« | トップページ | »

2016/12/03

プランクトンにハメられたとは言わないけれど、15年から20年ばかり前はケルトやバルカンの音楽に傾倒。
その頃よく聴いていた邦楽の人たちもそのテのイベントに出演してたりしたし、自分の志向と一致してたってことだろう。

でケルティッククリスマス。
1、2回見たような気もするが、それはそれとして今回は15?16?回目だとか。
今回は三組。
若者三人組ドリーマーズサーカス(これがかっこいい!)と、おんなチーフタンズなチェルシーザレイディーズ、それにシャロンシャノンのバンド。
Celtic_christmas161203 Celtic_christmas161203b
三組ということでそれぞれを堪能するまでにはいかないが(実は物足りない感、夥しい)、おそらくはベスト的な選曲だっただろうしアンコールでは全員セッションなども見られた、まさにフェスてな内容のイベントではあった。
気分が浮きだつケルトの舞曲の数々、生きていることの実感。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »