« | トップページ | »

2021/08/28

TCアルプの夏の公演は外部のひとの演出で、外部からの出演者も多かった。
よくある話のようにキャラはすべて死者で、かつてあったかどうかの自分の存在意義を主張する。
難解だっり、ダークな表現ゆえに解釈を拒否したくなるところもあるわけだけれども、鑑賞後の感慨は悪くない。
リアルで付随する音楽がいい。打楽弦楽管楽5名の編成で、芝居の進行に応じて死者行進のワルツが紡がれる。
これがかっちょいい。すごくイイ。

Paradeparade210828
あとね、キャストのみなさんごとくオレたちもデカい声で怒鳴ることができれば、日常のストレスって軽減されるのかも。と思った。
デカい声で、バカヤローとか言えれば自分が救えるのかもしれない。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »