« | トップページ | »

2016/05/22

会場の外観にはイベントの告知などがまるでない。
知らないと立ち寄れない。
ツイートで情報拡散希望とか、そういうの賛成しません。ソレの在り方がきらいなので。

で、オトコンテが松本にきた。
Otoconte160522b
広いスペースの中に寛ぐ疎らな客。
なんだか贅沢な雰囲気、淑女たちの密やかなる夜会といった趣。
その中に場違いなオッサン(おいら)が紛れ込んだ、みたいな。
Otoconte160522
一度、甲府で聴いているので音の感じは耳に馴染んでいる。
しかし、始まる唄とギターのせめぎ合い、セッションには息を呑む。
かつて自分の中で半ば消化された音楽が、新しい装いを纏って迫ってくる。
いい歳をして愉悦の時に酔い痴れる(^^;。

まつもと大歌舞伎の音楽監督のライヴ!
とでも喧伝すれば大入りだったはず(それは望むところではないか)。

…いいや、もう何処ででもいいから、また聴かせてください。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »