« | トップページ | »

2017/12/07

この人もきれいに日本語を使う。
そしてこの本、まったく知らないことばがタイトルになっている。
ふらここって何?
Furakoko
その巧みなことばに物語が紡がれる。
あまり人情劇の作家とは感じていなかったけれど、これはしっかり人情エンターテイメント。
キャラの造形が気持ちいい。この人たちの別な話もあればぜひ触れてみたい。
これに限らす、作品には史実に基づいたものが多いみたい。
一般の人はまず知らない史実。勤勉な人なんだなあ。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »