« | トップページ | »

2016/11/14

「めしのしたく」から、もう七年も経つのかあ、ついこないだのことの気がしてたのに。
むかし浅草で独演会見たなあとか思いながら新作を手に取る。
Ueno161114
いつもの三味線が鳴らないのでちょっと雰囲気がちがう。
でも昭和ムード歌謡みたいなメロディラインはまさに師匠のアーバンポップ。
…なんだ師匠って(いや、いでたちが)。
思えばおシャミで唄う献立音楽みたいなとっかかりだったかもしれない。

今回のプロデューサーによるカバー曲がおまけについてきた。
Iwashi161114b
悪天につき、月は見られず。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »