« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020/04/30

Sake

| コメント (0)

2020/04/29

そうか事業削減ってことは、仕事が減るから給料も減らすってなことへの布石なのだ。
疫病の現場にいない公務員の収入なんかはそっちに回せ、みたいな。
じゃあ議員はどうなるんだ、てな話になるだろうからそのへんは微妙であろう。

Fugetsu200429
しん農ポークの昆布水つけ麺。
…こんなにいっぱいお肉はいらない。一枚でよし。
つけ汁に麺のお鉢の昆布水入れて温めてもらったら、久々にスープまでつけ麺完食。
この店から50mくらいしか離れてない場所にやはりラーメン専門店があるのだが、そっちが外待ちできるほどの客入りだったにもかかわらず、こっちは閑古鳥っぽかったのは入り口に貼り出された県名挙げての入店拒否のせいだったのかどうか。

いや、そうじゃないな、こっちが淡口上品な作りなのに対してあっちは若者対応がっつりメニュウ完備だからだろう。

| コメント (0)

ていうかね、深読みすれば、首都差し置いて経済回してはいかん的な行政上の指示が出た。
疫病とは関係ないのに事業を極端に削減しろみたいな。半減ってのは極端って言っていいんだろう。
文脈は巧妙だけど遠回しとは言え公言していいことかどうか。
ま、仕事なくなるんならラクってことだろう。正直公務員だし。
でも今年限定。来年以降は忙しくなる?
アタマ悪いおいらの理解(曲解→首都差し置いて、とか)なので世間的にはまともな話なんかもしれない、かもねえ。

…そういう指示が出た途端、紙資料なのに電子化して全体にではないにしろ回覧してしまうって、任期がそうないにしてもどっかちがう危機感だって気がする。

| コメント (0)

2020/04/28

冬に新刊が出たので、すわっとばかりに買ってみたのだが…。

Kintogin200428
なんと半年前に出ていた前巻を読んでなかったのであった。
で、今ごろクルマの中などで楽しんでいるのだが、タイムリーというかシンクロというか江戸時代の疫病の話になっている。

リアルの疫病騒ぎは、最先端都市のの後追いでエスカレートするばかり。
みんな一律にテレワークとかサテライトオフィスだとか八割減とかおよそ現実的でない。
形ばかり整えても意味がない。
それこそ身の丈に合った対応でいいんじゃないのかと思うがなあ。

| コメント (0)

2020/04/27

メリさんの日記で知ったハル・ウィルナーのこと。

Kurtweill-200427
コンピレーションアルバムのプロデューサとしての作品はほとんどリアルタイムで日本でも紹介されてた。
ワイルのことなどには、このアルバムがなければ接近できることなどなかったのかも知れなかった。
彼の作品は自分にとってものすごく貴重な音楽の体験だったといえる。
このたびのことは、当に脅威と感じる事態である。

| コメント (0)

2020/04/26

近くの中華食堂。
店内、さま変わり。厨房際にあったカウンターは窓際に移動、テーブルも減っていて、店員も一人きりで完全セルフ態勢。
そしてあの賑わう店なのにお客も少ないのである。
生ビールも出ないのである。さびしい限り。
瓶ビールで、かつてサンシャインの餃子ミュージアムで出していたという餃子をつまみ、ラーメンを手繰る。

Banryu200426
うまい。

どうなっちゃうんだい的な気分は拭えない。でも、今までもそうだったようにどうにかなっちゃうんだろう的な気分もあるわけで。

| コメント (0)

2020/04/25

299423

| コメント (0)

2020/04/24

パリミュゼットの音だ。
アコデ。かつてブレルの伴奏者だったという。
…といえばマークアーモンドが敬愛してたという、かの。
そのうちちゃんと聴くことになるであろうジャック・バレル。ジャッキー?

Jeancorti200424
このソロの頃にはすでにいいおじいちゃんであっただろうジャン・コルティ。
この絵はハングリーキャタピラー?
とても、とても可愛らしい。いや、もちろん音も。

| コメント (0)

2020/04/23

母のつきそいで病院へ行くと、受付でこの頃テレビでよく見る検温器を頭に近づけられる。

Kenreha200423
そしてかんたんな問診。身をもって知る世間の事情。

用事はほぼ午前ですんだので、たまに行くラーメン屋へ行ってみると臨時休業。
列びのできる店の前も通りかかるとどうやら外待ち0。
ドアには来日曜からGW終了まで休業との張り紙。
はいってみれば待ち客どころか、カウンターで食べてるひとが一人だけ。
恐るべし緊急事態宣言。
ひさしぶりに入る店だが、券売機が新しくなっている。
でメニュウは、基本肉なしでチャーシュウはオプション扱いになっている。

Syouki200423
かます煮干し塩そば(肉なし)+肩ロースチャーシュー(醤油煮)を選択。
先客が出て店主さまとふたりきりになっちゃったので、しばし雑談。
そして次に入ってきたお客さんは仕事でよく知る顔。げ、しかも常連ぽい(^^;。

| コメント (0)

2020/04/22

癒やされる音楽。間近で見られなくても気持ち的に臨場感は満点だ。

Jintalamvta

大熊さんの演奏では一番回数聴いてる。空中キャバレーでの定番。関島さんテューバ参加のは初めてかも。

| コメント (0)

2020/04/21

日に日に閉塞感は募るばかり。
本日定例会議。全員不織布マスク着用。
正直、言われるほど緊迫感はないし、その必要があるとも思えないが、次回以降WEB会議を検討するとか。
それほど重要な集まりとも思えないし、実際台風のあとはずっと開催もしてなかったのに、なんか(以下自粛)。

Spirytus200421
アルコール分96%のお酒。これで体内消毒してやる。

| コメント (0)

2020/04/20

200416

| コメント (0)

2020/04/19

きのう外出自粛要請の中、しかも雨の中でもあるが外出してあったかいつけそば。

Marucho200418
このお店も週明けから連休明けまで休業する。
来週以降、どんどん世間はさみしくなりそうだ。

本日はひさびさにいやな電話。きのうあの天気だってえのに火事があったらしくて、消火栓を使った名残が出ているとのこと。こんな日和だから誰か在宅だろうと思って、託すことにした。
ひとに頼っちゃうとずいぶんラクだ。

| コメント (0)

2020/04/18

何年か前の市内での大林祭りでお会いすることができたのだ。
叙情的ながら奇矯な画面作りをなさる。

Tokikake200418
ほんとに久々に見たんだけれど、頭の中ではなんかちがうっと思いながらも涙がこみ上げる。最初見たときもそうだったんだ。
それにしても、人口の急激な増加が理由とは。未来予測の儚さ。
もしかしたらこれからの見通しも明るくなるのかも。

| コメント (0)

2020/04/17

クリムゾンの米ツアーも一年延びた。

Crimsontour2020
全国一律緊急事態宣言てなことで人が集まる場所は自粛の名の下にことごとく閉鎖。
あしたはcobaライヴの予定だったのだが10月延期。

| コメント (0)

2020/04/16

Komatsu200416

この音楽会に取り上げられなかったってことは、やっぱり復活の日って微妙な事情があるんだろうか。
ハネケンじゃなくてテオ・マセロなのか。

| コメント (0)

2020/04/15

新刊だと思って買っといて早半年以上。もう次の新刊も買ってたり。

Nokorimono200415
そこはかとない終末感が今と似ている。終末感は言い過ぎか。
並行して読んでいるとネタが被ることがよくある。
これは呉服というか衣類手芸にまつわる描写が「あきない世傳」と。
選んで買ってるんだから当然か。
大河の篤姫とかもう一度見たくなる。っていうかそっちのサイドストーリーみたい。

| コメント (0)

2020/04/14

「復活の日」はリアルタイムで見た。
それに先だってサントラも聴いた。サントラとはいうものの当時流行りつつあったそこからの音は映画にはあんまり入ってないイメージアルバム的なもので、ジャズというかフュージョンっぽい音だった。音楽監督は外国の人で主題歌はジャニスイアンだった。
のちに映画の中でメインに使われたオーケストレーションのスコアによるサントラも出たのでそっちも聴いている。
こっちの方は音楽監督の作品ではなくて、音楽としてクレジットされていた羽田健太郎がやったものだとばかり思いこんでたんだけれど、最近ネットでの意見を見る限りはどうも微妙だ。当時からちゃんとしたデータがなかったみたいだからしょうがない。
しかし全体として音楽にはお金がかけられていたみたいで、既存曲からの転用ではなくオリジナルで主題歌を外国の歌手が歌うなんてそれまでは考えられなかった。
邦画の革命、角川映画。
その張本人角川春樹が最後の映画としているのが「みをつくし料理帖」。

Sakura200414
時流の中でよく引き合いに出される「復活の日」だけど、希望は残したように見せつつも結局バッドエンドだったわけで、今は見終えてあんまりすっきりした気分にはなれなかったり。
映画の英語タイトルは「virus」だった。むかしはビールスとも言ったもんだが今はすっかりウィルスになっている。

| コメント (0)

2020/04/12

イベントは昼過ぎから。
それまでの時間を持て余して朝からラーメン食える店にひさびさ来訪。

Yamaokaya200412
ふつうの店だとチャーシュウとここにはのせてないがたまごがトッピングの目玉だと思うが、ここのはそうでない。

…市有施設閉鎖か。

| コメント (0)

2020/04/11

♪あったらしい朝がきた♪希望のあっさだー。

200411
みたいな。
区の仕事で早起き。あしたはイベント春祭り。
こんなご時世なのに決行けっこう。まあどうにもなんないだろうが。

| コメント (0)

2020/04/10

新型コロナ、本体もとよりMk2、その後継のマークXも既に生産終了している。
絶滅も近いはず。

Suntory20xxxxx

おいらのCR_Zも生産終了してるし。徒然なるかな。

| コメント (0)

2020/04/08

一日のほとんどを移動で過ごした気がする。
きのうきょうと少ししゃべり疲れた。

Ohishiya200408
時間が空いたとき、開いてる店があるとウレシイ。

Matsushiro200408

| コメント (0)

2020/04/07

今朝の夢ではついに自分を失くした。
ちょっとした人数で外作業をしている。同じ区や職場の顔が見える。
一段落して食事の休憩。
と、突然ひとりの男性の体が不自然に空間を急な速度で動き回る。
大きな見えない手に掴まれて振り回されているよう。
その人はけっこうな高齢の筈だが、自分にとっては昔から見知った顔なのでいつまでも壮年の印象。その顔が凍りついて動かなくなる。
やがて不可視状態だったその大きな物は、透明からのグラディエーションを描くようにゆっくり姿を現す。饕餮のようなもの。水木しげるが描く妖怪のような得体の知れない表情をしている(御大が饕餮を描いていたのか定かでない)。
それが大きく蠢くと群衆は二手に飛び退る、自分の方にそいつは迫ってくる。そいつの顔が自分の顔に近づいてくる。どうすればいい?手には何も持ってない。どこを掴めばいい?
そいつの口吻みたいなものが自分の顔に接触した。失くなった。
…。
第二章、自分の体に埋め込まれた太く長い針、これは筒状の容器に入っている。
つまり容器ごとたくさんの針が埋め込まれている。それを一本ずつ抜かれて替わりにより太いものを差し込まれる、
第三章…失念。
第四章、モノを失くすパターンではありがち。電話。
探しているスマホの替わりにむかし使ってたようなガラケーが見つかるが電話がかけられない。数字のボタンを押せない、押してもまちがえてしまう、妙な音声が鳴っている。電話を使えない。遅刻しそうなのに連絡ができない。
今朝は「これは夢である」ことがわからないまま目が覚めた。

Supermoon200407

今夜の月。

もっと遅い時間だとピンクになるの?かな。

| コメント (0)

2020/04/06

モノを失くす夢をよく見る。クルマの置き場所がわからなくなる、というのが多いパターン。置いた記憶のないところにひっくり返っていたり、まっぷたつになって放置されてたりする。
どうしても見つからないというパターンもある。
けっこう悩んでみたりするのだけれど、この頃は「これは夢である」ことを自覚してそこで目覚めることが多い。

で、今朝方なんかゴージャスに失くす夢の二本立てだった。
一本目はおなじみクルマの夢。あれこれ逡巡したのちにそれが夢であることに気づいた。
連続してもうひとつは大勢でトラックの荷台に載せられてどこかへ移動する夢。
なぜか正装しているのだが靴は脱いでいる。行き先に着けば体中、周り中埃だらけ。
降りるのが一番最後になって靴を探すが、自分のバーバリーは見つからず汚い左右別のスニーカーがひと組あるばかり。靴を失くした…。
なんだか悔しくてたまらなくなったが、これが夢であることに思い至ることなく覚める。
のほほんとしているつもりだが意外にナーバスになっているのか。

200406

| コメント (0)

2020/04/05

ラップされてるビニールを外すと著者サイン本なのであった。

Okera200405
もちろん店頭売りだけ。
新刊が先月に出たけれどその前のも未読、積ん読。読み惜しみ。
落語みたいな他愛ない江戸コメディなんだけど。
会計の時にビニール本の秘密を訊くが、断定的な口調ながら回答の内容は曖昧。
惑わせてゴメン。
こういうのがあるから、いまだに書店歩きはときどき。

| コメント (0)

2020/04/04

去年の台風以降、リアルディザスター感ハンパない。
そんな想定外の事態に対する行政の狼狽えぶりは、それがフィクションの中ならばちょっと笑えるいいアクセントになり得ると思うのだけれど、現実的には笑いごとじゃあないからなあ、何やってんだ、みたいな。

プロスポーツにはほとんど関心ないんで、自分的には以前とあまり変化ない日常。
ライヴや芝居もどちらかというと非日常の部類だったんで、今んところそんなに喪失感はないんだけれど、今月半ば以降は少し予定があるがどうなるか。
見る側は残念、ですむ問題だろうけど主催側にはたいへんなことなんだろう。
でも、イケイケどんどん!よりもなべて控えめ(控えすぎ?)な昨今の雰囲気は自分としてはこのま(…以下自粛)。

Cherry200404

| コメント (0)

2020/04/02

Snoopy200401

新学期。
そんな大胆に顔ぶれは変わんなかったけれど部局の一番偉い人と二番目に偉い人が替わったから、全体の雰囲気は以前とかなりちがう。
末端のうちらレベルでは2月から抜けてる育休くんの代わりに彼よりもっと若い人が補填され、ほかもそれぞれの立場に変化があったり、そして少し体制も弄ったので昨年比、少しばかり活気があるようだ(いつまでもつか?それ以前にこの感じ自体が気のせいかもしんないが)。
そんな中、一番バタバタしてて落ち着かないのが自分である。まあ来週から…。
そして、こっちにもアレが出た。

| コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »