« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018/11/30

今年最後のレジャーのはじまり。きのうから。
とかってまあささやかなもんだがライヴのこととかで、きのう昼からきょう一日休みを取った。
で土日まで続くレジャーの日々。

せっかくだから食事はラーメン三昧もくろむ。
Shouki181129
きのうの昼、よそへ出る前、ここ、ひさしぶり。
そろそろ見た目変わったかなあと思っていたら、少し変わってた。メンマが標準になってた。
直近の二回くらいはオプションで頼んでた。そん時はちょい量があって持て余してた気がする。
サービス量程度のこのくらいがちょうどいい。
厨房の中にマスター以外の人がいた。
ひさしぶりに店外に列んだ。
うまかった。
Asahiya181129
赤羽の夜。
はじめてつけ麺にしてみた。オプションはゴージャス過ぎたかも。

明けて本日。
ホテルの朝食もいただいていたからおなかに隙間はあんまりなかったけれど、以前から名を聞いてた店が意外に早くに開いていたので。
赤羽の朝は別の店の煮干しを食べることが多かった。
この店もスープのベースは煮干しぽかった。
Takahashi181130
早くに開いていたんだけれど開店直後に既に行列。
ま、せまい店だし。
けど回転は早かった。
お客さんは自分以外、全員常連。ぽかった。
赤羽駅近辺、なんかのついでではなくってそこを目的にすればもっと堪能できるだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/29

atオーチャードホール。
Crimson181122
開演前、ステージ手前に大きい看板が二枚(英文とその訳文)立てられていたのでスペシャルなメッセージかなと思って前の方に出て見てみたら「撮影禁止、録音禁止、よくないことをしてるところを見つけたら即退場だし、公演中止もありうる」てな内容だった。
今どきのご時世、いけない道具をこそこそ使っていれば、そいつから出る電磁波が即座に補足されてその場で連行か、みたいなことをちょっと思った。
サイバー反撃能力。

三年前と見栄えがちがってるのは、バンドの中央に専任の鍵盤がいること。
プログラムとしてはレッド期を中心に、メロウな歌ものプラスアルファといったところか。
印象的だったのは、リザードからの曲とムーンチャイルド。
ムーンチャイルドは今の編成でははじめて聴く。
それにしたって、もうスゲーよなあと思うしかない優秀な再生装置としてのクリムゾン、翁のバンド愛というかバンド欲の賜物なんだろう。
Crimson181122b
今回の「トニーレヴィンのカメラタイム」はスマホと携帯のみOKということだったが、ドサクサにまぎれてサイバーショットを使ったら手が震えた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/28

Crimson2018

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/26

Unsexmehere2018

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/25

明けて一日。道普請。
きょうはカラダ的にぐったりする。
Noike181124c
なんかこれで一山越えた気がする。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/24

よき日に。
Noike181124
…噛んだ噛んだ(^^;。
うちの若いもんの披露宴。
職場関係の結婚式に出席するのはもう20年ぶりくらいだ。
で生まれてはじめての主賓あいさつ。実はここにくるまでけっこう懊悩の日々を過ごしてたんだ (^^;。

ちょっとやつの人生に水差しちまった気もするけど(汗)、終わりよければすべてよしだ(^^;。
かんべんしてくれ。
Noike181124b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/23

朝からばたばたしたりして。
よき日のリハーサルでちょっと疲れたりもしたのでラーメン店でイッパイやることにした。
Bansho181123
ツマミにとったのはジロちゃんの上にのるような形の野菜。
それにしてもこの店、半年以上間を開けているうちにメニュウが増えた。呑み屋風に。
Bansho181123b
これはラーメンの新メニュウ、トリプルダブル。呑みのシメにはちょっと重いかも。
Ion181123
店の近くのショッピングモールで若者のジャグリングを眺める。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

Seven181120

| コメント (0) | トラックバック (0)

Deadcandance181120
惹かれたのはゴシック調の管弦楽を伴うものだった。
それから幾星霜、バンドは深化しながら変遷を辿り、今回はその頃からすればずいぶんプリミティヴな音を鳴らしている。
それはバンドの進行方向のまさに延長線上にあるものであるし、言うほどかんたんに鳴ってる音とも思わないけど。

タイトルからしてディオニソスをテーマにしていると思われるが、それが直接的なものか比喩的なものか、どんなコンセプトに基づくものかはわからない。
一二度聴いてわかるのは、トラックが物理的に細分化されていないということとすぐ終わっちゃうということ(おバカな感想だ)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/19

土曜の昼は、ちょっと敷居が高くなっていたあの店に行くことにした。
駅前に移転しちゃって、夜もスープ終了で開かないことが多く、日曜定休ときたもんで、もう一年ぶりくらいだ。
Sakuragi181117
で昼呑み。一年前も呑みつきだった。あのときは夕方だったけど。
とりわさ風鶏チャーシュウと、この店でははじめて見るでかい羽根つきのぎょうざ。
Sakuragi181117b
いま限定の鶏白湯にしてみた。クリームシチュウみたい。
夏につけ麺祭りをやってたんだけど、行かれなくて残念。次はつけ麺だ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/18

Bohemianrhapsody181118
前にも書いたけど、アーティストのプロフィールにはちょっと近づきたくないなと思う。

しかしさすがにこういう映画では吹替ってわけにもいかなかったんだろうな。

ライヴエイドの部分は興奮もので、全体的にも音響はすばらしかった。
グッズ類は全部品切れだったけれど、サントラは実は事前に入手しといた。

しかしソロって凡作みたいな言われ方されてたけれど、むかしけっこう愛聴してたのになあ。
ジョルジオモロダーの映画主題歌ともども。
メイとテイラーのソロに対しての姿勢に、愛憎こもごもを感じるのは邪推ってもんだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/17

帰りに呑んでく。
長芋のフライドポテトがうまい。
Ajito181117
そして帰路途上にある週末夜限定の店の前を通りがかったら、もう寄るしかない。
Umakatei181117
変わらない味。
Umakatei181117b

| コメント (0) | トラックバック (0)

Yugenakuma181117b
能管や鼓なんかの邦楽器の音が多少混じる程度の音楽はいくつか聴いていたけれど、古典をちゃんと聴く(観る)というのははじめて。
まプログラムのほとんどはそれを発展させた楽曲だったらしいが。
生楽器の響きは瑞々しく、閣下の声も高らかに鳴っていた。
笑いのツボもしっかり、そして序破急な展開を活かした音世界。
終盤にはまさに体に震えがくるほど。ロックのノリで揺すられた。
聖飢魔Ⅱは世代的にリアルタイムなバンドだったが、ちゃんと聴いたことがなかった。
しかし本日しみじみと味わってみると、声質や歌い方、それに詞の世界観とか、…ヨタロウっぽい。
と思ってしまった。
Yugenakuma181117
閣下はどっかのタイミングで「野沢菜のおやきのターム」を入れていた。
そういや全国ツアーのひとたちはご当地ネタいれるよね。
たまもひるねツアーでは「野沢菜」入れてた気がする。かなしいずぼんか、学校に…あたりか?
鮮明に覚えているのは、今をときめく佃社長、阿部ちゃんが熱海殺人事件のカーテンコール前後のMCで「善光寺行っておやき食べました」みたいな発言。
満場の拍手だったのは言うまでもない、がしかし、りっぱになったね阿部ちゃん(ヨケーなお世話)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/16

11月も下旬にさしかかったのでクルマの冬支度をする。
あんなに暑かったのがウソみたいに落ち着いて、でも例年より寒の進みが遅いようだ。

冬タイヤに替えて、晩秋の飯綱、例のロケ現場に赴いてみる。
Amazons181116b
おお確かに。
Amazons181116
例によってディーラー近くの店で。
Gokuu181116
全部のせにすると何食ってんだかわかんなくなっちまう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/15

Zozanya181115
ひさびさの「極み」。
醤油は「溜まり」の二倍らしい。
うーんしょっぱい。
まだwithたまごかけごはんは叶わない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/14

Yugen_akuma

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/13

Vaio181113
うちの新旧VAIO。
どう見ても黒い方がカワイイと思う。
デカバつけててなおスリムだし、っていうかむしろ華奢って表現がぴったりのつましい佇まい。
で、天端っていうのか?ディスプレイの裏側の、つまりノートPCのふた部分のデザイン。美しいよなあ。
もし故障部分が復旧可能であるならば、直して用途は変えても使い続けたいと思っている。
今もこの記述は、黒のVPCX11ALJ(目の前にある銘板)、使ってるんだよ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/12

車椅子を使うお年寄りを何人も広間に入れて、ラーメンやつけ麺を振る舞っている現場に遭遇した。
そういやラーメン店になる前は高齢者用の施設だったようだし、基本、作りは変えていないようだから、今もこういう用途にたびたび使われているのかも。

そんな中でもあまり待たずに提供、豚バラ中華。
Iirenren181112
ほんとほろほろのチャーシュウがウマイ(あんまり見えてない)。
これ、呑みながら味わってみたい。ムリ。

…しかしおじいちゃんおばあちゃんたち、あれちゃんと一人前食べきれるのか。
飲み物やデザートもついていたようだが(すいません)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/11

みをつくし料理帖DVDイッキ見。
Miotsukushi181111
この番組の音楽やってる清水靖晃ってひとはサックスの人で、むかしアナログ盤だったけど一枚アルバムを聴いたことがあった。
CM音楽の、確かジャケットはサントリー烏龍茶だったと思う。記憶が確かならば輸入盤。
あれは流行りの電子音が主体だっただろうか。
あの頃のTVCMって音楽的に先鋭的なものが多く使われてたと思う。
新しいものを嗅ぎ回ってたあの頃は確実に今よりも充実していたよな。
今はむしろ古いものに惹かれる日々
この番組ではサックスを前面に出した穏やかな音楽。
番組もきちんと原作を踏まえて、必要以上に過剰にならないようにしていたんだな、と再見して思う。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/10

Vaio181110
新調した赤いPCだけど、こいつはスゴイ。
見栄えもさることながら、今まで手にしたものの中で一番動作が早い。最速。
割と何でも見てくれでモノを選んでいるので、製品の性能についてはまちまちなんだけど、でもそれは自分の嗜好で選択したもんだからどうこう言うつもりはない。
けれどこんなキレイで賢いとあっちゃあ、かえって戸惑っちまう。
今さらおいらはこれで何をすりゃあいいんだ?みたいな。
前に使ってたATOKは今のOSじゃあ使えません。ってんで新調の上、辞書コンバートした。
辞書ファイルはもう20年以上鍛えたもんであるはず。
画像編集ソフトも新調したし、一応Officeソフトはプレインストールだ。
ネット状態もすごくよくなって、動画再生にもなんもストレスがない。
しかも外でも使える環境。

ちなみに、この記載に使っているのは赤以前の機種。品番からすると、赤はこいつの後継らしい。
気のせいか、赤購入以前よりきびきび動いてくれてるみたい(^^;。
画面のバックグランドはC1R以降同様でカリオストロの城(U1は画面比率がちがうので別壁紙)。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/09

もう30年も前になるんだろうか、文化デザイン会議とかってイベントがあったとき、手塚さんが何本かのフィルムを持ってきてくれた中の一本が聖書物語のパイロットだったよなあ。
Seisyo181109
とか思ったのだけれども、記憶の糸を手繰るうちにあやしげな気分になってきた。
森の伝説の一部とジャンピングは見た。「おす」もあったかもしれない。
どっちにしろ地上波では放映されなかったから全部は見てないし、でも箱船のエピソードは知ってるような気がするのだ。

後年の手塚プロ作品にはどういうわけか出崎統の監督作品が多い。
もっとも彼は虫プロ出身だからもともと手塚さんのところにいたと言えるんだけど、完成後のスタイルは手塚作品とは相容れない気がするが、そこは出﨑さん、しっかり換骨奪胎している。
ブラックジャックって何種類も作られているけれど、もうブラックジャックは出﨑作品っていうイメージが世間的にも織り込まれてるのではないか。

これを全部(26話)見通すことができるのか自信はない。
ふと、自分が亡くなったときの手塚さんの年齢に近づいていることに気づいて愕然とするものである。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/08

よその自治体からの研修生の研修対応で一日ぐったり。
ま、非日常がたのしかったけれど。

いつかのつけ麺。
Kyokuichi181031b
鮭を使った、ってのはめずらしい。
冷めるとちょっとアレだが。
この日この店最後の客だったので、ポットの割スープは終わっていた…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/07

いつかのカラいつけ麺。
ぶしもり店長の店。
Awaya181014b

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

Hidsuki110922bb
ラーメンは自分ではあんまりトッピなもんは頼まない。
辛いやつとかブームっぽいけれど、カレーかかってるとかも選択肢から外すので、基本同行者の味見させてもらう程度(すいません)。
もう口に入るもんも、そんなに数なくなろうからなあ。
正統派の醤油ラーメンがいい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/05

Rantao181105
五目ラーメン。
というから赤い彩りなどもちょっと期待したりしてみたのだけれど。
ほぼ野菜のみの餡がかかる。
20円価格差の野菜ラーメンっていうやつもあるんだけれど、今度確認しちゃうぞ。
Seisuiji181105
こっちはすっかり赤い彩り。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/04

結局ビデオで見ることになった映画のアマゾンズ。
Amazons181104
もう初っ端から番外編感著しい。
ふたつのシリーズでせっかくきれいに(?)まとめたっていうのに、そうか脚本担当が今回は監修にとどまってるってのはそういうことか、みたいなことも思っちゃう。
デスノートとか仮面ライダーFirstの続編みたいな、もう本編とは関係ない大味のアナザーストーリーです、ってか。
どうでもいい話だったけど、気になってたのはロケに使われたのが自分ちの近くだったからってこと。
飯綱高原、大座法師池かな。あのキャンプ場の炊事場っぽい建物は確かに見覚えがある。
エンディングでは戸隠鏡池のクレジットもあった。
も一回ゆっくり見よう。
見たら話のよさもわかるかもしんない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/03

Vaio181103
10年近く使ってきた今のPC、ルックスはかわいいんだけどちょっとニブいやつで(ひとつ前のやつの方がきびきびしていた)、ハード的にも傷んできたので(ディスプレイ可動部のヒンジ)、新調することにした。

しかし新しいのはOSのせいで意外にデータの互換的扱いができなくなってたりして。
しかもやたらチャラチャラした見てくれの画面でどうもかわいくない。
質実剛健で自分好みのスタイルにカスタマイズできたころのWindowsがよかったのになあ。

今度のやつはハード的なルックスはものすごくかわいいんだけれど、メモリースティックのスロットルがない。
そっか今のVAIOはもうSonyが作ってんじゃないんだもんなあ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/02

Zozanya181102

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »