« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020/11/29

電話を換えたのだ。12miniというやつ。
前のは、基本、電話とメッセージしか使わないんで機能に不満があるわけじゃない。
(といっても購入当時はばしばし遊んだ。そのうちハードがosのver.upに対応できなくなってたちまち陳腐化した。)
もう10年以上経ってるし、電源がやや不安と感じているときにいいタイミングで小さいやつが発売された。
形からはいる自分としてはサイズを比較するとこんなだ。
前115.5mm×62.1mm×12.3mm 133g
新131.5mm×64.2mm×7.4mm 133g
お、奇しくも重量は同じ。今までのがひとのと較べてずいぶんずんぐりしてたので、新しいのはスリムでスマートいかにもスマートホン。何いってんだか。

Iphone201129
こいつ、けっこう高性能と喧伝されてのだけれど、実はソフトにかなりバグがあったようでシクハックした。

そもそもまずアタマにきたのが旧機からのデータ移行を店ではやってくれないこと。
あとから推察するに旧機がcloudに対応してなかったからなんだろうが、しょうがないから自宅でiTunesを使った。
で、そのあと、新しいやつはフリーズしまくりの使えないモノに成り果てたってわけだ。
前のやつは一度リカバリモードに陥ったことがあったので、そいつのデータを移植したのがいけなかったのか、言われるようにosがうまく機能しなかったのか(この機種の発売後のosのアップデートはかなり頻度が高かった)、もういきなり修理か?みたいなことになってしまったのだが、それについても基本は販売店では対応しないからアップル代理店へ行けとか言われたので、ちょっと騒いでしまった。
結局、購入時とは別の店員さんが対応してくれて、初期化とosのアップデートでなんとかなった。
移行したデータは、初期化しても残ったものもある。
残念なことは、前のやつにため込んであった他音源からのデータはもともと移行可能なものではなかったらしいことだ。
ま、その気んなりゃ旧機でも再生できるし、オリジナルのデータだって健在だ。
ただでさえセワしかった毎日だったが、こんなのでも気ゼワだった。
ちゃんと活用できるか新しいやつ。メンドくさいことはしたくない日常生活に成り下がってるのに。

| コメント (0)

2020/11/28

早朝、実家付近は雪が舞う。
朝の一仕事を終わらせて雑用三昧。
久しぶりの店で、つけ麺あつ森もとい熱盛。

Torigaraya201128
最近、過酷な状況の中で勢いつけてる新しい店が多いけれど、ここは失速気味か。

| コメント (0)

2020/11/26

Asanoya201107b

味噌野菜タンメン、めずらしいかと思ったがふつうは味噌ラーメン自体がこの形態か。

| コメント (0)

2020/11/25

Rhodesって、そうかあの楽器のことか。

Fukuoka201125

詩を語るための音楽だな。
自分が今このテのものを嗜むというのは若作りなんだろうか、なんて。

| コメント (0)

2020/11/23

早寝すると早く目覚める。
夜10時ころ就寝だと朝5時前には目覚める。老化なのか。
ま、それはそれとして。
きのう、おじいちゃんたちと会話をしていてキノコの話題が。
自分らが普通に食する買って食べるやつは工場製品だけど、いわゆる天然物の話。
この前、天然のヤツで呑む機会があったのだ。いや、ずーっと前、蕎麦とジビエの松本の店なんだけど。

Sangoharitake201010
…こいつは食感だけだったなあ、ダシとかあんまり感じなかったのだ。

| コメント (0)

2020/11/22

本日も晴天。
野外での作業には最適。
水路整備、林野整備で午後の遅い時間まで。
今年はまあコイツを越えればいいや的で、この後の動向については建設的な気持ちにはなれない。
どうなっちゃうのかな、この先。続くはずなのにその場しのぎ。いいのかソレで。
誰も積極的に考えようとはしないし。me too。

Dsc03853

いつかの旨かったおつまみ。ヴィジュアル的にさびしいから入れてみたけれどまるで関係ない。

| コメント (0)

2020/11/21

三連休のはじまり、天候の変動や疫病の蔓延とか世間的にはいろいろ話題になってはいるけれど、そういうこととは関係なく地元での土木作業、道普請。きょうもあしたも。

少し前に書店で見つけた文庫本、知らない版元からのショージくんの、アンソロジー。
ふうん。
むかしから「あれも食いたいこれも食いたい」ファンではあるが、それをまとめた単行本の発行頻度が減っていたことには、ちとさびしさを感じていた。
でもよくわかんない出版元からの本、まあいいとこ取りな編集だから読む側ではそんなに嫌がられないだろうが、…まあいいか。
ごはんのおともの納豆の記述もある。

1121
納豆、そうなんだこのネバネバがうまいんだろうなあ。
ということでなるべく発生させてみた。うちにはむかし納豆撹拌トング、みたいなものも常備してあった。いまは見当たらないのでパッケージの中へ直接スプーン入れてぐるぐるぐるぐる。
そんで芥子とネギを追加だ。
…でもこいつだけで呑むっていうのはむずかしいんだろなあ。でもゴハンがあれば。バカかおれは

| コメント (0)

2020/11/19

クワトロ、最後に見たのはもう5年くらい経つのかデドカンだ。

Agata201118c
あの照明の感じ、想い出す。ステージ向かって左にでっかい柱があるからそっちからは見づらいんだよなあ。
これは直に見たかったなあ。たとえリアルタイムでも空気感がな。
その場に居合わせるのと、だらだら部屋呑みしてるのとは。
コントラバッソのひと、ぱっと見で白井良明かと思ったのだが(^^;。


あがたさんがむかし、つかこうへいの芝居に出たという話をどこかで読んだ。
それが蒲田行進曲につながっているのは確かだろうけれど、むかし、当時あがたとつかのファンでありながら両者を繋ぐ線が見えない自分には、TVドラマ版の蒲田行進曲で全編に「噫無情」が使用されていたのがとてもに気になった。
録画はしなかった。


…ブルーライト横浜、イミテーションゴールドにもはいってなかったな、と思うや清怨夜曲にシフトしてしまうのだ。
ピアノとバヨリンとコントラバッソで見事にタンゴだ。
生バヨリンが絡む百合コレクションなんか今後の人生じゃ望めないかも。
太田さんはそのむかし梅津さんや石川さんと長野でやって、そのあとの打ち上げが当時自分行きつけのお店であり、知らずに入店しようとした自分は外で喫煙してた太田さんを目撃して遠慮した、みたいなこともあったっけ。


あがたさん、ピアノ弾き語りも聴き応えある。

Agata201118b
あがたさん、横髪うしろ髪、どうしてあんな豊富なんだ、かっちょいいよなあ。

| コメント (0)

2020/11/18

小春日和というより夏めいた不穏な気温ではあるが、かねてからの予定であるクルマの冬支度。
先週は寒かったのになあ。
なのでディーラー近くの店では汗ばんでしまったり。

Ginka201118
名物のイチョウも見頃だが連休後には散ってしまうかも。

Ityou201118
で、夜は呑みながらあがたライヴ。

Agata201118

| コメント (0)

2020/11/16

ドイツのメタルバンド、ディークルップス、いつだったかもう二三年も前、上京の折に来日ライヴのフライヤーを見た。
…健在であったか。

Diecruoos201116
健在なんである。2019発の新譜、こないだ入手。
んで、そこにつながる話として、しばらく前にプロパガンダのデモ録音CDが売られていたので買ってはみた、ということがあり。
そいつは年代物ののシングルCDサイズだったのでまだ引き出しに入れっぱになってて聴いてはいない。
…Dr.マブーセってオリジナルはこっちのバンドなの?プロパガンダじゃなくって。
みたいな疑問はむかしからあったけれど、たぶんバンドの主張を鑑みるとそいつが正解なんだろう。
ZTTはどうもマネジメントには姑息なところがあったらしいし。
ディークルップス、しかし、スタイルはむかしと全然変わんないなあ、新譜でも。
姿勢は変わりません、みたいな。時代に応じても姿勢は変えませんみたいな。個性ってそういうもんか。そうだな。
ちょっと大きい音でそのへんクルーズしてみたいとは思った。

| コメント (0)

2020/11/15

201108

Nuts201115

| コメント (0)

2020/11/14

もう、いかにもおいら向けのこの風情。

Sanada201030b

一見イタリアンだと躊躇する(ほんとはばりばり中華)。ひとくちくらいならもらってもいい、みたいな不遜。

Aun201031d

| コメント (0)

2020/11/13

秋晴れの外、けれどけっこうどきどきすることが多かったり。

Seisuiji201113
店の前を通りかかってみると、本日の列びはなし。もうすっかり別の店のアタマになっていたのだけれど、つい吸い込まれてしまう。
券売機、"友の会"の呼称はやめることにしたようだ。

Syouki201113b  
天然昆布の塩そば+肩ロース。
職人芸の美しさ。

| コメント (0)

2020/11/12

Furimunsisters201112

うしろからズドン。劇場が好きよ。

| コメント (0)

2020/11/11

松本での夜の食事は、最近蕎麦とジビエの店オンリーだったが、その夜は新規開拓。
この間、開いたばかりの地場野菜をメインに打ち出した店。
いろいろめずらしい料理もあるが、費用的には呑み代が大部分を占めてしまう馬鹿おやじである。

Mitsubu201107
レタスの肉巻き、ほかの店でも出してそうなメニュウだが、これがヨカッタ。

| コメント (0)

2020/11/10

松本入りの日に、はじめての店に寄ってみた。
一度閉まった店だけど、松本では有名な店舗の系列として再開。
時間のせいもあるのか若い客は皆無。
むかしながらのメニュウが人気のようだ。
選択したのは、むかしながらのにニューウェイヴを重ねたもの。

Asanoya201107a
最近見てなかったようなタイプの細麺だった。

| コメント (0)

2020/11/09

経済のためにリスクを冒す。いやいや。
アレのおかげで閉まってた蕎麦工場併設の店だけど、営業再開してるというので訪店。
平日のみ営業。
密接密集必至で密閉されてた店内は、席数減らされ隔壁設けられ適度に入り口開けっぱなしにされ、入客も往時に較べ、ずいぶん少ない気がする。
しかし盛りのよさは相変わらず。

Hanedashi201109
だらだら食ってると蕎麦はのびるのだ。へたをすると食べる量より増える量の方が多かったり。この太いのは増えたわけではなく、もとから。

Hanedashi201109b
量食べられないやつは控えとけ、ってことだ。すいません。

| コメント (0)

2020/11/08

いい天気にもなったし、秋を眺めながら帰るかと思って池田町の景勝地に寄ってみたのだが、すっかり終わってた。

Chomeiji201108
そこに辿り着く直前に、近くに別の名所があるということを口コミ情報で知ったので、そのあとそこへ向かってみると狭い山道でやたらと対向車がすれちがう。
行ってみた先はとっても大きなお寺。
観光客がわしゃわしゃいたけれど、いよいよ秋も終わりの風情だ。

Reishoji201108

| コメント (0)

2020/11/07

Jyudou201107b

さまざまギミック使ってはいるけれど、連続殺人事件をひとつの作品として成就させようと奮闘するはなしの構造は、つかこうへい作品を思わせる。
それをしようとするのが本人たちではなくて、それぞれ別な物語を持つ役者たちだというパラレルな進行もおもしろい。
小ネタ的にも、コロナをくぐり抜けた者ならではか、と思わせる。
テンポの早さには相変わらずついて行かれない部分もある自分ではあるけれど、本日は比較的アタマの中がすっきりしていたこともあって、ギャグにもしっかり反応させてもらった、笑った笑った。

Jyudou201107
…いよいよ劇場にも人が戻ってきたか。

| コメント (0)

2020/11/04

Jyudou

| コメント (0)

2020/11/03

秋晴れの中、またもや恒例道普請、きょうは午前だけ。
あと年内長短合わせると四日ある。
雨でなくてよかったけれど、久々に紅葉ならぬ降葉を感じる日。

Aun201031c
帰って鬼滅の刃を眺めていたらどかんどかんと空が響く。復興の花火があちらこちらで開く。

Fireworks2201103

| コメント (0)

2020/11/01

背脂二選。というか。

Sanada201030
背脂煮干。

Aun201031b  
と、背脂生姜。
どちらもすっきりさっぱり。上品でていねいな作り。

そういえばこないだの北信流ブラック、てなやつも背脂だった。最近の背脂ものはギトギトではない。

| コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »