« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/30

Ae160827
映画の日の夕、今年はじめての秋刀魚。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/29

夏休み三日目。
まあ何するわけもなく土日から連続の休日をだらだら過ごす。
今年はやたら豊作らしい夏野菜など買い出したりして。
Fugetsu160829
中野市の店で久しぶりの豆乳醤油。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/28

Takesan160827b Takesan160827
鰹節削器が出てくる店なので、つけめんを頼むとカウンターではちょっと狭い。
メニュウには出ていないつけめんを頼んでみた。
ノーマルとのちがいはスープだけだった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/27

あまり興味が向かなかったんだけれど、3Dの使い方がおもしろいらしいってんで見てみた。
Ghost160827
まあどうでもいいような話で(^^;、旧作のゴーストとキャストのカメオ出演もとってつけたような感じだしVFXも格別なわけではないが、次第に惹き込まれたのは音楽のせいだ。
絶妙に展開するあのテーマ音楽のバリエーション、殊にオーケストラの音。
思うにコレはあのテーマ曲の長すぎるビデオクリップとして見るべきものなんじゃないか。
しかし興ざめなのは吹替のダイアローグ。
字幕なら同じ内容の対訳でもスルーできるのに。吹替主題歌もイラネ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/26

Dsc09319

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/25

Dsc09249

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/24

クラシック聴いていい気になっちゃったんで月曜から呑んだ。
Ae060822b Ae060822jpg
なんか最近はむかしに較べて会計が少なくなったかな。
弱ったのかもしんない。
Ae060822c

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/23

台風がシンゴジラのごとく関東を蹂躙している頃、時系列的にいえば8月22日、おいらは不穏な空の下にいた。
警戒態勢発令つまり緊急配備も十分予想される中、とても嫌な気分ではある。
夏季休暇は期間内に決められた日数を申請することができる。その日は二回目をもらうつもりでいた。OMFのスクリーンコンサートを見るのだ。
長野では午後から台風の影響が予想されている。場合によっては取り消しも止むを得ない、みたいな。
昼頃にはそれまで暑かった中に冷たい空気も入り込み、風も立ち始めていた。
食事して、家で少しぐったりしていたら夕方、警報解除の報が入った…。

ヤケ食い的な気分もあったであろう。
いつもの上品な店で一番強烈なメニュウを選んでみた(^^;。
Sakuragi160822

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/22

今年もOMFのチケットが取れない。
名称が変わって以来は内容も縮小されているようで、以前みたいにひっかかってくるプログラムも少ないのだけれど、とりあえずはマエストロの指揮だろう。
今年はオーケストラAプロ。
今年も長野市で生中継があるというので出かけてみる。
Smf160822
世間では台風が荒れ狂っている日だった。
Smf160822b
プログラムはオネゲルの3番とベートーヴェンの7番。
小澤さんのベートーヴェンは、去年に続いてブラームスの4番からの変更メニュウだ。
見ていて、ひとつまた歳を召されたのだなあと感じる。1楽章2楽章間、2楽章3楽章間のインターバル(というか休憩)が長い。そしてそのときの表情に深い疲れが感じられる。
しかし3楽章と4楽章はほとんど連続して演奏される。


オベーションも、音楽が終わった瞬間からオケと一体になってそれぞれを称えあい、観客(スクリーンを見ているだけの我々でさえ)はそれに向けて惜しげない拍手を送った。

松本でのイベントはいつ頃から行けてたっけ。少なくとも一回は暑い日の熱い市内パレードのあとで合同バンドと力強く対峙する小澤さんを見ている。
その日がもう一度くればいいと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/21

二回目の本日はトッピング豪華な看板メニュウ。
Awaya160821
またまた思いがけずお肉過剰な感じ。
ちくしょうビールでもあればなあ、みたいな。
海苔増しとかだとまたイケるのかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/20

ザバダック雑感。
Zabadak180820
後年はプログレ寄りと言われる。
物語を感じさせるインスト曲が増えた感じをそう指すのかもしれないが、メロが叙情的だし重層的な構造のクラシックぽいロックと捉えればそうなのかもしれない(ちょっと勘違いか)。
デビュー盤当時のイメージは、当時の同じような編成の洋楽バンドと重ねていたような気がする。
プロパガンダとかデッドカンダンス。
プロパガンダはそれこそ勘違いだったかなあとも思うが、デドカンはケルトや古楽っぽかったり、アヴァンギャルドな雰囲気に近いものがあったのではないか。
同じ頃同じレーベルからのSYOKOさんのソロにも似たイメージを被せていたかな。
こちらはG-SCHMITTの人で、プロデュース(コラボ?)は今をときめく(^^;長野市芸術館音楽監督だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/19

吉良さんへの追悼がぼろぼろ流れているのを見て目を疑う。
…嘘。

ZABADAKとは、邦楽にも関心を持ち始めた頃に出会った。
デビュー盤からリアルタイムで聴いている。
今は手の届くところにないけれど、「遠い音楽」や「桜」はもう「消費尽くした」くらいに聴き倒した。
「ハーベストレイン」は、生涯ベスト10なんてものがあるならば(そんなもん考えないけどさ)確実に三本指にはいる。

意識的にではないが、ある時期からちょっと距離を置いていたかも知れない。
歳いって東京へ遊びに行くようになってからも、ザバダックのライヴは対象にならなかったから実際の吉良さんを見ることができたのは、2006年のメトロファルスだけだ。
最初で最後。
はっちゃきギター小僧ぶりの吉良さんを憶えている。
最後にヨタロウさんが「吉良くんまたいっしょにやろうなあ」みたいなこと言ってた。
Zabadak

| コメント (1) | トラックバック (0)

2016/08/17

盆もやり過ごした。
今年は土日は家にいても全然落ち着けないので、平日に休んでみる。
平日は職場に人がいるからね。夏休みは選択制だし。
Banryu160817
夕べも遅くてちょっと宿酔い気分の本日、せっかく歩いて行った目当ての店は盆振替休業だったので、別の店ではじめてのスペシャルチャーシュウ。
最近肉ばっかり食ってる気がする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/16

Goodzilla160816
内閣が壊滅してしまうことにささやかながら爽快感?カタルシスを感じちゃう、っていうのは今の自分のメンタルの反映なんだろうな。

監督としては、負に向かうキャラクターなしでほとんどセルフパロディな描写で映画一本やっちゃって、さぞリハビリになったことだろう。
なんて余計な雑感はどうでもいいとして、単品として極上のゴジラであった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/15

明けやらぬ時分、鳥たちのざわめきがこぼれる前、まだ虫の音ばかりが染み渡る中、いきなり猫が啼く。
あんまりうるさいんで起きだしてベランダから見下ろしてみると、近づこうとするシロクロ(たぶんオス)に向かってキジトラ(たぶんメス)が「こっちくんなー!」と牽制していたらしかった。
寝そびれた…。
Dsc09214 Dsc09214b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/14

朝から電話。
暑い。勝手がちがうことばかりで消耗する。

昼はひさびさの店で盆限定溜まり醤油のチャーシュウメン。
Sakuragi160814
ビジュアルからは予想ができなかったが、下三枚のロースの面積が広い。
思いがけずお肉お肉で食べ負けた(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/13

盆。
人混みの中へ出かけて、折りを買ってきた。
Dsc09202

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/12

国威発揚な気持ちはないし、そりゃあ若者の躍動はかっこいいけど「何も持たないで帰れない」とか、悲壮すぎないか。
「参加することに意義がある」、「アマチュアスポーツの祭典」じゃあなかったのかよう、みたいな。
つまりニッポンチャチャチャな気分ではない。
Dsc09197

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/10

最近のニュースの時間はいつも五輪中継だ。
ふだんからニュース(以外でも)は時間ずらしておんなじ話題の繰り返しとは思ってたんだNHK。
いつもは本来やんなくていいニュースばっかやってたってことだ。
むだなリピートばかりだったんだなやっぱり。
FMとかドラマにしてもコンテンツのリサイクルはお得意だかんな。
もはやネットにつながってりゃTVのニュースなんか必要ないしな。
肝心なことは言ってくれないらしいし報道の内容も上辺どおりで、ふだんは間をつぶすつもりで流してたけれどこう明からさまだとTVの電源入れとく価値すら感じられません。
Coconut160810
スーパーで買ったナッツ摘みながらイッパイやってたら、妙なものに出くわした。
知ってる味だけど、こういう形でカタマリとして出会ったのは初めてかも。ココナッツ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

Ajishiro160731b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/07

もう8月も一週が終わる。
そろそろ玉蜀黍も盛りを迎えるので夏野菜の買い出しに信濃町へ。

信州中野のお店、店主が日記でやたら暇だ暇だとボヤくので久しぶりに出向いてみた。
…確かにあまりお客さんがいない(^^;。
Fugetsu160807
上田のお店から譲ってもらったという粉で作ったという限定麺のつけめん。
旨いことは旨いが往事の勢いはちょっとないかもしれない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/06

Dsc09159
某日、季節外れのチューリップ?と思いきやフェイクであった。思い切りフェイク。
すばらしい。
Dsc09161 Dsc09157

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/05

こどもの頃、いやな授業がある朝は一刻も早く時が過ぎることを望んだ。
それでも時間は遅々として進まなかったりしたが、今はどうだ、望む望まないに関わらずすぐに一日は終わる。
嫌なことも楽しいこともあっという間に終わる。なんとなく終わる。
そうでないと耐えられないだろう。そんな毎日であることは悲しいことなんだろう。
とても疲弊した気分の週末なので、ちょっと慰労会でもしようと思った。
Furai160805
週末半額サービスの焼餃子。
Furai160805b
そんでシメはタンメンにした(ようだ(^^;)。
口の中が大蒜の充実感でいっぱいになった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/04

Dsc09166

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/03

July31

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/02

大雨が降った。アレかゲリラとか。もうあんまり流行んないか、その言い方。
しかしハンパない降りでいわゆる警戒体制だ。
ということで帰れない。
その後、降りは収まって帰れる体制にはなったが、実は帰られない状況だ。
てなことで結局翌日、深夜てか早朝の帰宅になった。また帰ってすぐ出勤だ!!
Ryouga160522_2
のほほんと過ごせた日々、真夜中近くにローストビーフで呑んだこともあった。
珠玉の日々はもはや手に届かず、みたいな?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/01

きのうの会場は、安曇野でも市街地から離れた別荘地にあったので、昼の食事については実は至近に目をつけていた店もあったのだけれど、なんとなくちょっと敷居が高く感じられたので(^^;、少し離れた次候補だった店にした。
そっちは入りやすい店だった。
入り口に立ったところで迎えてくれた店員さんに、席が埋まってるわけじゃないのに「10分以上かかります」と言われる。
いや10分くらいふつうだし、って感じで待たせてもらう。
Ajishiro160731
いやいやこのお肉はウマイ。
近所にあればまちがいなくコレでイッパイ。
こいつのために泊りがけもいいな、みたいな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »