十年くらい前か出張研修で行ったことがあった。
あのときは信越線の白山を使ってどっかで乗り換えたのかな、長い旅だった。
研修とはいいながら、参加者は全国から集まるから必ず名所視察がコースに組まれていて、でもここは入ってなかった東尋坊、初めて立ち寄った。
Tojinbo160212 Tojinbo160212b
昨日だったら空が海に映えたんだろうなあとも思ったが、足下もよかったし満喫。

こちらでは目当ての店が予約なしで飛び込んだら思いがけずの満員御礼、めぼしいところに入ったらそこはチェーンの店で、まあ北陸っぽいメニュウながら時間限定飲み放題地獄に溺れてしまう…(^^;。
時間限定なので、ヨイヨイ状態ながら次の店を選択してみる。
で、はじめにフラれた店と同じチラシにあったヨサげなお店、電話してみたら入れるらしいので行ってみた。
ここがけっこうよい店。空いてるなら最初から行ったらよかった。
Shijima160212 Shijima160212b
福井ののどぐろ、それから白子、
カウンターの端でやってたこちらの県のエラい人と話がはずんで、お酒をいくつか選んでもらったり、もしかしたら奢ってもらったかも(記憶なし)。
これも奢り?の鯖へしこ。塩辛いが驚異的な旨み。
こいつをつつきながらポン酒呑んでたら、死ぬまで呑み続けるかも(おおげさ)。
Shijima160212c_2
ちょっとこの日は宿酔いだろうか、みたいな。
外呑みで宿酔いはほとんどないのだが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/11

この時季は割と北陸に出かけてることになっている。呑みに。
以前のお目当ては金沢だったけれど、過剰な変質を感じているので今年もパス。
地味に富山あたりで。
いい天気。冬とは思えない陽気。でもやはり陽光と海のコントラストはすばらしい。
160211 Crz160211
何回か足を運ぶお店だけれどたぶん予約オンリーで、しかも1.5時間で締められてしまう。
Dai160211 Dai160211b
今年はじめての鰤。のどぐろ。
のどぐろは塩焼きだがこれが絶品。この時点のキモチでは、こんなにウマい焼き物は生まれて初めてだ。
鱈白子もこっちへ来たときには必ず。
いちいち手が込んでいるから、まあかなりお高いお店なんだな。
Dai160211c
早い時間から始めて1.5時間では、時間を持て余すので次の店へ。
この店も以前は満員で入店できなかったこともあったが、案外空いていた。
今年二回目の鰤。
Arata160211
あと、げんげなど。ここではついに焼酎にも手を出して、富山の夜に埋もれてく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/10

Yotaro
宇野重吉。寺尾聰。うーむ。
てか深夜食堂のマスターじゃないか、みたいな。
当流会でのワルツィンマチルダ、妙に耳馴染んでた気がしたけれど、そうだよなあ、楽曲自体はたぶん何度も聴いている。

…むかしのメトロのレパートリー、こうして吸収されたか。
演劇用の音楽は発表されてるより多いはず、じゃあセカンドアルバムじゃないか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/09

Bincho160207
TV孤独のグルメで見たようなメニュウが。
帰ってビデオをまた見返してしまう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/08

Benfolds
名は体を表…さない場合もある。
ミュージシャンだと三人なのにカルテットだったりひとりだけどトリオだったり、この人も三人なのにベンフォールズ・ファイヴだった人。
ラプソディインブルーを思わせる軽快なピアノを聴かせちゃったりするポップなバンドだった。
その後ソロを経ての新作、相変わらずいい感じの音楽を展開しているが、アルバム後半に入っているのは純然としたピアノコンチェルト、しかもクラシックチャートにはいっちゃったという。
なかなかいい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/07

Syouki160206
開店したころたまに寄ってた駅前の店は、いつの間にか行列店になり夕営業もなくなったので、全然行かれないまま移転ということになってしまっていた。
で今月から新しい場所に暖簾を揚げた(入口には暖簾どころか店名も掲げられてないけど)。
開店時間を狙っていったがすでに列びが。一巡目最後の席に座ることができた。
満席の店内には妙な緊張感もあったが、二年ぶりくらいかな、ああよかった。
そのうち夕営業もするみたいだから、また前みたいにここでシメることもあろう。
Syouki160206b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

Starwars160206
めでたしめでたし、で終わったはずなのに始まってみれば状況はチャラになっているという。
話の大筋が同じなのもいつものこと。
今回のは特に最初のやつのストーリーをきれいになぞっている。
キャラものをやりたいんだとはわかるけれど、もう少し別な話でもいいんじゃないのか。
きれいになぞってる分、次回の大胆な展開に期待したいところ。

最初の作品自体もう陳腐化しちゃってるんだから、つづきを追うんじゃなくてリメイクというテもあるのではないか。
今までのシリーズのおいしいとこどりしてうまくまとめて3時間一本で完結、みたいな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/04

Merry010204
今年もスペシャルなものを聴かせていただいた。
対象への姿勢がすてきだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/03

フェアを主宰してる店で本家の土鍋。鶏塩。ここのは葱がけっこうなボリュームだったりする。
たまごとじ雑炊、これはくせになる。うまい。でぶになる…。
Takesan160201 Takesan160201b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/02

東流会の夜は長い。
なので投宿先は渋谷にした。さすがにお高い。会場近くにはお安い宿もいっぱいあったけど。
で、遅くまでやってる店を探そうと思うが、深夜の都会を徘徊する勇気はさすがにない。
一応リサーチした中で、一番わかりやすかった店にした。
Shinbusakiya160201
サッポロラーメンっぽい感じ。
もっとゆっくりだらだらしてみたかった気もするが、さっとすませて帰る。
あとでしっかり調べたら目ぼしい店はほかにいくらもあった。そりゃ渋谷だもん。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/01

むかし貪るように音楽を消費していたころは、聴いているミュージシャンはそれぞれ個々のフィールドにあるものと思っていた。
しかし聴き進めるにつれ、ミュージャンそれぞれの人脈が絡んでいるらしきことに気がついた。
今では自分が聴くものに関わるすべてについてコミュニティみたいなものが形成されていて、その部分部分を聴いているに過ぎないのではないかとも思う。
ってかみんなつながってる、みたいな。コミュニティってことば、すきじゃないけど。
この夜、ステージも客席にもいままで聴き馴染んだミュージシャンが集まっていた。
自分的には、ここにいるひとたちが松本でも見られるということがとてもふしぎに感じられるのだ。
Toryu160201
メトロファルスをはじめてみた頃には、メンバーみんな不惑、みたいなMCがあったが、あれから幾星霜、歳もとるわけだ。
Toryu160201b
limbo島終盤の儚げなアコーディオンとのやり取りは、もしかして……?と考えてちょっとどきどきしたが、ベチコさんのアンデス?に持ってかれてた。
ヨタロウバンドはバランスがよいよなあ。よけいなものは何もはいらない。パワフル。新しい曲もこなれてる。
メトローマンスホテルってどうなったんだろう。メトロファルスはどうなるんだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »