« | トップページ | »

2019/01/03

「そろそろアナ雪の時間」、みたいなメールがきたけどあんまりそういう気分ではない。

アマノジャクだろうけれど高畑全集の中の火垂るの墓をプレーヤにかける。
折に触れリピートしてるが、同時公開のトトロよりは見てるはずだ。回数は多くないけど。

オープニングで、死んだ清太が立ち上がる。その場面での彼の表情はかつての高畑作品のキャラクターの瞳の輝きを持っている。
節子も立ち上がる。蛍が舞い上がる。

清太の頬に斜線のタッチがのせられているのは疲痩の、節子の頬のピンクは疥癬の表現だろうか。
Hotarunohaka190103
前の秋に家に帰ったときに、母が実家のTVボックスの中に置いてあった単品の「火垂るの墓」を見たがったんで再生ボタンを押した(全集とは別に単品で家に置いてあった)。
最後まで見たのか知らない。
以前からこれを見たいと思っていたのか。
なんで今見たいと思ったか。
母とそういう話を共有したことは、正直なかった。

母も、いい歳だ。
だからおいらもいい歳のはずだ。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »