« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/31

日本中あちこちで水害が伝えられる中、自分周辺ではからからに渇いていたのだけれど、ようやくまとまった雨がきた。
願わくば、まとまり過ぎることのなきよう。
周辺部から市街地まで行ったり来たりすることの一日、昼過ぎに近くを通ったので寄ってみた。
確か、まだ新しい店。
フレンチの技法を遣うというが、フレンチよくわかんないからなあ。
Syouryu180831
一番右端のメニュウ。親鶏白湯醤油というが。
焦がしたようなマー油の風味がけっこうキツイ。
アブラ肉のかたまりもけっこうキツイ。
ボリュウムでダメージ、ではなく、テイストでダメージなタイプ。
やっぱりフレンチはわかんなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/29

「過剰な人には照準を合わせない」
そんなことはわかってる。
姿勢とか理屈はいいから具体的手順を知りたい。
かゆいところに手が届かないハラスメント研修であった。
Ooishiya180829
定番の店でかっ込む。
いつもは硬めに感じたチャーシュウだが今回は四つとも歯応えがさびしい。脂身のかたまりか…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/28

アラマーイルマン・ヴァサラットみたいなブリブリバリバリな楽団が近所の高原で夕方、屋外ライヴをやることになった。という夢を見た。
しかも楽器持参の観客や他の演奏者を交えて盛大に演るんだという。
当日、会場近くの建物の中で微睡んでいて昼近くになって目覚めてみると、既にメインアクト以外の人たちが三々五々練習を始めている。
これはこれはと思いながらも、実は午後から用がある。
学校のクラブの演奏会があって、ここでもOB多数参加のフィナーレの予定があって、なぜかトロンボーンを吹くことになっている。
そそくさと出かけてみるが、なかなか学校にたどり着けない。
学校に間に合わない状態。
ようやく校内にはいると、そこはたいへんな人混みで動くのもままならない。
動けないままどんどん時間が過ぎていく。
どんどんどんどん時間は過ぎて、やがて演奏会の終了時刻。
あわててライヴ会場へ向かってみるとそちらも既に終了。
いったいなんだったんだ。
Yashiro180828
一丁500円の豆腐。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/27

なんか最近、ハーディガーディが気になって音盤など聴いていたのだけれど、その楽器を中心にした日本の古楽バンドがあると知った。
Homunculus180827
…そうかプログレだったか。
トミタの火星があるような曲もあるし、表題作は、時期的に大友克洋のブリューゲルインスパイアでも見ながら構想したんだろうか、なんか思うがもしかしたらトンデモない勘違い野郎かも(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/26

使ってる仕事用のカバンがぼんぼろになっちゃったんで新調しようと思ったが、近間ではちゃんとしたカバン屋を知らないのだった。
通販だとちょっと感じがわかんないので、上越だったけど以前に偶然一度行って覚えていた店を訪ねる。
10年くらい使っていたやつは、DIMEとユニクロの企画ものだったんだけど今度のは吉田カバンのちゃんとしたやつにした。
Ashita180826
上越だと、候補は久しぶりにあの店なんだろうが、暑いし待ってる間に死んじゃうかもしんないので別の店に行った。
折しも数日前に発売になった新潟タウン誌の誌面をラーメン特集が飾っていたので、場所探しの参考にした。
はじめていく店、たぶんまだ新しい店。
麺もお肉もアブラにまみれていて、食べ終えるとぐったりした。
いや、うまかったし体調万全ならばシアワセになれたんだろうと思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/24

Kameya180824
ひさしぶり、温泉街にある店のつけ麺。
若者感希薄な雰囲気がすてきな店。落ち着ける。
麺がうまい。スープがうまい。
つけ麺の存在を知ったのは椎名誠の文章からだった。
はじめて食べたのは東池袋の店。
…長野でのはじめては、どこだったろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/23

Hurdy_gurdy180823

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

まさかの続編の文庫が出た、と思ってもう2年ほど。
Limelight180822
だいぶ放置してたことになるが、前作読んでからしばらく間を置いていたので、すんなり中に入っていけるかと思うとめんどくさかったからなんだけど、すんなり入れた。
なんといってもキャラの台詞回しがかっこいい。
これが江戸言葉か。文字で辿るのがもどかしい。神髄を直に音声で聴いてみたい。
時代考証がよくわかんないけれど、現代に登場してもおかしくないと思わせる作風。
じいちゃんの闇がたり、まだまだイケるのではないか。
旧刊、掘り起こしてみるか…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/21

Or_tennessee_waltz
今のツアーには松本公演の予定がなかったんだけど、そうか凱旋か。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/20

松本から帰り道のR19にちょっと気になる店があった。
通りかかるのが夕方くらいになっちゃうので、いつも寄れないでいたんだけれど、今回、往きに寄ってみた。昼の時間帯、続々駐車場にクルマが入るが店内は広い。
で、案外回転率もいい。
Ikkoku180819
全メニュウ、鶏出汁がベースになっているらしく、その中から「鶏と鰹」を選択。
いかにも自分好みのルックスにつられてハリのある麺を啜り込んだら、久々に逆流性食道炎の嚥下障害がキタ(^^;。
ちょいとしょっぱめではあるが、きりっとカツオが効いたスープも堪能。
しばらくこの店通うかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

「その人」のことを知らないのに、その人を語る会みたいなのに行っちゃうことにちょっと躊躇いを覚えつつ。
Kushida180819b
詩の朗読会。古楽器の随奏も入りながら。
むかしは作家のプロフィールには多少なりとも興味を持った。
いつからか作品は作品として、作家本人のパーソナリティにはふれないようにすることにした。
ここで当イベント主宰、串田和美その人の人となりにふれることになるとは。

観客の多くは孫一さんに薫陶されたひとたちだろうか。
なんとなく門外漢な立ち位置から朗読と古楽の絡みを愉しんだ昼下がりである。
このイベント、松本つながりではなくダウランド通信から辿った。
予定ではこのあと一泊して翌日までゆっくりするつもりだったのに。

出演/串田和美/小林聡美/つのだたかし/上尾直毅/新井敏記
Kushida180819c

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/18

おけら長屋の新刊が出ていると聞いたので思わずアマゾン行って逡巡したけれど、外出の用事があったので本屋で買うことにした。
Okera1808
ビニールでパックされていたのを開いてみたらサイン本だった。
何冊もあったけど市内でサイン会でもあったのかしら。
そういえば前作もサイン本が店頭に一冊だけ出ていたけれど、すでに買ってあったのであきらめたのだった。
ダブり本もいっぱいあるしこの際買っちまうか、と一瞬思ったんだけど。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/17

ちょっと強い雨が降った翌日、晴れているが気温は高くなくすがすがしい日になる。
14、15、16と大半の職員が休むなか出勤していたので(働いていたとはいわない)、休みを取ってみた。
クルマ洗って髪切って買い物。食事。
先週も行った役所の駐車場から一時間以内の行列店でオリーブいりこの中華そば淡口。
Syouki180817
今のメニュウ、ルックスはどれも同じに見えるが出汁に凝る。
醤油のはひととおり食べた。
ルックスが変わる頃、また行こう。

夜は呑みながらチコちゃん。そのあとイキオイでトトロまで。
トトロ、ちゃんと見てるのは初見のときだけだけど、雨のシーンなんか叙情的でいいな。
きのうの雨、思い出す(あれはちょと凶暴だったけれど)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/16

Kushidamagoichi

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/15

Dsc00676
TVで花火中継など見ながら呑む。
かっこいいタイトルつけときながらタイミングがあってないのがかっこ悪い。
BGMつきのとか。
あそこの花火は臨場感がすごいんだけどねえ、長野市のやつの方がが洗練されてるかな、とかいいつつヨッパらう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

冷たいスープでっていうのは、つけ麺の自然な食べ方なのかも。
Shouma180813
冷めるスープに一憂しなくてすむ。いや、してないけど。
この頃冷たいメニュウを出す店も増えた。
柚子と刻み葱が効いてる。お肉は鶏。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/11

Dsc03370
西や北では洪水騒ぎ、けれどもウチんとこ周辺では渇水気味。
94年のことがアタマに過ぎる。あの年も雨はなかった。
いろいろ対策は講じてみたが(とはいえやれることは少ない)、満を持して、ってな言い回しもヘンだけれど、盆に夜間作業で節水制限を実行(公式的には、してないことなのかも)。
その日の夜、妹がいまのダンナと結婚の話にくることになっていた。
けれどバックレて夕方に外出した。仕事だし。
妹もいまは三人の母親。
あの日の事情は話してないけれど、こういうばかばかしい想い出が人生に積み上がるんだろうなあ。
本日未明、降雨。ベランダ野菜もすこし潤った。
今年も、もうすぐ盆。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/10

ガウディ計画を読み終えるや即座に買いたくなった。
買いに出かけるのもめんどくさいし配送時間ももったいないから、ついダウンロードしてしまう。こうして深みにはまっていくのだ。
Sitamachirocket3
前作、前々作の頃とは状況の変化が大きく動く割にはライトな味わい。
そしてけっこう大胆に次作への繋ぎを感じさせつつ、そっかドラマはそいつとの抱き合わせでやるんだな、連動企画。な感じ。
神谷弁護士がかっこいい。

けれど作品の在り方としては満足しない。ToBeContinueなやり方はしない人だと思っていたので。
(ガウディはそうだとは思わなかった)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/09

ひるどき、街中を流してみるに、駐車場満車の店外待ちをしている店が多い。
無難なところで本日も役所の立駐一時間以内で用が足せそうなあの店へ。
といったってここだって人気店だ。中待ち五名様。
Syouki180809
先日よりもメニュウが絞られている。
きょうはアゴ煮干しの淡口醤油かえしで。
右の女の人も左のおじさんもスープ完飲。
それを横目でながめてる恥ずかしいおいらは一口くらい飲みきれない。
トッピでメンマをつけたんだがこれが意外にてごわい。二三本でいいんだけどな、みたいな。
食べ終えて店を出るときには外待ちができていた。
13時過ぎだってえのに、夏休みの人々か?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/07

ふだん日常会話があまりない。

で最近は頭の中で薩摩言葉と広島弁のイントネーションが耳についてる。
ドラマの影響、いやそんなTV見てないんだけどねえ。
とはいえ先日のNHKのドラマの会話も辛かったよねえ。

…こうの史代ブレイク。きた(のか?)。

辛さしか感じない交感は辛い。
この世界の片隅に、は辛さの向こうが伺える気がして救われる気持ち(今んとこ)。


Kuu180805b
不謹慎かもしれないけれど、辛(カラ)さいっぱいのメニュウだった。
一口しか食べてないけど辛かった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/06

以前、7%の発泡酒(notチューハイ)を追ってる、とばかなことを書いた気がする。
その後、業界では9%までエスカレートした。
宅呑みではもっと強いアルコールをやってそのテのはチェイサー的だったんだけど、アルコールが濃いとどうもうまく機能してないことに気づいた。ってかあんまりウマクない。
そうしてみると濃い発泡酒なんかじゃなくって、ちゃんとしたビールの方がウマイと気づいた今さらながら。
で、気がつくと某コンビニ限定で12%のやつ(チューハイだけど)なんてのが売られてたりしたのだ。
Strong12180804
これはやばい。たとえば500mLふたつで日本酒換算5合程度になるわけだ。
ジュース感覚でお菓子食べながらそんなもん呑んでたらたいへんなことになるだろうことは、想像に難くない。
でも想像しないで呑んじゃったのが前の土曜のことだ。
おかげで週末はツブレた。そうでなくても週末はツブレがちなのに。
コレは正しい酒飲みが呑むものではない。
そんでたぶんオレは正しい酒飲みでは…(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/05

朝のブラバンの番組でドラクエの音楽をやってたんだけど、耳なじんだ音が流れてきてちょっとびっくりした。
むかしの劇場版ガッチャマンのサントラに使われたものが編成変えてそのまんま。
まあ本人の作だし、ほかの作曲家だってよくやってることではあるが、まんまだもんなあ。
たぶん誰も知らないTVダイジェストの映画、かたや大ヒットゲーム。
ガッチャマンの方が時系列的には先だった。
これ、アニメではじめてN響が演った。
なんでそこだけリキ入れる?みたいな。そこしか入れどころがなかったんだ。でも入れどころまちがえた。

埋もれさせたくなかったんだろうなあ。わかる。
あとで考えたら、むしろあんな映画につけたのがもったいなかった、っていうか。
序曲のハネケンのハッチャケぶりとか、かっこよかったもんなあ。
TVで流れたメロディは一部しか採用されてないから、おそらく制作側でもウケはよくなかったであろうと邪推する。
ファンだってTVの音楽を否定されたみたいな感じもするからいい気持ちではなかったろう。

でもだいじょうぶ、俺たちはわかってますから。
という密かな気持ちもあったんだけれど、そうか全世界的にはそういうことになってたか…。
Kuu180805
本日も体調はよくないが、コレがうまいんだ(疲。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/03

しばらく前から松代の店の入り口に出ている幟の「冷やしつけ麺」は、今までもときどき限定で出していたトムヤムクンつけ麺とのこと。
エスニックなのにはちょっとそそられなかったので、いつものつけそばにする。
Zozanya180803
慣れてきて最近は平日サービスのでか海苔も持てあまさずにすんでいる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

Ortennesseewaltz
先週の芝居、終演後、会場に届いたシナリオ本。
クレジットにある発行所は、「彼(発行人=串田)の家」。

「彼」の絵筆は確かなもので、コクーン公演ほかのイメージ(広報)や松本某菓子店のパッケージも手がける。

シェークスピアやチェーホフとかの勘案ものは、脚本そのものの出版はムズいだろうけれど、オリジナルの作品は今後、文章での記録が手に入るかも。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

台風上陸の日、トランクシアター前の昼は、ロケーション的にあそこの冷たいメニュウと思っていたのだけれど、臨休なことを知り、ひさびさの店にしてみた。
最近にない涼しい日だったので、冷たいのもあったけどついニンニク効いたガッツリ系。
Inase180728_2
このテでは経験上、この店が一番かと思っていたのだけれど、この一年くらいでそのテのうまいところをふたつ知っちゃっていたのでチョト寂しい気分。
以前みたいなダメージもなかったし、インパクトも薄かった。てことは多分周りへの波及も少なかったんだろう。
そのあとお出かけだってのに無自覚に食っちゃったけど、そういうことではまあよかったってことにしとく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »