« | トップページ | »

2020/09/11

歌舞伎ナウシカ、録画が映画館で上映されると知ったときにはマジで行こうかと思った松本アイシティ。
しかし自宅で寝っ転がって見られたりするんだよなあ。

Nausicaa200911
原作全部演るっていうから気合い入ってんなあと感じたが、割と意訳っぽい。
普遍的な題材じゃないから、わかって見る客向けの造形か。
メインキャラの衣装とか小道具、舞台など、もっと大胆に和風にフったらどうかなあ。
で、もっとプロットを削げば一般の歌舞伎好きにもわかりやすくなるだろうに。
主役の人は下町ロケットの伊丹くんだからきらいではないが(それしか知らないけど)、ナウシカにしては皺とかほうれい線が…いやなんでもない。

冒頭に邦楽器で流れる「風の伝説」、これに感銘。短いフレーズだけれども、これで久石譲を長く聴くことになった。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »