« | トップページ | »

2021/06/10

史実をもとにした時代?小説という感じであるが。
実際のことは確認しようとも思わないけれど、実在したらしき登場人物の存在感がすごい。
キャラの立ち方。そして脇をかためる小ネタ、というか設定のリアリズム。
さらに語りくち、ことばの遣い方がすばらしい。この著者には日本語の粋な使い方、いろいろ学んだ。使えてないけどな使えないやつだけに。
いまもっとも自分的に甘美な読後感を感じる作家。再読再読。

Akudamaden

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »