« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/31

 

_dsc0273

先日のアニソン、ビッグ3って書いちゃったけれどそれはまた別のメンツになるようで、あの三人の場合は「スーパー3」でないといけないらしい。

| コメント (0)

2019/05/30

 

意外に続刊はあるもんだ。

Enshi
かつてずいぶん馴染んだシリーズ、だけど時を置いてしまっているので買ってはみるがなかなか表紙を開けない。
けれど開いてしまえばいつの間にかその文体に惹きこまれる。
文体、そう、この作家の文体はとても自分好みだ。
実のところ、文体を味わうのみで内容はあまりよく理解できてなかったりするかもしれない。
そして、素材の原点をよく知っていれば数倍も愉しめるのかもしれない。

| コメント (0)

2019/05/29

Saihinzensen

| コメント (0)

2019/05/27

ひさしぶりの上山田でのつけ麺。
混んでたせいなのかサーブ順が乱れちゃったりしてちょっと残念な食事になった。
自分らと後から座ったお二方、微妙な時間を過ごした。

Kameya190526
うまかっただけに。もっとことば使ってくれればいいのになあ。

| コメント (0)

2019/05/26

金曜にチケット情報をチェックしたら、まだ残ってそうだったので行くことにしたアニソン。
ささきいさお/水木一郎/堀江美都子のビッグ3。

Anison190526
生楽器は一切ないが単なるカラオケではなく、新緑ではないかもしれないがイベント用に調整されたものが使われている。
それぞれの持ち回りで歌われるわけだが、お決まりのデュエットもあったり、なかなかツボを押さえた選曲になっていた。
客層のこども率はかなり低く、あの歌この歌聴きながら大きくなったこどもたち、つまり自分世代プラスマイナス10歳といったところがほとんど。
でリアクションが凄まじい。ちょっと退いた。
それにしても歌手のみなさんもオーバー60、喜寿の人もいるわけだが、伸びやかな声はさすがだ。アンコールはいろんな曲を1フレーズずつ繋いだメドレーで、持ち歌なんか関係ないちゃんちゃかちゃんな曲。
時間が過ぎるのが早く感じられたのだけれど、終わってみれば二時間以上も経っていた。しかしアニソン、もうそれが付属してた作品自体とは別物になっちゃってんだなあ。

Anison190526b

| コメント (0)

2019/05/25

 

朝から実写映画の方を見たら、やり過ぎ感満載だけど見応えあって案外おもしろかった。

なんで朝っぱらこんなもん見ちゃったかっつうと、ネット流離いしてた過程で昨夜見た某医職ドラマの患者さん役のひとと、この映画の主演がヴィジュアル的に重なったせいかも。

Inuyashiki190525
アニメのシリーズも見ることができることに気づいて夜までにイッキ見しちまった。いぬやしき。
はじめの方でまんま鉄腕アトムが出てきて、あれれと思っていたら最後までアトムだった。
いろんなイメージを洗練、整理の上での再話か。器用な作家であることはよくわかる。
原作にはきっと手を出さないな。


昼に久しぶりの中野はつけめんの店。
たまごは別でと頼んだらだめだったんで、じゃ麺の方に載せてくれと頼んだらそれもだめだった。

Marutyou190525
つけ汁にドボンでちょうどよい濃さになったから結局全部飲み干した。

| コメント (0)

2019/05/24

 

Moom190524

| コメント (0)

2019/05/23

 

「宝島」DVDムックが刊行、全3冊×1500円。
これ、むかしLDボックス買った。シリーズの後日譚やその他映像がいっぱいついてた気がする。7枚組+α。42000円。
その後DVDボックス買った。8枚組。29400円。
後日譚のほかに放映後のホール上映用再編もの長編もついてた。
3冊ならムックの文章目的で買っちゃうんだろうなあ。それにしてもコンパクトになったもんだ。
マジでオンタイム、ハマり見した作品だ。

Treasureisland

| コメント (0)

2019/05/21

土曜の夜はジビエと蕎麦で呑む店、ひさしぶり。
アンケートに答えると1500円もしちゃう看板メニュウが半額ってどういうこと。

Kuriya190518
馬と鹿と蕎麦で焼酎やってバカになる。

Kuriya190518b

| コメント (0)

2019/05/20

土曜の昼は市役所一階フロアからなら徒歩1分以内の店、二回目。
濃厚中華そば手もみ麺にしてみる。

Syouen190518
きのうのきょうで体調万全ならず、ややヘヴィ。あっさり目のにしときゃよかった。

| コメント (0)

2019/05/19

ショッピングモール、店舗が入れ替わったりしながらもちゃんと集客する。
ひとのおしゃべりが渦巻くフードコートで人生三度目くらいの店のちゃんぽん。
we are the ちゃんぽん。野菜たっぷり。

Ringerhut190519

| コメント (0)

2019/05/18

Kテンペスト。

Ktempest190518a
2014年初演から三回目、回重ねるにつれて割と重要な配役を変更しながらの、いま現在の上演を見ることができた。雰囲気は当初からの感じが引き継がれてはいるが、会場自体がかなりスリムに設定されていた。
要するに空間的に狭い感じ。
そんな中で始まるとも知れず始まってしまうステージ。
…レヴューで説明してもよくわかんないだろうと思う。
キャストの中では今回初登場のナポリ王、この人が自分的に今回のハイライト、なんつっても串田演出よりも年嵩であられるが、少し前にアマゾンズで会長役を演られたひとだ。
目前で演技を拝見できるとは思わなかったわけである。
で、もともと音楽劇を目指した作品であろうから、プリミティヴだけれど緻密な音作りは当初から意図的だったはずだが、今回はホーメイも取り入れながらより深化した音作りを実現できていると思う。

Ktempest190518b
客席とステージの境界が曖昧な空間でのダイナミズム。
いろんな外連味も加味されていて以前にも増した臨場感。
観る場所の選択がさまざまに可能なだけに、時間が許されるならば公演毎回に参加してみたい。
いやそれはこういう串田作品だけに限らないなあ、どれもコレも何回でも見たい。

| コメント (0)

2019/05/17

 

担当内での送迎会。全部で6人だから居酒屋の隅のテーブルでささやかに。
とはいうものの自分含めてとんだ呑んだくれのおっさんたち、ささやかなツマミでがんがん盛り上がる。
鯖しゃぶなんてものをはじめて口にする。脂ののった鯖なら塩焼きだよなあ、みたいなばかなこと話しつつ奇妙なものを食べちゃった感満載。
職場がらみの飲み会とすればひさびさにバカ呑みした。

Resshi190517
二次会のラーメン。

| コメント (0)

2019/05/16

 

Ktempest190420

| コメント (0)

2019/05/14

 

Ktempest2019

| コメント (0)

2019/05/13

Sbc190513

掘り起こした。DVD。
発売はもう10年以上前、たぶんコンビニで入手した。地元TV局が自分とこの情報番組を編集したものでネタはラーメンだ(^^;。二郎系や六厘舎系が席巻するちょい前のこと。
店の人、局の人、今も見られる顔もちらほら。
ビデオではいちいちコメントがはいったりもするが、店の人、局の人、それぞれちゃんとする人もいればテキトーな人もいるんだな。
店の人、局の人、今は見られない顔もあったりする。
店自体、もはやいま現在あったりなかったり。
…もっとも自分的にはこんなメディアに紹介されるような店に特に好感は…以下略(^^;。いやこん中で今も行く店はある。

| コメント (0)

2019/05/12

今週のミタゾノさんはイマイチだった。ノレないネタだったってこともあるけどヤリ過ぎ感ハンパない感じが。
もう一歩手前で止めといてくれたらおもしろかったのにーみたいな。
ほんとのこと言えばジャストぴったりか若干行き過ぎたもしんない程度の微妙な位置が最適なんだろうけれど、そりゃ受け手の事情もあるから調整はむずかしいだろう。
などと無責任なことを思いつつ過ごす週末だ。
まあヤマトだってそうだったんだろうし、ラーメンだってそうかもしんない。
ジャストプラスマイナス0.5%

Aun190414b_1
若里の店も0.5%退いてくれたらものすごくウマいと思う(無責任)。

| コメント (0)

2019/05/11

 

リメイクというが、いまクリエーターの立場になった嘗てのファンによる二次創作物くさいとは思ってたんだ。
弄り壊しちまったな、ってのが率直な感想。
もしくは、続編を作らなければならないことを前提として、いかに「さらば宇宙戦艦ヤマト」を成立させるかって命題に対するビジネスライクな幕引き、とでもいうか。
いずれにしても、いま思えば後ろめたい気分もないではないが(後付けの思想についての理解のせいで)、あの「さらば宇宙戦艦ヤマト」に泣いた者には興ざめだったんじゃなかろうか。でも制作側はそんなことは全部想定した上で、あえてこう作って公開してるんだろう。
なまじっかリキが入った作品だっただけに残念だけど、いま率直な気分としては「なかったことにしたい」。

Yamato2022b

…二次創作物ならもっと気持ちいい終わり方もあっただろうが。

| コメント (0)

2019/05/10

 

こういう画はもうかつての浮世絵と同じように認知されてるんだろうなあ。

Otoroshi190510
日本妖怪大全って文庫本、絶版らしいんだけれど中古で買ったら58円だった。
送料は350円だったけど。

| コメント (0)

2019/05/09

 

病院前の食堂、きょうは臨休だったのでその近くの店に。
このシチュエーション、去年とかもあったかも。
この間は一点豪華を気取ったけれど、きょうはガッツいてお肉たっぷりのにしてみた。
ちょっと微妙な盛大主義だった。

Waka190509

| コメント (0)

2019/05/08

Mitazono190508

ふつうだったら完全に食わず嫌いでスルーしてたところである。
うっかり見てみたらスゴかった。悪ノリし過ぎなくらいノリがいい。
いやもう次からもずっと見ちゃおうかなってくらい。大笑いした。
バカな官邸とかこうやって笑い飛ばして元気だそうよ、って感じ。
報道もがんばれよ。
第3話は忖度の話。

| コメント (0)

2019/05/07

Dororo0507

| コメント (0)

2019/05/06

 

今月、また新しい店が開いた。


かつて栗田で始めてほどほどのブレイク後に川中島に移った店、その辺は自分としてはなかなか行かれない場所。
で、そこでは一二回しか食べられてないわけだが、店主がそことは別に、街中ではじめた。
焼き鳥の日、開店から幾日も経ってないことだしけっこう列んでるかなと思ったら、予想よりもずっと少なかったのではいってみた。
中はカウンターで7席くらいか、列んだ客をいちいち確認して店に入れてるから案外スムーズに回ってる。
メニュウは基本のがあって、あとはそのバリエーションとサイド。
まわりのひとたちはほとんど全員 替玉和玉ごはんものも食べていた。自分の腹にはそんなもん入る隙間がない。中華蕎麦一杯でいっぱいいっぱい。

これはちょっとウマすぎるかも。

Hoshino190503
この店がある界隈はウマい店がいくつもあるが、中でも最右翼か。

| コメント (0)

2019/05/05

 

須坂に、若き日の美空ひばりゆかりの食堂がある。この地で開店98年、よくわかんないがそれ以前の歴史もあるようだ、おお。
ちょっとハードルが高いので今まで訪ねられないでいたが、暇な連休の一日、なんとなく出かけてみる。
ひとりじゃ絶対にムリだな。
気になるメニュウはふたつある。
お品書きには「うどん」の括りにある(「ラーメン」ではない) 、スープうどん。

Tokyo190505 
中華麺の代わりに緩い感じのうどんが沈んでる。麺以外は「正油ラーメン」と同じであると思われる。
もう一品はひばりさんも食べたという「かつ重」。

Tokyo190505b
テーブルではおじいさんたちが大皿の肉野菜炒めを囲んでビールをやっている。お店のひとも、おじいちゃんおばあちゃんだ。
連休の或る日のいい光景。

| コメント (0)

2019/05/04

 

焼き鳥の日の翌日、呑みの影響もさることながら足腰の筋肉痛もあってけっこう怠い。
近所の天丼チェーン店で迎え(^^;をすることにした。

Tenya190504

店内は年配のお客さんが多い。お年寄りは天麩羅好き?と思っていたらとなりのテーブルに6、7人の若者グループがやってきてそのうちのひとりはごはんものより先に生と日本酒をオーダーした(ひとりだけ)。共感できるかも(だいじょうぶか青年?(^^;)。

| コメント (0)

2019/05/03

 

毎年この日は忙しい。
今年もまだ暗いうちから起き出して実家の回りでの作業、道普請。
終わってから朝ご飯食べてしばらくぐったり休んでから帰る。
そのあと人混みの街に出て少し歩いてから毎年恒例の焼き鳥の店に向かうわけだ。

190503

市内は歩行者天国、でかいお獅子の踊りを眺める。
焼き鳥を囓りながらの焼酎がカラダに沁みる。
自分が住んでるところからはけっこう遠い店、街中ではなく地域のひとたちが集まる"地元の"店。
カウンターに座って常連さんに絡まれる、ま、それもいいか。
焼きは炭火じゃないんだけれど、特製のニンニクだれで食べる。これがクセになる。

Yassan190503
次の日の体調低下は決定だが、まあ充実した日である。毎年の5月3日。

| コメント (0)

2019/05/02

10連休初っ端から呑んだくれて、あげく非国民な二日間を過ごしたらさすがにグアイ悪くなった。
そんな夜だったからあんまり食べられずに朝を迎えると、やたら腹が減っている。
それでも気分は復活したから、その辺の菓子類ってなわけにもいかずに、朝からやってるてっか一日中やってる店に出かける。ひさびさ。

Yamaokaya190502
限定のえび塩にしてみるが、んー久々にジャンクなもん食った。

Warner190502

そのあとは適当に個人的ロードショウ。

| コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »