« | トップページ | »

2019/02/17

買い置きの卵の消費期限が切れたので火を通しちゃうことにした。6個もある。
とりあえず4個。水から茹でて10分強くらい。
できあがって割ってみる。呑みながらなので、むいたらツマミ、のつもり。
…しかし、なんだかこいつは柔いぞ、くずれそうだ!
カリオストロ伯爵がスプーンで食べてたやつみたいだ。
とりあえずひとつはヒマラヤピンクソルトで食ってみる。
まあ悪くはないがあと3個、今全部食えるわけもないし取って置くのも不安だ。
で思い出した。
年末に小布施の味噌屋で買った味噌漬け、ダイコンとキュウリとナス、ようやく食べ切れそうなんだけど回りにくっついてた味噌がたんまり残ってて、いつか鍋かなんかに使おうと思ってた。
3個の超半熟ゆでたまごはその残り味噌をまわりに塗ってキッチンペーパーにくるんでタッパーに入れて冷蔵庫に入れた。
だいじょうぶかどうかって気持ちもアタマをよぎったが、今まで食品関係でイタい思いをしてないので、ちょっとそのへんは甘く見てる、ってかナメてるところがある自分。
そして、しかしあと2個の生卵が残ってる。
今度は少し長めに茹でてみる。最初から6個全部茹でなかったのは調理器の都合だ。
ひとつむいてみると、あまりハードボイルドでもなし、まあいいできだ。
もっとも古いやつだからガンガンにハードボイルドな方がカタいんだろうけれど。
ヤワいやつと適当にカタいやつ、計ふたつ食べた。一度に食べるとしたら、こんなもんだろう。ってことで。

で、翌日、味噌漬けにしたもの、試してみる。
ヤワヤワ感が薄れてていい感じ。まだ浅いけれど味噌も染みている。いい味噌屋の味噌だかんな。
これは、もう少し時間が経つといいんだろう。
しばらく置いといて古漬けっぽくしてみたい気もあるんだけれど、イヤしんぼだから多分待つのはムリだ。

はじめからそれをめざすってのもありだろうが、もはや創造的な衝動があるでなし、残り物処分のつもりでしかないからなあ。
食べきれないもの買うんじゃないよって話だよ。
Fukuya180303x
こんなお店のたまごは超新鮮なんだろうなあ。
しかし卵ってスーパーだと10個で今150円くらい?…いやいやなんでもない。

「タマゴ」はその状態によって表記というか表現がちがうといういう話。
自分的には卵ではなく玉子ではなく、たまごでいいんじゃないかみたいなつもり。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »