« | トップページ | »

2018/01/02

ポルナレフの初期の録音でヴィクトルハラを思い起こす。
同じような聴覚イメージを喚起する。
ハラを知ったのはポルナレフよりずっとあとなので、時系列的にはその書き方にはちょっと語弊があるか。
それに、紡ぐことばもずいぶんちがうのだろうが。

関島岳郎が自身在籍のいくつかのバンドのライヴでカヴァーしていて、そのリコーダーにシビレちゃったのねえ、尺八みたいな響き。
でもシカラムータでリコーダーはなかったか。
この時期、ひとりでヨッパらいながら聴くことが多いハラ。
あの時代あの国のことなんて知らないに等しいしことばもストレートに伝わらないので、単純にのほほんと音楽に浸る。美しい。
180102
あれハラ、シカラムータにいたのか。
…すません!不謹慎でした!
Hare171230b

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »