« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/31

今年の夏も職場積立からのイベント弁当は鰻重。
積立は給料に応じた率計算でなされるわけなんで、たぶん割高なもん食ってるんだと思うけど、あ、えーと、特にこのことについての意見はない。ってことで。まあ税みたいなもんだな。
昨年は食い負けた記憶があるが、今年もあとで体調崩したんで負けたってことだな。負け続け。
勝ち負けだけが人生ではない。いや勝ち負けこそが人生か。
まずかったわけではない。旨かった。

Kagai200731
この店は松代だから、ごく近所にあるわけだけれど、昨今のドタバタがあったずいぶん前、20年くらい前かなあ、一度店で実食したことがある。

| コメント (0)

2020/07/30

ラーメン店にて、自分では無難なメニュウを選択しながら同席者には奇抜な限定とかを勧めて一口ご相伴てなことがままある。姑息なやつ(^^;。
前の土日。鶏醤油つけ麺のときには柑橘系塩冷麺貝出汁だった。

Hidsuki200725b
よくある冷製パスタ風だが麺がすごくいい。スープは複雑でよくわからん。
鶏鰹中華のときは鶏白湯。

Ikkoku200726b
同席者は疑問提出。これは券売機のとなりのボタン、鶏にぼではないのか?
確かに濃厚な鶏白湯にけっこうな煮干しが効いている。ここんちはメニュウが多彩、これは両方頼んで並べてみないとわかんないかも。
と思ったが、鶏にぼってのはきっと澄んだスープなんじゃないのか。今度試してみよう。

| コメント (0)

2020/07/29

デパートでの所用があったので、出たついでに千歳公園の居酒屋がはじめたという昼ラーメン営業を覗いてみる。
メニュウは豆乳味噌一品。

Gozo200729
豆乳味噌といえば中野の店が開店直後からしばらく出していて、これがなかなかよかったことを思い出す。
ちょっとそっちとは雰囲気はちがってる。
丼の底に味噌豆がごろごろしてるってのは、これも今はむかし、松代にそういう味噌ラーメン出す店があったなあ。
千歳公園近辺も店並みの雰囲気がちょっと変わった。

| コメント (0)

2020/07/27

往きの日、雨は緩急繰り返している。芝居会場近くのラーメン店でつけ麺。

Hidsuki200725
ひさびさの外麺だとか思いながら堪能、のつもりが食べ終わる頃に差込がくる(^^;。
夕べは呑みすぎてないし、体調は整えたつもりだったのに。

| コメント (0)

2020/07/26

本日も降ったり止んだり降ったり。帰り道では国道沿いの店で。きのうに続き二日続きの麺食。
やっぱりこういう小ぎれいなカタチのものがよい。

Ikkoku200726

鶏鰹。

| コメント (0)

2020/07/25

以前、同じ劇団が同じ演出家と演った「ユビュ王」てな作品があって、そいつは観ることがかなわなかったんだけれども、内容的にはそのものを含む、いってみればメタなものであるようだ。
ユビュ王自体も特殊な作品であるらしいが、それを知らなくても十二分に楽しめた。
何よりもこの状況でTCアルプの舞台ひさしぶりってなことは、それだけで感慨ひとしお。
今回は、用意された舞台のうち市民芸術館ではなく上土劇場を選んだ。

Jarry200725
客席の半分以上はペイパーピーポーに占められリアル観客は疎ら。
開演前には希望者にフェイスシールドも勧められ(誰ももらってなかったようだけど)、いよいよ開演すると一斉に登場する役者たちは、口を動かしこそすれ誰も声を漏らさない…。
数分後には喧噪で空間が満たされての開幕となった。
むかしの前衛芸術家というアルフレッド・ジャリのことがさまざまな角度から語られる。
笑えもするしコーラスなどにも感心する。やっぱり速いテンポにちょと置いてかれそうになったりもしながら至福の時間を過ごす。
次は10月に公演があるが無事に見ることができるか。

Jarry200725b
無事といえば今回は疫病のこともさることながら荒天が気になって、往ってから帰るまで実はあまり落ち着いていられなかった。
その夜は数日前に予約した蕎麦とビジエのいつもの店。

Kuriya200725
こちらも大げさなまでに対策を講じていたけれど、自分ら以外のお客さんは全部観光客だったようだ(自分らも観光客か)。

| コメント (0)

2020/07/24

コンビニで冷やしつけ麺買う。こういうのが量産できちゃう時代か。自分的にはもうちょい麺が堅くてほしい。そろそろ外で麺を食べたくなる。

Honda200717

| コメント (0)

2020/07/23

Jarry200717

| コメント (0)

2020/07/22

1000万の仕事はなんとか進捗したが、5000万の仕事は滞った。もともと自分の分野は付属品だから本体の方で躓いたって格好。総額では2億だったか3億?の規模だから慎重に行こうてな話。
まあ世間的にも壮大な損失が予想される某交通機関の話もあることだし。土木の分野はなあ。

Kiyono200722
話はズレるが、行政にはきちんと予算が執行されてるかどうか監視する【監査】てな機関がある。
で、とかくその目を掻い潜ろうと現場では慎重な動向が求められるわけだけれど、そいつがウザッタらしいこと甚だしい。
こちとら正当なことと判断してやってることなんだから、正当な場で指摘されたら正当に是正すりゃいいだけのことではないか。
それを事前に回避しようとヨケーな口をはさむ上層部。
話はわかるが、そうなった場合適切に擁護してくれるのがそちらの立場ではないか。
メンドくさい。ったらありゃしない。
そんなことより、もっと行政上部でやりとりされてるアレコレについての不透明な部分、そっちこそ都度都度【監査】しろよ。
釈明じみた説明はいいから責任を問うべきだ。末端行政より、そっちちゃんとやってくれ。
ズレまくってる気もするが、正直な気持ち。
やってらんねえや。

| コメント (0)

2020/07/21

土砂災害警戒情報が発令される。

200721
で、こんな回答をしなければならないのだけれど、【登庁化】を強制したい意図はよくわかるが、なんで【登庁不可】の選択肢をこうしているのか。
これ以外にも登庁不可な理由はあるだろう。だいたい二個目の「…家族負傷」のアタマの三点リーダーってなんだ?
自分に正直であろうとすれば、着信に気づかなかったってことで無回答にするって選択肢もないことはないが、やましい気持ちは否めない。
最近よく聞く「生命・身体の安全を確保する」とかは優先しないのか。
だいたい重大な事象であれば指示されずともそれなりの行動はする。

それはそれとして、言って、表示して、一応方針を「見える化」しときゃいいやってことがミエミエなこの風潮ってどうなのか。
この頃の報道とかの針小棒大な大雑把さってどうなのか。

| コメント (2)

2020/07/19

チエちゃん、当時TVは原作とは表現方法がちがうのに、そのまま映像でなぞろうとしてた感が強くて、もうちょっとやり方があるんじゃないかとナナメから眺めてたんだけれど、今見ればふつうにおもしろくて笑える。
しかもその画はのちにジブリを手がけることになるひとびとによるものであると思うと感慨もひとしお(まあ偏見だが)。
そういえば、ひとめ、これは友永氏にちがいない、と思った神回があった。
その第39話、作監はやっぱり友永和秀さんで、ふつう個人名が記される作画クレジットは原画も動画もテレコム名義であった。

Chie200719  
相当めんどくさいアングルだと思うが、さすがである。原作にこのカットがあったかどうかは不明。

| コメント (0)

2020/07/18

お宝音源のコンピレーションをダウンする。早いとこ疫病殲滅されないかなあ、と心底思う。

Livlabo200718

| コメント (0)

2020/07/17

この一二週、もらい仕事のために気持ちが切迫してたんだけれど、ようやくフィニッシュしそうな本日、といってまだフィニッシュしてないから、来週にもまだ少しあとひくかも。カタチばかりだけど1000万、5000万の仕事だ。言っとくが自分がそんだけ儲けちゃうってわけじゃあない。事業自体、オレが在職中には終わらないかもしんないけどな。
本日は久しぶり、職場の呑み会。30人くらい集まる。4月のがコロナでぶっとんだから新年度はじめて。
ここんとこ県内でも毎日感染者が増えてんのに考慮しないんだな。こりゃまあ国の方針か。
そういうのとは関係ないけど、自分的にいろいろ納得できないことが多いので欠席することにした。こないだの管理職会もバックれた。ガキか。

Ginnoneko
昼休み本。
ほぼ毎日一遍ずつ読み終えられる。
まかてさん、読み始めのころの雰囲気は硬いと感じていた作風だけど、最近の作品はどれも達観した人情話だ。コレは現代的な訴求力もある、大江戸ヘルパーさんの話。ごめんなさい、批評するつもりはない、単なる感想。

| コメント (0)

2020/07/16

くさくさする毎日、きょうは帰りのクルマでホブルを流し、帰宅してからは呑みながらチャランポのライヴ見る。
がイマイチ自分的に盛り上がれない。
どっちも好きな傾向の音楽なのにねえ、感性がだめだめになったか?
なんかどっちもニセモノっぽく感じちゃうのだ。不幸だ。

Charampo200716
野音、リアルの人生で確か二回ほど行ってるとは思うけど。

| コメント (0)

2020/07/15

一遍が7ページくらいだから、まあショートショートみたいなもんだ。
簡便な文章で読みやすいし。
クルマの中に置いといて、幹線のちょっと長い信号に引っかかったときに開いてみる。
信号待ち二回もあれば読み切れる。
そんなんで二巡目。せいぜい交通渋滞の原因にならないように気をつけよう。
食堂のおばちゃん、の著者。

Sachiko200715

| コメント (0)

2020/07/11

ですぺらウォーク、パッケージで聴いたときにはwithスカパラだったし、その後ここ十年ぐらいのライヴでのバカボンゲストやヨタロウメインの場面でもバックはブラスがばりばり鳴っていたのだ。
そういうもんだと思っていた。
そこで、この気鬱の日々で解禁した映像、メトロのキャプテン時代のアーカイブなのだが、そこで見られるかの楽曲はバヨリンがリード楽器だったりした。びっくり。いまさらかよ。入手後10年くらい経つ。

Metro200711
それはそれとして。
ここで青いバヨリンかき鳴らしてるのは横川タダヒコ氏ではないか。ペット鳴らしてるのはミュートビートの人?
商品にゲストのクレジットがないからわかんないんだけれど。
むかしの映像、自分がなじんでないメトロファルス。わくわくする。

…今さらかよ、みたいな。

| コメント (0)

2020/07/10

へとへとの一週間がおわり、へべれけの週末、Eテレを流してたらむかしよく聴いた音が流れる。

Lalalaclassic200710
ライヒだ。ギターのミニマル、気持ちいいよね。CD発売即買った。クロノスクァルテットとのカップリングだったか。
のちのエレクトロに通じる?テクノの純音楽的表現っていうか。
二十代の頃に聴いた奇抜なアレコレ、もいっぺん聴き直してみるか、と酔いヨイアタマで思う。

| コメント (0)

2020/07/09

ベランダ野菜、いつかは茄子だったけれど今は馬鈴薯、どうせ収穫はできないだろう観葉植物。
身近に植物があるのは落ち着くもんだ。もっと側に寄せたいけれどダメだガタイがよすぎる。

200709

| コメント (0)

2020/07/05

毎日ハンパな時間が出るので、余生のためにためたビデオを見たりして過ごす。
むかしの時代物。世界の黒澤は娯楽だ。

Tsubaki200705
セリフがわかりにくかったりするから、ときどき日本語字幕出したりして。
古い作品なので今重鎮の若い頃の顔を見る楽しみもある。
三船、加山、志村、おや、若い頃の田中邦衛って林先生…。
で、凜とした若き仲代達矢はオレが苦手な総務課財務担当殿(^^;。
音楽も管弦楽だけどちっとも小難しいもんじゃなくって、ジャジーだったり。
チェンバロっぽい音がフューチャーされてたり。

| コメント (0)

2020/07/04

○年に一度の。これまで経験したことがないような。滝のような。川が流れるように。
予報なんだから比喩しないでただ事務的に伝えてくれよ。
…表現とかいわゆるアピールってのに妙にムカつく。弁の立つやつって、言うだけで役に立たないのが多いのだ。関係ないか。いやいや。

200704

南が大雨に見舞われてた頃、早朝出動で肉痛作業。幸いなことに長野市、作業中の降雨はほぼゼロ。

…身を守る行動をしてください。ほかに言い方はないのか?

| コメント (0)

2020/07/03

時差出勤で本日遅番。
帰り道は、雨のこともあるだろうしアレのこともあるだろうが久しぶりの渋滞。
と本日夕食は食堂テイクアウトとの報せ。ラーメン店テイクアウトもずいぶん話題になったけれど、なんとあの店のつけそばだ。Marucho200703


こいつでがっつり呑める日がくるとは。
だいぶしあわせ。

| コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »