« | トップページ | »

2016/03/26

Fukei160326c
松本で芝居を見る。
三寒四温とはよくいう。まだまだ寒い日。
午後の早い時間に幕が開く。今回の出演は四人だけ。舞台美術もそんなに凝っていない。
老後のふたりのむかし話からはじまってこりゃあちょっとついてけないかあ、と感じたあたりで若い二人が登場、若いというのもあるけれど、まあ異生物、暗にジェネレーションギャップの話だったり実生活の確認の話だったんだろうなあ。
よくわかんないんだけど、ラストでトカゲ男が座り込んで腹を割るシーン、涙腺が緩む。
Fukei160326 Fukei160326b

天麩羅蕎麦のたねをツマミに呑む。
Kuriya160326 Kuriya160326b
シメは夜泣き蕎麦。
Kuriya160326c

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »