« | トップページ | »

2018/11/29

atオーチャードホール。
Crimson181122
開演前、ステージ手前に大きい看板が二枚(英文とその訳文)立てられていたのでスペシャルなメッセージかなと思って前の方に出て見てみたら「撮影禁止、録音禁止、よくないことをしてるところを見つけたら即退場だし、公演中止もありうる」てな内容だった。
今どきのご時世、いけない道具をこそこそ使っていれば、そいつから出る電磁波が即座に補足されてその場で連行か、みたいなことをちょっと思った。
サイバー反撃能力。

三年前と見栄えがちがってるのは、バンドの中央に専任の鍵盤がいること。
プログラムとしてはレッド期を中心に、メロウな歌ものプラスアルファといったところか。
印象的だったのは、リザードからの曲とムーンチャイルド。
ムーンチャイルドは今の編成でははじめて聴く。
それにしたって、もうスゲーよなあと思うしかない優秀な再生装置としてのクリムゾン、翁のバンド愛というかバンド欲の賜物なんだろう。
Crimson181122b
今回の「トニーレヴィンのカメラタイム」はスマホと携帯のみOKということだったが、ドサクサにまぎれてサイバーショットを使ったら手が震えた。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »