« | トップページ | »

2021/06/19

どハデなシリーズであったはずなのに今回は規模の縮小が推測される、それはまあ想定されることなのだけれど、やはり久しぶりの歌舞伎だ、心躍るではないか。
チケットは入手困難、だいたいまつもと大歌舞伎は市民優先のサービスだから、ふだんの演劇などとはちがい、外ではチラシを見かけることもない。
しかし、週末だ。県外からのお客さんだっているだろうから、本日は大入り満員。

Natsumatsuri210618
あしたは生中継もするそうだ(移動時間なんで見られないけれど)。

ひさびさの観劇。

・全体のスジの整合がよくわかんない。
・それが歌舞伎というもんらしい。それとして、日本の伝統芸能はスバラゴイ。
・結局、亀蔵さんがかっこいい。
・笹野おやじと勘九の争い場面がクドいってか延々つづく。
・近くで見たら迫力あるだろうなあ、いつまでも見てたいと思うかも。
・和太鼓ドラムセットがかっこいい。
・勘九郎くん、この舞台でも過ちの結果、とにかく暴れまくる走りまくる。
・祭りシーンの市民キャスト!!
・伝統的な題材ながら、現代的な舞台装置、照明、の演出で一気にクライマックス。

ありがとう、いささか気鬱が晴れた。

Natsumatsuri210619

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »