« | トップページ | »

2018/03/18

この作家、表現としてはあからさまに大友(アキラ)の後継者っぽかったけれど、あんまりワザとらし過ぎたので横目に眺めてただけだった。まとめて見たらおもしろいんだろうけどな、みたいな。
8kenden180318
今度のは、新・新八犬伝みたいな感じ?
玉梓の描写とか、まさにツボなんだな。これは単行本で見てもいいかな。
でもこのペースでまともに原作なぞったら十年以上かかりそうだな。

てか、この作家さんの以前の作品でも感じたのだけれど、なんとなく終わってしまうかもしんない、みたいな。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »