« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021/07/29

丑の日ってきのうだったんだけど、うちの職場での鰻の日はきょうだった。
…直近一年間で、その店の鰻重は三回目だ。宴会ができないから高価な出前で積立会費を遣う。
正直、鰻はひんぱんに食べたいもんでもないし、きょうははじめから半分持ち帰ってビールのアテのつもりでいた。
しかしながら、本日天候大荒れで帰宅はだいぶ遅くなり。
遅い時間に五輪の再映像眺めながら温め直した半鰻重で泥酔だ。いい人生だ。

Kagai210729

そのツマミはこの画像の上半分。

| コメント (0)

2021/07/27

NHKテレビのニュース速報のときに鳴るジングル、あれはヤな感じだよなあ。
たいていロクな話じゃない。
ここ二三日は天候の話が多く、でも世界遺産認定とか五輪メダル獲得の場合もあった。あったあった。
メダルの時はそここそFF勝利のファンファーレでも鳴らしたらどうかw。

Ff210727

| コメント (0)

2021/07/26

Mombarbara

| コメント (0)

2021/07/25

近所の。

Dsc08079

元気だ。水と陽さえあれば、こんなになれるんだ。こんなふうに生きたい。

| コメント (0)

ちゃんとしたジェラートは炎天下の元ではすぐに融け出すのだった。
たとえ冷えたクルマの中だろうが屋外だろうが耐性にそんなちがいはあるまい。
だとしたら。

Crz210723

| コメント (0)

2021/07/24

トウモロコシ、火を通して二日目だけど冷やしておいたらこれがうまい。甘い。これからは生でも食えるのが出てくるはず。

Corntomato210723

信濃町の道の駅でそのむかし、もう五年以上前に買ったトマトは、トマトくさくてものすごくうまかった。
あれからたぶん毎年そこのは食べてるが、あんなうまいのには二度と当たってない。
うまくないってより、マズイ。毎年マズイ。刻んで煮込んじまうか、みたいに。そんな気力もないくせに。
あヤバい。呑めないが も一本開けるか。

| コメント (0)

2021/07/23

実のところ、この頃抑鬱感がハンパない感じ。
状況的に、あと環境的にも。
まあそれはそれとして、お祭り気分はないけれど意に反しての連休、野菜買い出しに請われたので外出だ。
信濃町の道の駅に玉蜀黍。しかし9:00オープンてな情報はあったんで、30分遅れくらいでのりこんだのだけれど、混雑ゆえの人数制限のためにそこから30分待っての入店、そしたら自分らのターンでソールドアウトになってしまった。
ま、買えたからいいけれど。たぶんシーズンはじめだから品種も品薄、グラビスとゴールドラッシュだ。

てなことでそっち方面に出かけたので昼は久しぶりの中野の店にした。
しん農ポークの冷し味噌昆布水つけ麺。

Fugetsu210723
涼やかな一杯。
しなやか過ぎる素麺、みたいなコシ。
昆布水につけたつけめんもよく見るようになった。トレンド?
割りスープなしでもつけ汁がなくなってしまう。冷たい味噌汁、冷や汁な印象?モヤシの替わりにスライス胡瓜使ってもいいかも。

| コメント (0)

2021/07/18

Eテレでピアソラ取り上げ。
日曜劇場なんか見てる場合ではないな。
パーソナリティは亮太くんとチャランポのおねえちゃんだもん。
はじめて聴く交響曲とか堪能、こいつが日本初演だなんて。>シンフォニア・ブエノスアイレス。
でもタンゴは感じられず、ハリウッド映画音楽みたいな趣き。
これはこれできらいじゃない。ご本人の演奏も満喫。

暑い日の終わりにピアソラ堪能。別に暑苦しくもなく。むしろクール。

Sanada210710

画像は、ちと暑苦しかったいつかの担々つけ麺。

 

| コメント (0)

2021/07/17

Dsc08049

| コメント (0)

2021/07/16

Crz210716

ドアノブが硬くなる季節になった。
助手席側のポジショニングランプ不点とかグローブボックス不調とか話題になった不具合はひととおり経験、割と広い問題らしいがリコールにはならない。で、知らないはずはないのにディーラーは知らん顔してふつうに修理を薦める。商売柄、ユーザに同調はできないか。まあ10年以上経つからな。
でもバッテリ、よく保ってる。
タクシーに使われるプリウスも替えるタイミングはバッテリじゃなくエンジン自体のヘタりだっていうし。

| コメント (0)

2021/07/14

母の二度目の接種もきのう終わった。
懸念されてたこともなく終わってしまってまるで拍子抜け、てかほんとにワクチンだったんだろうか。
自分としては受けたくはないが万が一の感染源にもなりたくないなあ。
それとして今年の梅雨は実に凶悪な相貌を見せつけていて、やな感じ。


オーケストラの日、昼につけ麺。たまごの分が多いだけでかなりキツい(汗。

Sanada210710b

久石のベートーヴェン全集CDは早くにソールドアウトになっていたが、こないだの物販に並んでいた。限定数で再販されたというあと入れの情報。
このときは見過ごしてそのあとAmazonをのぞいたら、定価より安かったので思わず…。出品者はHMVだった。しかも即効で届いた。

| コメント (0)

2021/07/13

どうなんだろうなあ主題歌。
前のマジンガーのときのバリエーションだろうどう聞いても。
状況説明の歌詞とか曲構成。それどころかこいつはOPとEDおんなじ曲かと思ったぞ最初は。
…お仕事か。

Getter

いやちょと待て。このわかりやすさはテレビまんがのむかしからの決めごとなのかもしれん。
セオリーどおり、常道もしかして王道。
そういうもんなんだろうなきっと。
でもフォーマットかと思えば、いまだに?とは思う。

本編の方は、もうネタがエヴァに食われちまってる部分が多くてつらい。映像は見応えあるけれど。

| コメント (0)

2021/07/12

荒れた。

Himawari

近くの道路に立ってたがなぎ倒された。

Himawari2

 

| コメント (0)

2021/07/11

コンサートのあとは雨上がりだったようだ。
警報も出たらしいけどケータイ電源切っといてよかった(いやいや)。
高揚感持ってどこ呑みに行こうか。てかあてにしてた蕎麦屋は粉切れ営業終了だったので、ひさしぶりの串焼きの店。おそくまで呑んでるとコアなお客さんと出会す率高し。
この日もそんな二名の方とお話しできました。ふだんはおつきあいしたくないような。完全無欠のロケン…いやいや。Kushicho210710

| コメント (0)

2021/07/10

元長野市芸術館監督久石さんの音楽会。
元ナガノチェンバーの面々は抱える楽器(テューバ、コントラバス、チェロ、そしてハープ)以外のポジションは演奏中すべてスタンディングだ。はじめて見るぞ。

Hisaishi210710b
プログラムはスメラ、久石、ブラームス。
レポ・スメラ交響曲2番。はじめて聴く作曲家だけれど、音のカタマリ感が同じエストニアのペルトとおんなじ。
けれどこちらの方が起伏が激しいというか、全編クライマックスみたいな勢いで迫ってくる。
全3楽章切れ間なく。これ、まだあんまり知られてないようだけれどウケるんではないか。
久石監督は演奏会の合間に自作をはさんでくる。今回の、弦楽の音楽はまさにペルトの語感なので、スメラからの流れがぴったり。ところどころのバスドラムが利いている。
で、後半はブラームスの2番とくるわけだ。
ブラームスは正直ほとんど聴いてないんで、どこでベートーヴェンのときみたいな技を使ってるのかわかんなかったんだけれども、まさにメインプログラムな高揚感を感じる。
で、この人のコンサートでは初めてのアンコール聴いて(曲目わからん)幕閉じる。

Hisaishi210710

| コメント (0)

2021/07/09

嵐電見る。
大林さんみたいなファンタジーであったね。自分的にはもはや直視できない世界だ。

Randen210709

| コメント (0)

2021/07/06

ラジオ宅急便
というのは意外に使えるというのが実感。
もともともう20年以上前にもなる入院時代の頃、眠れない夜に、というか目覚めてしまった早朝に気を紛らわせてもらった。
母が入院したときには、ナンプラの本とかといっしょに書籍版のラジオ特急便を差し入れた。
で、後年、地元で早朝作業がある場合に移動中にラジオから聞こえてくる中で聞こえるのがこの番組だった。
そしてこの番組は、終盤の部分、経験率でいうと役者インタヴューが多いのだ。
早朝地元作業は年に数回なんだけど、このところ何回か(何年か)聴けてるインタヴューの対象はベテランの声優さん。
直近だと前回は山田俊司さんで先週は茶風林さんだった。
山田俊司さんといえば最初のゲッターでのハヤトじゃないかあ~。

Getter210703

もっともあのハヤトと今度のハヤトはハヤトががちがう。ハヤトも今までいろいろ。リョウマもいろいろだろうが。むしろ山田さんといえばキートンか。いやいや最後と思ってつきあうか。も一度ゲッター。

| コメント (0)

2021/07/05

もはやコレ系には太刀打ちできないことを思い知る。

Banryu210705
いやホントに食べきれない。信じられないが。
ゴメンなさいと言って店を出る。

| コメント (0)

2021/07/04

知久さんの配信を見る。

Chiku210704
・この編成だからか、お囃子系が多いんだ。
・むニュースタンダード系か(古いファン)。
・と思っていたらロシヤのパンだ。お、コレは(絶句)。
・女声の絡みが新鮮だ。
・続くのはらんちう、思いがけず、ハイライト、キター!!みたいな。
・休憩中のお話が聞こえない…。
・それに限らずMCの音声レベルが著しく低いのは配信視聴者とリアル観客との投資差分かな。
・再開
・でゲストの歌唱、あ、これあの頃よく聴いたやつだ。♪ヤッサーホイヤ~(涙)
・やっぱり屋台骨を形作るテューバがいい!!
・EN1は夕暮れどき、はじめて聴いた頃思ったんだけれど、杉浦茂の絵が思い浮かぶ。
・三線の女の子は最後の曲でサクソルンの細身の楽器を吹いていた。
・金魚鉢とか電柱とかが好きなんで、そいつらも死ぬまでにはぜひ聴きたい。この編成で。

| コメント (0)

2021/07/02

Wakame210702

今年も出ていたまさかの麺なしは地元メーカとコラボの味噌あじも。
実は身近ではまったく見かけなかった。県外からのおみやげ。
わかめラーメンめん抜きというよりは、どっさりわかめスープだな。ほんとにどっさり。

Wakame210702b

| コメント (0)

2021/07/01

昨日の夕、いつもの酒屋で強いやつを二本持ってレジに並んだところ、ジョッキ缶箱(おひとり一箱限り)が目に入った。
財布の中身を確かめると強いの二本とジョッキ缶箱にはちょと足りない。
しょうがないから強いの二本は棚に戻してジョッキ缶、箱買い。
本日強いの二本を補充にまた店に行ったらばもはやジョッキ缶はなかった。

Beer210701
うちのベランダ。冬は具合がよかったのだが。

| コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »