«   | トップページ |   »

2019/06/17

 

引き続き出﨑監督を偲んでみたりする。
やっぱり宝島になっちゃうんだけど、TVドラマとしても当時としちゃ破格だったんじゃないか。
終盤のメロドラマなんかかなり秀逸であったと認識する。

Takarajima190617b
あれ、民放日曜18:30ころの放映だったはずだが(長野ではまたちがった、金曜17:00くらいだったか)、当時の視聴者にきちんとわかってもらえたんたかなあという感じだ(ヨケーなお世話)。

そのあと、パッケージ化されたときに特典として続編が作られた。

Takarajima190617
蛇足的な内容ではあったけれど(最終回が立派すぎたからねえ)、クオリティが高い映像と相俟って十分に見応えがあった。


その後、「白鯨」があったからそれを踏まえての感想はちょっと微妙になる。
けれども宝島本編単品ではあの頃のTV作品とすれば極上であったと思う。見た目よりメンタルな部分で。

«   | トップページ |   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«   | トップページ |   »