« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018/04/30

暑いので、朝ではないが昼から生。
ラーメン店の野菜炒めと餃子でイッパイ二杯。
二か月ぶりくらいのだけどどうもラーメンはグレードアップしてるらしきおもむき。
Bansyou180430
チャーシュウが貧弱だと思っていたのでチャーシュウメンにしたのだけれどなんとなくゴージャス。
チャーシュウメンは二回目だけど確かこんなじゃなかったよなあ。
聞き耳立ててみるに、ほかのお客さんからも「ちょっと変えました?」みたいな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

休日の朝にラーメン衝動がくることがある。
前日酒浸りになってて且つ炭水化物不足だったりとか。
もう人生破綻じゃないのかと思わないでもないが呑まなきゃやってけない人生なのさ。
Yamaokaya180429
朝から餃子と生でトバしてるおじさん二人組がいる。
おいらも歩いてこられる距離に店があったらそうしたいところだ。
だがひとりでそれができるかどうかは微妙だ。
おじさんたちはお代わりしている。おじさんつっても歳はそう変わんないかもしんない。
こっちは麺硬めでレンソウ増しだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/28

通勤時間が長いので、NHKFMのコンテンツ使い回しが多いことに気づいた話は前に書いた。
たまたまかもしんないけれど、そのコンテンツが意外に貴重なのかもしれないと思ったのが二度ほど。
気に入ったんで買おうと思ったやつが廃盤になってる。中古でえらい価格がついてる、みたいな。
このアゼルバイジャンのピアノ曲集とか。
Dsc00284
邦盤は廃盤、原盤をアルファベットで検索したら見つかった。
エキゾチックでメロディアスなロシヤ音楽みたいな感じ。
FikretAmirovってひとのアラビアの主題によるピアノコンチェルト。
他収録も、今の時代に作曲されていながらイージーリスニングな楽曲ばっか。
現代音楽の今ってどうなんだろうなんて余計なこともアタマよぎる。

手に入りにくいといえば、ヒットしたにもかかわらずディズニーのサントラはスコア版の邦盤は発売されないようだ。
自分で買おうと思ったのはピーツドラゴンとココだけだけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/27

そもそも平井和正を読み始めたのはハヤカワ文庫がきっかけだった。
今では小説のカバーや挿画をまんが家が描くってめずらしくないが、むかしはめずらしかった。
石森章太郎が描いてたってだけでデューン買っちゃった、みたいな(全部は買えなかった)。
永井豪が挿画描いたその小説は、SFとはいうもののナンセンスものみたいで中学生にも読みやすくおもしろかった。
そこからウルフガイとか、深みにはまって行ったんだったなあ。
幻魔シリーズが収拾つかなくなった頃にはさすがについてけなくなっていた。
Spur180415

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/26

電子書籍が手元にあるけどやっぱ本は紙で読みたい。
だからダウンロードするのは埋もれてしまった作品の再読、みたいな使い方もする。

小学生の頃にまんがの幻魔にハマった身としては、小説でのリメイクがリアルタイムで始まっちゃうとありゃそりゃ放っとけるわけがない。
という若かりし日にかなり毒されてしまった角川版合本(全20)に手を出した。
あれって連載を読んで文庫も読んで、たぶん全部読んではいないがパラフィンにくるまれたでかいやつも揃えたんだった。かなり毒されている。
Genma
何十年ぶりかで読んでだんだん思い出してきたが、ありゃ相当へんな、考えようによっちゃあぶない小説だった。
リメイクっぽいのは冒頭だけで、どんどんへんな方向に行ってしまう。
それなりにエピソードはあるが、次々に出てくる新しいキャラと既存キャラとの対話が作品の重点になる。1対1の対話。
しかも何人も出てくるキャラは、表面的には個別化してあるがパーソナルは基本的にはみな同じ、みたいな。
つまり同じ内容の話を、繰り返し別なキャラに語らせている。
あれ読んで宗教に行っちゃった人って多いんだろうなあ。
行かなくてよかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

Yawataya180415_a
先週の唐辛子屋併設レストラン、テーブル調味料ラインナップ。
…そのメニュウだと使えるものがそんなにあるとは思えないが。
Yawataya180415_b
あの豆腐はあの店のものだったか。
このへんでうまい豆腐屋は二軒知ってる(ツルヤのぞく)。
定評ある納豆屋も二軒。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/23

うどんとぎょうざが有名な店のお客さんは、年配の女性グループが多い。
おばあちゃんたちが小うどんを従えての定食を囲んでる。
シーズンでもない一応の観光地の平日の昼としては、混んでるのはこの店と病院前と定点観測のラーメン店くらいか。
きょう、うどん屋の自家製麺を使ったラーメンは自分のほかにも何食も出ている。
Komugitei180423
ぎょうざも得意技にしている店だからか、スープにはほんのりニンニクの風味。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

そっかフランスなのでアコデできたってわけか。

シリーズオフからのスペシャルものはしばらく立て続けに出﨑作品だったから文句はなかったとして、監督交代以降は惰性にしか思えなかった。
Lupin1804
で、最近はシリーズ制作復活。
一個前のイタリア編はまだ見始めたばかりだけれど、1stと2ndシリーズのリスペクトで作られてる感じだから、まあ見られる。
フランス編の今回のも雰囲気継続、そして英シャーロック風展開で飽きずに見られる…(かもしんない)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/21

葉物が高かった前の冬だったけれど、いただきものなどに恵まれて鍋物には不自由しなかった。
しかし最後のひとつに芯の傷み発見。使ってしまうことにした。
Dsc00273
そのへんにあったタマネギと萎びたキャベツ、松本で買ったやつかなあ、味噌で煮る。
白い味噌汁。
豆腐は、ツルヤオリジナルのが最近気に入ってる。当然ながらツルヤ以外では買えない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

_dsc3179
なんか感じようによっては暑いぞ、プール行きたくなるような。
いやおいらは夏でもプールなんか行かない、10年ほど前は不本意ながら職場だったけどさ。

ビッグコミックシリーズ、若い頃はスピリッツだった。
それがいつからかスペリオールにシフトした。
何がきっかけだったんだろ、ラーメンまんがか?
今も惰性で買ってる(ときどき欠ける)けれど半分以上は読めない。
生臭いというか、絵自体に忌避感すら感じる作品が多い。
今興味深く読めてるのは八犬伝と文学少女のとジャイアンツのとタイムスリップ居酒屋のやつくらいか。
で、ひと月くらい前にオリジナルを見る機会があって、これだと一冊まるごと読めてしまった。
連続ものばっかりなのに。
きちんと年齢を考慮してカテゴライズしてんだ、と思った。

…てか自分的基準では若くても老いても今のスペリオールのラインナップはちょっとなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/20

諸事情により今年は実務にいそしむ毎日。
老眼鏡必須のCAD遣い、もう15年ほど使うXPのモバイルPC。

寒暖差が大きい。
職場には朝から漫然と暖房が入ってるが頃合いを見てこっそり切る。窓を開ける。
Zozanya180420
定点観測の店でつけそば。
やたらと柚子の風味を振りまいてるつけ麺を出す店があるけど、ここのはほんのり、利かせ方がうまい。
ウマイ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

名古屋から帰ってきた日、ラーメン屋でやきめしをテイクアウト。
店ではさまざまな状況下でなかなか口にはいらないが、実はけっこうウマクてツマミに使えることを知っている。
Horyu180413
五輪前後の時分、長野にもラーメン専門店が多々出現。
その中で京都の老舗をルーツに持つらしいこの店(当時は明確にしていなかったが今はカンバンにしてる)は自分的にイチオシだった。
何年か経って店は紆余曲折で閉店(路線変更?)、再開してからは自分的にも紆余曲折な気持ちがあって足が遠のいてて覗くのは年一くらいだったが、この日ちょっと勢いつけて寄ってみたのだ。
コレで呑んだ。案の定ウマかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

日曜の昼。
七味唐辛子の店併設のレストラン。
香辛料の店だからカレーがメインのようだが、豆腐ステーキの御膳にしてみた。
Yawataya180415
ナイフ、フォークと箸を使いまくっていただいた。
このテのレストラン、若者はほとんどいない、いても女性グループだったり。
いやどうでもいいことだけどな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

きょうの病院前は、すぐに座れたのだが意外に待った。大量のラーメン+各種定食セットのオーダーのため。
いつも入って出るまで20分くらいなのにきょうは30分以上待った。
厨房見てると、おやじさんがひとりで煮たり揚げたり茹でたり刻んだり、ああいうのを八面六臂と言うのだろう。
おかみさんはごはん盛りつけや小皿セットにお運び会計担当、あ、餃子の注文がきたので皮に餡をくるんでる。

隣に座った常連らしきにいちゃんの注文は「すぐできるもの」、なんとウチワ的な。
カツ丼がするっと出てきた。
Newkaidoichi180417
自分のは味噌ラーメン。
メニュウを見るとラーメンは「醤油」と「塩」では「野菜ラーメン」が選べる。
味噌はその選択肢がないと思ったらそれがデフォってことか。
けっこう大蒜が利いてたかなあ、たっぷり野菜食った感。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

ラーメンの麺をパスタに比することやアルデンテと評するのを見るのはままあるし、自分もそういう感じはウマイと思う。
でもニアリイコールなのは印象であって、実際にパスタをラーメンに使っているとはまったく思っていなかった。
…いやそういう店があるってわけじゃないんだけれど、ちょっと疑惑が浮上。

日曜に食事した店は、高原でラーメンを出してた店が街中に出てきました的な、ちょっとお洒落路線を前面に出しててお酒も飲めますみたいなところで、しばらくぶりで行ってみたらパスタもピザもありますアヒージョなんかも。
みたいなことになっていた。
少し食べていっぱい飲んで(^^;、さあ締めるかってなもんでラーメン頼んでみました。
Yamacho180415 Yamacho180415b
同行者はラーメンきらってペペレンチーノにした。
お互いに少しつつきあってみれば、なんだかとってもニアリイコール。
酔いヨイ頭のイキオイでブレンドしてみたらばちょっと区別できない、みたいな。
もちろんラーメンもペペロンもウマイので大した話ではないが。
あとで検索してみたらパスタを中華麺風に食べる、みたいな記述はいっぱい出てはきたけれどそれはちょっとちがう話だよなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

松本でいくつか見せてもらっているが、やはり兵士の物語だろうか。
今年、何年かぶりで再演が決まり、今度は東京ほかでも公演が予定されている。
いよいよ外の世界へ進出するのかと思えば感慨深いものがある。
Ishimaru180415 Ishimaru180415b
きょうのこのコンサートは、長野を皮切りに東京、大阪とで全三公演。
もと四季ってことは知ってたけれど、正直役者としての印象しかないので歌を聴きに行くとは思っていなかった。
バックにG、Bs、P、Ds、Key、Sax/Fl、Chの7人を従えて、基本ジャズのアレンジで音が炸裂。
実はあまり自分的にツボじゃない音なんだけど、ダイナミックでゴージャス、わかりやすいミュージカルナンバーや日本歌曲をクリアできれいな歌声で堪能。
自身で何曲か披露するアルトサックスがなんともかっこいい。
四季ファンなのか、題名のない音楽会なのかうたコンのファンなのかちょっと興味深い客層ではあった。
ものすごくいい歌手であること認識、カバーばかりではなくオリジナルの世界も広げればと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/14

Obuse180414a Obuse180414b
風が強くいい天気でもなかったけれど、ちょっと散歩。
小布施の花桃はまだ早いようだ。桜は散ってしまった木もあるがまだ蕾だけの木もある。
埃なのか花粉なのか、目と鼻がつらかった。
Marutyou180414
中野のつけ麺の店、ひさびさ。
並だとさみしいんだけれど中盛りだと自分的には晩ごはんに差し支えるサイズ(^^;。
ぴろぴろの麺がウマイ。
そして客入りひっきりなし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/13

Nagoya180413
ひさしぶりの名古屋、工事計画の関係で国の役所に書類を届ける。
特急に三時間乗り、面会は30分弱。緊張するひとときではあったが。
そして三時間の帰途。
Miyatyu180413
三時間乗車後の、戦い前の腹拵え。
ひとりだったなら同じフロアのラーメンか味噌煮込みだったけれど。
黒豚黒酢あんかけなんてものを。
ってか戦い前にごはん食べれるメンタルではない自分。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

Ishimaru

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

せわしくって、きょうは自分の席に腰を落ち着けられなかった。というか落ち着かないやつだったおいら。
Iirenren180411
かますの塩そば。とやら。
こがね色のスープにでっかいつみれの食べ応え。
前から気づいてたんだけど、この店っておじいちゃんの常連さんが何人もいるみたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/09

職場近くの高速IC入口に有名釜飯屋が経営する商業施設がある。
新幹線じゃなかった頃の「あさま」の名物駅弁だった釜飯だ。
そこができたばかりの頃はたまに寄ってもみたが、釜飯自体はいろんなイベントでも当たり前に売店が登場するので、今のところに通勤するようになってからは一回も立ち寄っていなかった。
ハンパな時間に早退することになった日、ちょっとはいってみた。
ハンパな時間とあって客はほとんどいない。だいたいが団体さんが観光バスでくるような感じなんだろう。
Oginoya
これがツマミにしようとするとゴハン部分が意外にボリュウムあるんだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/06

はじめて「ホルス(68)」を見たのは80年頃だったか。
市内のレコード店がスポンサーについてたサークルでの上映会。
フィルムは全編で二巻もの、手ちがいで後半部分が先にはじまった。

それよりも十年ほど前に日曜夜に放映された児童小説を原作とする日アニのシリーズがあって、それは全体としてずいぶん堅いと思っていたけれど、実際に堅かったのはけっこうな歴史の中で三作品だけだったんじゃないか(全部見たわけではないが)。

その後の劇場用フィルムもどれも堅かった。ギャグを交えてさえ堅かった。
あの作風の後継はあるのだろうか。
Takahata180406

| コメント (1) | トラックバック (0)

2018/04/05

こっちの店も昼はけっこうな繁盛。全席が埋まる、はじめて見たぞ。
中華そば。
このテの店と定食メインの店でちがうと思うのは、麺。
量販されてるやつよりやっぱりウマイ。
Zozanya180405
暑すぎず、時に肌寒くもある気持ちいい日差しの春らしい日。
Sakura180405

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/04

病院前の食堂、きょうのランチは海老フライ。
ひっきりなしに客がはいるけど捌きがいいので、自分が頼んだやつはほどなく出てきた。
Newkaidoichi180404
チャーシュウメンだが肉一色ではなく色取り鮮やか。
食べ終えて、しばらくおやじさんとおかみさんの客あしらいを眺める。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

あれ、まだ二日目じゃんか。なんかものすごくせわしいぞ。
きのうから日中あっち行ったりこっちきたり、帰って夜だってえのにウザイ電話とか。
雑用で振り回されてる。
なんかもう手続きのための手続きっていうか、ムダな動きが多い。
ばかばかしいこと甚だしい。
そんな動きの中でバカはバカで自分勝手に動いて主張しやがる。
相手してられねえって態度で示してもバカだから気づかないし、自分の言いたいこと言うしか能がないから聞きたかないのに一方的に距離縮めてきやがって、こっちはストレス高まる一方。
でもこのテはメンタルな障害って発生しないんだ。こういうやつこそ(以下自粛)
…今後は一切そのテの愚痴は記述しない。
本格的に年度は始まったし憂いてるヒマはない。
Sakura180403
きのう通勤時にそろそろ始まったかな、みたいな感じだったのに本日職場近くの公園ではほぼ八分咲き。
季節の花々を愛でる余裕みたいなもんもこのごろはない。
このテの記述も今後はしない。
ネタがなくなるな。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

十年ほど前の職場じゃ診断書はいやんなるほど見た。
今頃また見るハメになるとは。
物理的に体が壊れていれば正確に判断もされるんだろうが、診断書なんてもんは基本頼めば出てくるもんだと思ってる。自己申告。メンタルなやつとか。
結局、不満の表明、ひいては仕事がキライなんだろうなあって思わざるを得ない。
オレもすきじゃあないけどさ。
だいたいメンタルってガラかよ
まあかんたんに休んじゃうくらいだから別に重要なことをしてくれてたわけじゃあなし、ひとりふたり欠けて回ってかない職場でもない。
こっちこそ療休取りたいよって感じではあるが。
Genan180321

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

ひさびさに早起きしてみれば、昼寝というか朝寝が気持ちよさげな日が射している。
午後から最後のめんどくさい集まりがあるし、もう一眠りしとくか、みたいな。朝っぱらから四月バカ。
Tukemen180401

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »