« | トップページ | »

2017/11/09

合格すれば技能職から一般職に職種を変更できる試験がある。
しばらく実施していなかったが昨年から再開された。
深刻な人出不足を受けての人材獲得の一環だ。
すでに抱えている職員のレベルアップも図ろうというわけだ。
待遇改善があればモチベーションも高まるだろう。
だから「落とす」ためではなく技能労務職全体の底上げを狙ったものだろうと思っていたら、ほとんどが合格できなかった。
しかも筆記の次の面接で落とされている。
そして合格者のメンツを見ると、自分でさえもやや首を傾げたくなるくらいだから、この結果には当事者たちのやる気は盛大に低下したものと思われる。
どエライ人たちが受けた印象で落とされるって、そりゃあやる気もなくなるよなあ。
でもそれが人事ってもんか。
今年も予定されてるけれど、みんなもういい歳で今さら感もあるし、受験率も低いだろう。
やることなすこと悉く裏目に出ている人事政策ではある。
Zozanya171109_2
ゆず風味のオプションを選択。ひと味変わった。これはよい。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »