« | トップページ | »

2018/04/27

そもそも平井和正を読み始めたのはハヤカワ文庫がきっかけだった。
今では小説のカバーや挿画をまんが家が描くってめずらしくないが、むかしはめずらしかった。
石森章太郎が描いてたってだけでデューン買っちゃった、みたいな(全部は買えなかった)。
永井豪が挿画描いたその小説は、SFとはいうもののナンセンスものみたいで中学生にも読みやすくおもしろかった。
そこからウルフガイとか、深みにはまって行ったんだったなあ。
幻魔シリーズが収拾つかなくなった頃にはさすがについてけなくなっていた。
Spur180415

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »