« | トップページ | »

2017/08/14

言霊を信じるデスメタルvoが出てくる小説を最近読んだ、ラノベの類か。
そいつは、うるさい音の中でポジティヴな言葉を唄うのだという。

言語化(もしくは明文化)してみちゃったらその状態は真実になる、というのが所謂「言霊」の謂われだろう。

たとえば、「運動するのに水分摂っちゃいけません」ってのと「運動するからには適度に水分摂らなきゃだめです」ってのは、その時どきに言われた正しい指導、言葉だからその謂いでいけば言霊化してその時どきで真実になっている。
それは、その時どきで確認できるから、現在を標準としたら今時点では現在の標準が正しい。
だけれども、少し先の時点ではそれは必ずしも正しいとは言えないのではないか。
つまり、単純に言語化して現在「正しい」と思える事象は絶対的な観点から見たら、そんなことはなく、価値として揺れているっていうか、どうでもいいことなんじゃないだろうか。
だがそれは言語化されている時点で言霊以前に標準化されてしまっている。

もう生物的の欲求でいいんじゃないのか。
健康生活のための指標っていうか、ノウハウみたいなもんは、個人単位では必要ない。
余計なお世話。言霊とは関係なかったろうか(^^;。
Zozanya170814
っていうか、外を歩き回って汗かきまくったあげく、本日、定点観察的のお店にたどり着いた。
盆休みしてなくって助かった。
オレにはこの醤油辛さが必要だったんだ。ついでに水分も。
理屈じゃないんだ(^^;。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »