« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/31

本日、朝から外ゲンバ。
しかも自分以外は役所のひとではないから、息がつける(本来、逆かも)。
昼も職場に帰らず夕方まで出っぱなし。
Garakutaya180731
若穂の伝説の店で、つけらーめん。
ちょっと酸っぱいスープのまごうことなき、なんの愛想もないつけラーメン。
おじいちゃん店主に漬け物をサービスしていただいた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/30

Dsc00642

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/29

まだ外へ出る気力がある。まっちょっとした必要に応じてだけど。
Takesan180729
冷たくてさっぱりのつけ麺。
ちょっと酢を効かしたくらいがいいかも。

出たついでに期日前投票。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/28

Tennesseewaltz180728c
人生の終末に駆け巡るという記憶のような物語が紡がれる。
去年、松本で見たステージの再演。なんと県内でツアー的に各所で上演される。
基本はひとり芝居だけれど、終盤はバラエティ要素を含めての助演が思いがけない方向から登場。
作劇は初演とは少し異なるということで、新鮮な感じもある。
そして、最後はやっぱり走る。走り去る。その後のことも示唆されるが、走って物語は終わる。そこに考えさせられる余地がある。

今回、終演後にトークショーがあった。
ツアー初日の辺鄙な土地だったけれど、意外にコアな観客がいておもしろい話が聞けた。
Tennesseewaltz180728b

| コメント (0) | トラックバック (0)

Tennesseewaltz180728

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/27

今の職場でも、年に数回の豪華な昼が振る舞われることになった。
一発目はコレ。
Kagai180726
松代には鰻の銘店があるのだ。
過去に一回だけ店で食べたことがある。
お弁当、っていうかまあお重だけど、はこれで二、三回目くらい。

しかし夏バテにスタミナ食とはいうものの、バテた身にはガッツリというわけにもいかないもんである。
アルコールがないと消化不良起こしそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/26

監査報告のひと言のために午後休み。
Syouki180726
いよいよお目にかかった移転後の「黒」は、駅前に在ったときの「危険」。
胡椒を効かせると仄かに北陸の香り。醤油を味わう。
煮干しの店は冷たいメニュウがあるせいか外に列びができてたが、この店は中待ちふたり。
ようやく気軽に行けるようになりそう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/25

Himawari180725
RPGでの早歩きみたいな感じ、歩き回っているだけで、陽が昇ったと思うやすぐ沈む。
ものすごく早く時間が過ぎていく感覚。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/24

Rocket180724
第二部はTVで見ちゃってたのでまだ読んでなかった。
この作品はドラマ放映と原作の連載が同時進行で、ずいぶん大胆だなとは思った。
で第三部が出版され、そいつも秋に放映予定という。
併せて第二部が文庫化されたので、第一部再読の上、手をつけることにした。
ことによれば放映の前に第三部購読ということになるかも。
どころか年末には第四部も出版、みたいなイキオイだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/23

膝から下はそんなに痛くないから運転はだいじょうぶ。
まあ気分は怠いんだけどねえ。
Fm180822
外へ出たくない。自分的には日常的にふしぎなことではないけれど。
物理的な理由とはなあ(気温)。
もう一生外出などしたくないと言っても過言ではない。なんちゃって。

コンビニでつけ麺食えるし。あんまりうまくないけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/22

目覚めてみると腿に尋常ならざる感覚。
ふらつきは暑さにやられたからだと思っていたけど、斜面にへばりついてた故のニク痛であったか。
Gokuu180716b
先週の店の限定、あさり塩。味を見せてもらったが、あさりといえば味噌の方が引き立つのではないか。
とはヨケーなお世話。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

朝から地区の作業の日。
自分の担当は公会堂屋根のペンキ塗り。
春頃から予定されてたことではあるが、ここ数日危険な暑さとか熱中症とか騒がれてるのにほんとにやりますか?てな感じだけど、このテの年次行事は変更がめんどくさいから大概敢行されるんだ。
だから毎日毎日大量の患者が発生する。身近で見ないとわかんないんだ。
うちの方は標高900くらいで市街地よりはずいぶん涼しいんだけど、それにしても熱中必至だよな。

で八時から十二時過ぎまで、もちろん途中で休憩はするしそのうちの何回かは陽の当たらないところに避難しながら作業した。
終わってから水シャワーを20分くらい浴びて夕方まで首筋や頭を冷やしながらぐったりしてた。
作業中はつい勢いで体を動かしてたところもあったが、少し長い時間休んで動いてみると怠くて足腰が怪しい感じ。
左右のこめかみをさわってみると、ふだんは感じない血管の脈動が感じられ、頭痛がする。
やられちまったか。
Dsc00613
家の庭先の紫陽花。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/20

Ortennesseewaltz

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/19

「骨」は「ミッキーオ」に入っていた歌で、ライヴでもたびたび聴いていたから馴染みのある曲なんだけど、それを作詞者本人が歌ってる。
Hone180719
久住昌之はそのスジですっかり有名になっちゃったけれど、美術家としての側面もあって、確かむかし個展みたなものをのぞいて小物を買ったこともあるし、ライヴも見たことがあり(IMOだったか)CDも何枚か持ってるはずだ。
ここでは例のサントラに輪をかけたような楽しげな音が鳴っている。
ありゃ、去年のタイムスタンプだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/18

Tomato180718

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/17

三連休の三日目、コンサートの日だから体を考えて前の日少し節制したのでお昼はなんとか食えそう。
暑くてちょっと遠出はしたくなかったから近くの店でつるっと冷たいものでも。
Gokuu180716
ここんちのつけ麺はひさしぶり。ちょっとスープのサバが気になったのはやっぱり体調のせいか。やや食い負け気味で出かけることになる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/16

「ナウシカ」についてはリアルタイムで経緯を追っているだけに感慨がある。
最初のアナログ盤で聴きたおした音が、やや華美な出で立ちを纏って会場に溢れ出る。もう個人的にはこれで圧巻。

メインプログラムの九番は、自分が聴き馴染んでいたものよりかなりアップテンポのように感じた。
これがロックザベートーヴェンか。
楽器それぞれの音色の粒立つような流れに翻弄される。コーラスも分厚い。
ここんところいつも息絶え絶えでコンサート会場に入るんだけれど、出る頃にはリフレッシュできてる。
やっぱり音楽がないと死ぬな。
Chamber180716 Chamber180716b
ベートーヴェンの交響曲全演を達成したNCO、監督の話ともどもどう転がるか。
Bikura180718
軽くひっかけるつもりがガッツリやっちまってヨレヨレの態で帰る(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/15

夕方、スーパーで買い物して外へ出たところ、その温度差のせいだろうか、からだのバランスのコントロールが利かなくなった.。めまい?立ち眩み?こんなことは酒なしの状況だとはじめてかも。
711180715
昼にはラーメンでもと考えたが、カラダがついてきてくれなさそうなのでコンビニの冷やしにした。
カラシを和えたら盛大にむせた。
もうダメかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

結局、集客なんか見込んじゃいなかった。
監督がやりたいことを好きにやってたって感じ。
ベートーヴェンのシンフォニーと現代曲を組み合わせたプログラムが市内で見られるなんて30年前の自分だったら飛びついてただろうになあ。
でも今さらRock The Beethoven !とか言われてもなあ。
Chamber0716
会場をいっぱいにするためだったら、久石譲といえば誰もが期待するプログラムを作ることができたはずだが、あえて安売りはしなかった、芸術監督としての矜持というやつか。
ってなことでナガノ・チェンバー・オーケストラとして最後のサービスになるか。

もっともジブリ関連ということならば、NCO第一回公演で久石編のヴィヴァルディ「ラ・フォリア」を演っていて、これはもともと三鷹の森ジブリ美術館で上映された短編のための音楽だったはず。
また、同編「ラ・フォリア」は昨年のイ・ムジチ合奏団の日本ツアーにおいて長野市のみで演奏された。
いずれも同じ版かどうかは知らない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/13

もう20年以上前だろうか、フジテレビ系でウゴウゴルーガてな番組があった。
朝のせわしい時間帯の放映だったから録画して夜中に呑みながら見てたりした。
NHK教育がEテレになって、そいつによく似たつくりの番組を見かけることがある。
スタッフが流れてるか。影響されちゃってるか。
最近だとチコちゃんとか。これは総合だけど。
Chiko180713
画像の出来は格段によくなっているが、このキャラはテレビくんだよね。
キレるのと、ロケットになって飛んでっちゃう近似。
呑んでる時間帯でTV見れる唯一の番組。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/11

なぜユニット名で売ろうとしないのか。
てな感じのチラシのつくり。みんなこのひとたちがTHREESOMEだってのは知ってんのか。
チケットはソールドアウトだそうだから知ってんだよな。
しかしものすごく中高年な客層。
Thereesome180711
終盤の客席の間を歩きながらのスタンダードナンバー、ときどきマイクを客に向けるのだけれどみんなちゃんと歌うんだよなあ。歌詞を諳んじてる。プレスリーの曲。
若いときにはすごくイカしたおじいちゃんおばあちゃんたちなのか。
クリアなピアノとギターの音、そしてハリのある艶やかな歌声。
ふだんあまり聴かない分野だけれど、いい時間を過ごした。
(いま彼女を聴くとは思わなかったけれど)
Thereesome180711b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/10

Summernight0711

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/09

きのうの昼、すっかり夏バテ気味になっちゃってて食欲もなかったのでラーメンとか食えないから冷たい蕎麦でもと思い、ヨーカドーの地下で冷やしたぬきを頼んだら思いがけないボリュウムでびっくり。
イキオイつけて平らげたら、ちょっとダメージがきた。
Kosugetei180708
量販店ながら日曜の午後というので、お待ちのおじいちゃんおばあちゃんおとっつぁんおっかさんでぎっしりで、待ち時間はラーメン店のつけ麺待ちより長かったかも。

音楽聴いてだいぶ調子がよくなったからちょっと呑んで帰るか、みたいな。
久々にジャンクなものをちょこちょこと。
Hanbei180708
この店も中高年率高し。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/08

長野市芸術館、夏のイベントウィーク。
きのうの善光寺奉納に続いてのオープニングコンサート。
バンドネオンとギターとチェロで固めたタンゴ寄りのメニュウ。
週末のダメージもさることながら、直前にもあんまりうれしくない電話をもらっていたので心中穏やかでないものもあったけれど、落ち着いた時間を過ごす。
Gala180708
たまにこういう時間を持たないと保たないよなあ。
MCでちょろっと言っていたが、芸術監督は今期を持って任期満了。
このイベントが終われば指揮もしないしピアノも弾かないそう。
継続もありかなとは思うのだけれど、集客について議員さんたちの受けもよくなかったとは聞く。
しかしそれは民度の問題もあるわけで、いきなり本格的クラシックが根付くわけもない。
吹奏楽だと中高生の食いつきがいいはずだから、そこいらから敷居を低くしていってもよかったのでは?などとはヨケーなお世話。
でもやっぱり生の音楽っていいよなあ。
リベルタンゴだけは、いくつもいいやつを聴いてるだけにいささか拍子抜けだったけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/07

Artmentgala

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

ひさしぶりの長くて退屈な時間。
きょうは、このへんでは今のところ雨は大したことになっていないが、警戒態勢の配備は継続中(縮小も継続中)。
あしたの朝までには判断もつくだろうか(予想よりいささか延びてるのが気になるが)。
とりあえず大きな被害はなくてよかったが、いささか草臥れたので適当な時間見計らって帰ろう。
Dsc00571
オダサク、猿飛佐助なんてのがあったけどこれは杉浦茂の世界じゃないか(^^)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/05

予定されていた災害対応訓練は、はじまって数分後に大雨警報が出たので中止になった。
夕方は局の総会、懇親会の予定だったが、土砂災害のことで職員の第一配備になったので管理職は行かれないことになった。宴会はそのほかの職員で食事会として実施したらしい。

自分的には地域の雨はきのう夜からのものという認識だったし、降りも激しくはなかったで大した緊迫感はなかったのだ、正直。
うち所轄の水源にもさほどなダメージはなし。
Takaoka180705
しかし意外に河川の増水などが酷かったようだ。
他県の被災ぶりは目に手を当てたくなるほど。
この国は揺れがくる前に流れちまうんじゃないか、みたいな。

降りが弱くなり、配備は解除にはならないが縮小ということで帰ってもいいよ、みたいなことになったのが午前三時前。
帰って風呂はいってUターンがいいとこだろうなあと思ったのでもう帰らないことにした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/04

少し前の朝日新聞で清水義範が、織田作之助がおもしろいと書いていた。
ネットで夫婦善哉を読んでみる。
おおむかし、出張で大阪へ行ったとき、自由軒のカレー、探して食べたんだよなあ。
よそへ行ってラーメン屋チェックなんかするようになる前。
そういえば法善寺横丁も歩いた。
小説は冴えない旦那と奥さんの話だが、軽妙で可笑しい。
文体も小難しくないしむしろ今の自分好みかもしれない。
手軽に見られるし、折にふれてまた。
Pukupuku

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/03

暑い。予想してたことだけど。
ま実際は冷房の中で生きていれば過ごせるが、外作業なんかした日にゃ卒倒しそうになる。
あとでビールがうまい!みたいな体調では、もはやないのだ。
加齢である程度の暑さは感じなくなっているのかもしんないのだけれど。

デジカメでオートフレーミングってのがある。
適当な構図で撮ってもポートレート風にトリミングしてくれる。
設定で機能を切ってあったので忘れていたが、生き物以外にはどう適用されるか。
Dsc00149_2
ほう。
Dsc00150_2
やっぱ赤みがあるとチャーミングなのかもしんない。
ワカメはかわいくないって判断だろうか。
メモリを圧迫するのでこの機能は忘れることにした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/01

Waichi180616b
東池袋の大将に教示されたっていうつけ麺。
誰にも教示されてないけどウマイ麺を打ってる店ってのも案外多い。ヨケイなことか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »