« | トップページ | »

2021/01/21

Kureco210121

バンドだ。

Kureco210121b
大きい編成なのでふだんのライヴとはちがうレパートリー。
ラオス映画の音楽なんてCDでいままで三回くらいしか聴いてないぞ。
大編成といえばむかし一度だけ栗コーダーポップスオーケストラ、見れたな。
前の配信の時にも感じたけれど、いろんな角度からカメラがはいっていていい感じ。
各曲、ほぼソリスト手元の映像が出る。

後半は威勢のいい曲が続いて、圧巻は月下の一群。スバラゴイ。
この曲は栗コ単独では録音してなかったっけ。
チラ見の場内風景もかなりのペーパーピーポーだったけれど、なんにしてもこのご時世、オーディエンスと生で相対してのライヴがよくできた。これが早く常態化してもらいたいもんだ。桜井さんのおじいちゃんぶりがちょい気になる…。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »