« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020/09/30

ついこの間二十周年のベストを買ったばかりだという気がする。
この5年間の早さ。なんにもしてないのに。

Kurico25
はじめて聴く音源もあったりするし、なによりも何種類もベストなんか出してればふつうどれも似たような選曲になっちゃうだろうに、まったくちがう印象のベストたり得るというのがすばらしい。
むかしみたいに、早く身近な会場で聴きたいよ。

| コメント (0)

2020/09/29

先週末に地元誌ラーメン特集が発売されたけど、あの店は載らないので客足には関係ない。
もっとも繁盛店なだけにちょっと遅い時間だったにもかかわらず、自分が入ってから出るまで満席状態。
矢吹煮干しそば(肉抜き)+バラチャーシュー(醤油煮)というやつをオーダー。
するとマスターはバラチャーシューの食券を指して「量ありますよ?」。
ということなので怖じ気づいて「少なめ」にしてもらった。

Syouki200929
少なめだからか、今回は別皿でなくトッピングされた形で出てきた。


友の会、の謎は解けた

Syouki200929b

| コメント (0)

2020/09/27

日曜劇場、最終話本放送までの時間に前エピソードまで見放題になっていたので、きのうきょうと、祭りである。半沢祭り。
再見して気になったというか気に障ったのは登場人物たちの非礼な応酬。内容ではなくおもに態度とか口調ね。
外連味の見せ場演出では気持ちいい、けれどつなぎの場面とか、もうふつうに下品な会話してんのか、みたいな。
今まで酔い心地でのTV流し見では、全体見て爽快に感じちゃっていたけれど、実際を鑑みればああいう激高してばっかのひとたちだらけの環境ってヤだなあ。(テレビだテレビ)

Hanzawa200927
ってなことはどうでもいいとして、始めから終わりまで見た印象、見事な構成、換骨奪胎っぷりだった。
いや、おもしろかった!

| コメント (0)

2020/09/25

このところ臥せってるわけでもないがグダっと横になってることが多い。
怠い。
三か月ほど前から50肩?右肩が上がらない、痛い。
クルマのドアを中から開けるのがつらいほど。
時間が過ぎるのが早い。のに身の置き所がない感が強い。
気力がない…。

Sanada200905bb

いつかのキレイなえび塩つけ麺。海老感はあまり強くない。

| コメント (0)

2020/09/22

ナンで食べるカレーの店は実に久しぶり。
350円のランチビールでさんざん酔っ払うと、夜はもう食べられないほどの満腹っぷり。

Manaslu200922

| コメント (0)

2020/09/21

気力が出ない連休をぐだぐだ過ごしてしまった。
きのうはろくなもん食べられなかったから朝ラーでも食って元気だそうかと。

Yamaokaya200921
するとひさびさに朝からエマージェンシー。休み明け対応と返事したのだけれど、昼前にも同じ場所でのエマージェンシー。しょうがないから確認しとくかと出張ってみたら、午後には自然復旧していた。
時間が半端になっちゃったので、髪を切ったり雑用など。
陽気は涼しくなったが、台風発生のイヤなニュースも聞こえる。

花筐を見る。

| コメント (0)

2020/09/20

再販された小田部羊一アニメーション画集をめくっていて、ど宝島についての記述が目についた。

Dotakara200920
晩年のためにと思って封印してあったDVDだけど、そろそろ晩年だから見てみるか、というわけだ。


おっと、アレの元ネタ、ってか原型か。

| コメント (0)

2020/09/18

Eテレで栗コを見る。

Kurico200918

| コメント (0)

2020/09/17

Tarasconyears

| コメント (0)

2020/09/16

外待ち3人で怯む腰抜け(汗。
そういう時に選択する近くの店は当分休業の貼り紙。
その次の店は営業中だったが先客一名後客なし。

Orenchi200916
コロナは明暗分けたな、みたいな。

| コメント (0)

2020/09/15

IWGP文庫最新刊。リアルを切り取り続けて何十年?

Iwgp200915
「池波正太郎の銀座日記」をちょこちょこ読んでいるのだが、自分もリアルタイムで経験できた80年代後半の映画や文芸が語られていて感慨深い。
終盤の、著者の知人が亡くなるのが続く様や本人の体の衰えについての記述が辛い。
剣客や鬼平はむかしけっこう読み込んだけれど、そろそろ真田太平記にも手をつけて上田の記念館にも行ってみるか。

| コメント (0)

2020/09/14

1978年のドラマを見ている。横溝正史。

Kindaichi
第二話で金田一探偵はマスクを着けているのだが、それはnotサージカルnot冷温notポリエステルnotアベノマスク的なもので、少し前から世間で静かに浸透している耳当て伸縮可的な手作りマスクっぽい造形であった。サージカルや冷温やポリエステルのマスクがその頃にあったとは思わないけれど、いまみんなしている手作りっぽいのはむかしからあったの?みたいな。…そりゃあるか。手作り基本か。

| コメント (0)

2020/09/12

横川さんの配信ライヴを見る。

Yokogawa200912
TarasconYearesいいじゃないか。あの頃が人生の中でもっともちゃんと音楽聴けた時期かも知れない。理解は別として。
今さらではあるが、DoTheTarasconなくては人生どうなっちゃってたかわかんない。どうにかなってたんだろうけれど、あれがあって今がある。ってことは確かである。
しゃべる横川さん、いつぶりかー。全然かわんないな。高級そうなバヨリン使ってる。
もはや適わぬことは承知のうえだけど、6人で奏で歌うDoTHeTarasconを大音量で浴びたい。6人以上でもいいぞ。

| コメント (0)

2020/09/11

歌舞伎ナウシカ、録画が映画館で上映されると知ったときにはマジで行こうかと思った松本アイシティ。
しかし自宅で寝っ転がって見られたりするんだよなあ。

Nausicaa200911
原作全部演るっていうから気合い入ってんなあと感じたが、割と意訳っぽい。
普遍的な題材じゃないから、わかって見る客向けの造形か。
メインキャラの衣装とか小道具、舞台など、もっと大胆に和風にフったらどうかなあ。
で、もっとプロットを削げば一般の歌舞伎好きにもわかりやすくなるだろうに。
主役の人は下町ロケットの伊丹くんだからきらいではないが(それしか知らないけど)、ナウシカにしては皺とかほうれい線が…いやなんでもない。

冒頭に邦楽器で流れる「風の伝説」、これに感銘。短いフレーズだけれども、これで久石譲を長く聴くことになった。

| コメント (0)

2020/09/09

前にEテレでジョンウィリアムスのプログラムを見て喜んでたけれど、今はジョンウィリアムスがウイーンフィルと演ってる盤を聴いて喜んでいる。
ソリストはアンネゾフィームターだ。

Williams200909

| コメント (0)

2020/09/08

Utamono

配信を見ながらゴハンを食べられる。これもしあわせな人生の一形態。

| コメント (0)

2020/09/07

え、まだ三回もやれるの?どんだけ引っ張る?って感じ。

Hanzawa
小説の方はいわゆるエピソード0を準備中らしい。

| コメント (0)

2020/09/06

2days、2日目。ここんとこ夕方に土砂降りがあるせいか日ごとに涼しくなってる気がする。
短時間過激運動はとにかくくたびれる。

Crz200906
あんまりさまようつもりもなかったから、帰りしなに入れたら入ろうくらいのつもりで通りかかったら入れた。
すんなり座ってすんなり食べれた。

Fukuya200906

| コメント (0)

2020/09/05

早朝作業2DAYS、1日目。あさ4時起きで出発。まだ涼しいうちにニク痛作業をしちまおうって寸法。
ちょっと追加があったが順調に終了。
昼はこないだの店でラーメンだ。
鶏だし醤油中華。

Sanada200905
ここんちは新店、まだまだ仕上がりが過剰なくらいていねい。
いつまでもこうあってほしいと思う。

…不規則な時間遣いだったり相変わらずの気温差だったりでぐったりだー。

| コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »