« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019/03/31

Meiji190323_1

20世紀のおわりにこんな缶詰が販売された。その頃はこのテによく飛びついた。

Meiji190323b_1

実はまだ開けてない。

| コメント (0)

2019/03/28

 

通りかかったら、店が入れ替わっていた。

Sho190328

鶏白湯で勝負するらしい。

ひさしぶりに真っ正直な直球塩鶏白湯って感じだった。

大盛無料、ライス無料。

ってあの界隈、そんな腹ぺこさんはあんまりいそうもないけれど。

| コメント (0)

2019/03/27

 

Kyogoku


こんな分厚い文庫ははじめてだ。なんと読みづらい。


Kyogoku190327
この作家のは最初の以来、ときどき手に取る。
これは雑誌の連載をまとめたものだけど、初っ端からネタが全部わかる。
自分のために書かれたものか、いやもう自分で書いたんじゃないかと思うほどツボにはまる。
読めばハマるんだけど、なぜか積極的には手に取らなかったりもする作家ではある。

| コメント (0)

2019/03/26

Seaiwahitori

| コメント (0)

2019/03/25

 

昨日。
芝居は昼から。午前中に上田入りしてひさしぶり、市役所前の店であごらぁめん。
朝十時前からラーメン食べる人はほかにいない。
Hibariya190324
いまの限定用のトッピング、鮭はんぺんをのっけてもらった。

| コメント (0)

2019/03/24

 

Sekaiwahitori190324b
はじめての上田サントミューゼで岩井秀人と前野健太の音楽劇。
意訳すれば、人はそれぞれ自分勝手、ってことだろうか。
個人的には瑛太くんの激高ぶりが生で見られてよかった。
音楽もかっこよかった。
Sekaiwahitori190324

| コメント (0)

2019/03/23

 

外で呑むのは芋が多いけど、この銘柄でこんなラインナップがあるとは知らなかった。
Oozeki190321
まあ酔っちまえばそんなに印象に違いはないが。
冬虫夏草とかメーカ所在地では売らないやつとか。よくわかんない。

| コメント (0)

2019/03/22

半端な時間に会議。
すでに人事は発表されているので、みなさんなんとなく気怠げ。
ひるどきに通りかかった店でちょっと食べてく。
Shinobazu190322
溜まり醤油。

| コメント (0)

2019/03/21

先日スマホに替えた母のケータイ対応、データコピー。
ふつうの相談とは別枠なのですぐに作業してもらえたけれど、たかが電話番号と写真データのコピーなのにけっこう時間がかかった。
でそのあと豊野のつけ焼きそばの店。
Sogen190321
うまかったけれど、次に食べるとしたらもう少し先かも。

| コメント (0)

2019/03/20

本日、人事の内示。
しばらく前からざわざわした雰囲気だったがようやく落ち着く。
うちは5人中1人異動。結果を聞いたら別な意味でだいぶ落ち着いた。
きのうのシメは量販店で尾道。
Kourakuen190319
酔いヨイのカラダには意外にうまく感じられ。

| コメント (0)

2019/03/19

管理職会の退職者送別会。
来賓は四名で幹事はうちの課。
で受付と撮影担当。今まではこのテの宴会写真は控えていたけれどばしばし撮る。
が、まあおっさんたちの食事風景歓談風景って(以下略)。
Shimoda190319
料理はこんな感じ。
でも先付けみたいなもん摘んだ程度で動き回る。

| コメント (0)

2019/03/18

今をときめくひと、まあたぶんもう見られなくなるわけじゃあないとは思う。
手近にライヴ映像があったので今夜はグルーヴだ。
Denki190318

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/17

今入院している母のケータイが今月で使用不可になるという通知をもらったのが年末。
なので今月中には更新しなければと考えていたのだが、先週お店に行ってちょっと怯んだ。
手続きに240分待ちとか。
現状では通話の状況がよくなかったこともあって他社に乗り換えってことで考えていたのだ。

で本日、とりあえず説明でも聞こうと思って店に行ってみたらタイミングがよかったのか意外に空いてたので具体的な話をしてしまった。
母80歳。今まではガラケーの扱いもたぶんむずかしかったんだろうけれど、今回本人に相談もせずに年寄り向けのスマホにすることにした。このへん家電話のプランとの兼ね合いもあったりする。
ってなことで性急に機種決定、在庫もあったので、見本との色のちがいでいざこざもあったけれどとりあえず決定。
それ持って母を訪ねる。
当然、母は狼狽える。対応できるかどうかもわかんないが基本操作だけは時間かけて説明してみた。
まあとりあえず通話ぐらいはわかるんじゃないだろうか。
あとはデータ通信等、その気になれば電話で今まで以上に楽しめると思う(ちょと無責任(^^;)。
…まあ頭使って老化防止してくれよ、みたいな。

Keikasyurou190317
そのお店のすぐ近くの中華の店でラーメン。太麺に替えてもらった。もちもち。

で、今月で使えなくなると思い込んでいた母の前のケータイだけれど、通知をよく読んでみたらば、使えなくなるのは2022年の3月なのであった(^^;。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/16

朝からちょっとした区の仕事。
合間を縫って中華そば。開店早々客は大入り。
Fukuya190316

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/13

いよいよ最終公開をしているらしい「ヤマト愛の戦士たち」。
リアルでは見られない身としては確認はもう少しあとなわけなんだけど、音は聴きたい。
てなことだからサントラは聴き続けてる。アキラさんだし。
あの頃中坊だった自分への報償、みたいなもんだ。
むかしのサウンドトラックとか、BGM集なんてのはもうどれだけ再生したか。
ってかどれだけこの音楽に取り込まれてしまったか。
既にに刷り込まれたものには、後々まで拭うことはできないんだってことか。
Yamato2022a

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/12

190312
母がまた入院、手術ってな話になった。
数年前に転んで骨折、左の膝にボルトが入っていてよく曲がらない状態になっていたのだが、週末外出先で盛大に尻餅をついた。
それでも用事を済ませ食事もして、なんとか自分の足を使って帰ってきて、しばらく横になっていたらどうも左足の感覚がマヒしてしまっている、と。
で緊急医でレントゲンを撮ったところ、とりあえず異常はないということで帰されたんだけど、それでも常態ではないため行きつけの病院に行ってみたのが昨日。
そこでもレントゲンを撮ってみてもやはり異常なさそう。
それでも、とMRIを使った検査をしてもらうとレントゲンでは拾えない微かな骨折の痕跡が見つかった。
そのままベッドに縛られて夜を過ごし、今夕手術に至った。
それ自体は短時間ですんだのだけれども、歳が歳なだけに回復が心配だ。
医師は以前の状態ほどには回復するだろうと言ってくれてはいる。
Syouki190312
ラーメンなんか食ってる場合じゃないかもしれないが。
この店、去年一年間飛び飛びに何回か通って、ほとんど見た目が変わんないなあと思っていたんだけれど、もっと間隔を短くした直近数回はすべてちがうカタチじゃないか。
もしかして、もともとほとんど日替わりに近い営業形態だったが、去年はたまたま似た盛りの日に当たっていたってことなんだろうか。
本日のお肉はでかい淡口のバラチャーシュウ二枚。本節中華。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/10

もう長いこと購読してるまんが雑誌があって、隔週なんだけど、全部が全部見たい作品ではないわけで、まあ続けて見てりゃそれなりにおもしろいのかもしれないが、歳取って耐性が利かない身としては見たくない(見る気にもなんない含む)作品は見ないので、この雑誌では18くらいある作品の中で5作品くらいしか読んでない。
Shirogane190310
そんな誌面に最近登場したこの作品。画は一見して見なかったことにしたい絵柄なんだけど、イケる。
仕上がりを見るにかなり手練れの作家さんと思うが、知らなかった!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/09

Joe2
あしたのジョー2」DVD付ムックを見ている。
まだ家庭用ビデオが普及していない頃、毎週ラジカセで音声録音していたので音自体にはとてもなじみがある。
…むかしはそういうこと、よくしていた。
再放映も見た覚えはないから、映像自体は実質二回目みたいなものもけっこうある。
けれど意外に記憶は確かなもんだ。
この作品、前半後半で微妙にスタイルが変化していた。
まず音楽。作曲は荒木一郎でアレンジはチト河内だったと思うが、前半はオーソドックスな感じだったけれど、後半は同じメロディを使いながらも、ジャージーな雰囲気を醸していた。
その怠い音は、最終的に作品の印象を形作る重要な要素だったと思う。
もうひとつ、後半劇的に変わったのは「止め絵」の印象。
アニメータの線画を活かして彩色した、いわゆる「ハーモニー」な表現がこの監督の真骨頂だったと思うが、線画が強調されない、ふつうの絵画的な止め絵が増えた。
…なんてことを見ながら反芻して思うわけだ。
まだ最終話には至らないんだけれど、やっぱりコレにあんなにハマったっていうのは、自分のその時代の感性と合致したってことなんだろうなあ。
Joeb

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/06

時間を持て余した休日に外へ出た。
最近の書店ってどうなのかと思っていたが思いのほか大入り満員、レジは行列。
まあ、お客さんは本以外の商品求めたりしてんだけどもね。
Okera190306
で、おけらの新作のサイン本が並んでたりする。前のもこの店でサイン本で買った。
サイン会やってるって話も聞かないが(アンテナ低いし)、文庫本でこういう感じか、みたいな。
読み始めるのが楽しみな作品ではある。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/05

穏やかな日が続いている。適度に雨があるのも安心だ。
けれどこの時季、心中はあまりおだやかではない。
こんな気分の日々が二三週間つづくのか。
Zozanya190305
今年はじめての松代の店は大入り。
一年ぶりくらいの岩のりニンニク抜きにしてみた。
いっぺんに数作るのと少なくないトッピングのせいであまり熱くないのはご愛敬てなもんか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/03

久しぶりの店。
Yuu190303
背脂中華。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/02

最近、元号改正の話題が喧しい。
各システム上も西暦統一でいいんじゃないかという話もあるが、それに賛成。
で、その話題の中でなんとなく64のことが思い出される。ロクヨン。
いっときこの作者の作品、夢中に読んだがここんとこほとんど忘れてた。
NHKでドラマやったときは、すごく原作になぞってたなあと思った。
でその後に映画になっていた。見たかったけど見のがしていた。
64190302
これはTBSが主体で作ったもんだったのか。
見てて話のこまかいスジは忘れていたことに気づく。思い出しながら見る。
役者の臨場感がすばらしい。
でも、これって前後編別公開だったんだ。
もうバカ頭だから、ひととおり見てあらためて全編見て納得、てな感じ。
…いやそれならば、バカ頭はすべての作品は二回以上鑑賞しなければならない。
(こないだの演劇鑑賞ふまえつつ。
TV版の三上ピエールのって、あらためて見てみたくなった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/01

丼の中の表情が変わってた、と少し前に思ったのだけれど、本日は今までとほぼ同じ表情をしていた。
Syouki190301
青物も復活、チャーシュウも以前の薔薇然としたもの。
麺は手もみではなかったが、この間と同じものか。
伊吹煮干し中華そば。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »