« | トップページ | »

2017/01/17

AndrewPoppyはZTT所属だった。
もう20年以上前だけれど、コンピレーションで作品の断片だけは聴けていた。
結局、ソロ作品の国内盤は発売されなかったし、外盤も手に入れられなかった。
で、最近見つけたZTT時代のベスト。
Andrew170117
最近の国内盤ZTTアーカイヴにも取り込まれなかったらしく、聴けたのは結局外盤なのだけれどもはや経緯はよくわからない。
本人のバイオグラフィ辿れば、けっこうな現代音楽家の立ち位置なんだよな。
ミニマルの系譜といえば言えなくもないのだろうけれど、ZTTっぽいアートオヴノイズみたいな音響が出てくるのにはびっくり。
こりゃあの頃の自分の嗜好にぴったり。
某曲や某曲なんか、ビートボックスとかモーメンツ…の別ヴァージョンと言われても信じるかも(^^;。
フェアライトばりばり使った現代音楽ぽい楽曲もおもしろい。
穿ってみれば、こりゃあ雇用側へのサービスかもしんないけどね。
終わっちまったハナシなんだろうけど、おもしろい。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »