« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022/02/28

うちの某所の書籍積載状態。

Kuri220228
色で品質が一目。
もう8年くらい前の出版、そして原稿は現在進行で継続しているからやろうと思えば続刊は何冊まで可能なの。
まあ今どき、それはしないだろうけど、出たら買う。
このテは紙をめくって読むのがいいんだ。
同様にwebで日記を毎日更新してて、むかしちょっぴり書籍化してたものも読ませてもらったけれど、あれも同様。
内容が執筆者の主観に拠ってるから読み応えはあるだろう。
笛仙人、りっぱな本だよなあ。

| コメント (0)

2022/02/27

むかしは袋ラーメン。
具なしか、トッピするとすればたいていはたまごだった。
そのうち野菜を麺といっしょに茹でてボリュームアップ。キャベツたまねぎくらいだったな。
手がアブラになる肉類は使わない(ラー以外でも自分で包丁まな板使うときは避ける)。

そして外食のラーメン。
やたらコショーかけて食べてた頃もあった。辛み好き気取って。味、わかんなかったんだろうなあ。
むかし三輪にあったスガキヤの思いで。

五輪の少し前頃から都会からはいってきたラーメンムーヴメント。
(でも、それ以前からも長野にもあったんだよ専門店。)
で、そのときあたりからの店がいまは老舗いや言い過ぎ、中堅くらいになってんのか。
自分的に好みは正統的醤油ラーメン、中華そば、みたいなスタンスはその頃から変わりなく。

2系、本家に憚ってひっそりコソコソいろんな店で出してたあの頃、もう十五年くらい前か、そのインスパイアみたいな言い方のメニュウを食べ歩いた。あの頃は限定扱いだったが、いまはほとんどどこでもレギュラーになってる。
もうどこの店のも食べきる自信がないし、ウマいと思える自信もない。

不景気が謂われる近年だけど、淘汰もあるが意外に新しい店は増えているようだ。
本格謳って化調使わない、みたいなところも多い。それなりに人気、行列。
選択肢増えてたいへん?いやいや、もはやあまり店は選ばない。
選べれない。関心がない。
正統派中華もいいが、いまは野菜が適当にのっかってるようなのが食べ応えがあっていいと思える。
そして化調か、無碍に否定するものでもないと思う。
有名店でも使用を否定しないところがけっこうあったし、いや実は自分でも購入して鍋物などでウマく使ってる。
化調、意外に価格は高いんだけど、まあ量 使うもんでもないから。

袋のでは、チャルメラとか出前一丁が印象に残るなあ。
地元ながら(いまはこちらでは生産してないらしい)ぽんちゃんはイマイチ、高級系で中華三昧、楊夫人なんてのも嗜んでみた。すごいと思った。でもいまの高品質ノンフライはもっとすごい。思いでの話だ。

野菜炒めをのせるメニュウを出す店、けっこう行く。健康にも気持ちにもヨイと思うぞ。

Marucho220206b
これで、麺が自家製のウマいやつだったらと思ったり。

| コメント (0)

2022/02/26

Kiev220220a

| コメント (0)

2022/02/25

Lupin220225

乱歩、大昔のこども向け作品はよく読んでたと思っているが一般向けのものはたぶん全然知らなかったのだ。
いまのルパン三世が黄金仮面とか黒蜥蜴とかを取り上げてる回を見て、機に元ネタに触れてみたらこれがなかなかエログロですごかった。平易な文体でこう語っちゃうか。

いまのルパン、続き物をシリーズの中心に据えた上でサイドストーリーを周辺に置くというスタイルは、前作前々作を踏襲しているがいままでのが作画スタッフに拘ってたらしいのに対し、文芸スタッフに凝ってるらしきが伺える。
テレコムルパン踏襲のヴィジュアルといい悪くない感じ。

| コメント (0)

2022/02/24

Kapustin_20220228214201

| コメント (0)

2022/02/22

前にも書いたが、熱風を読んでると時どき吃驚する記述に出くわすことがある。
監督の意外な行動や発言など。
それは作品を分析するファクターにはなるんだろうけれど、でも自分的には表現者の生々しいパーソナルとは繋げずに作品とふれあいたいっていう気持ちがある。
手塚さんやフレディ・マーキュリーのことでは、知らなきゃよかった、みたいな話をけっこう見聞きした。
そういうエピソードは本人不在になった時点で山ほど出てくるんだろうなあ。

Cagliostro220222
作品に直面するにはそれ自体だけでいい。もしも設計図が見られればそれが最高の分析手段だ。

| コメント (0)

2022/02/21

Crz220220

| コメント (0)

2022/02/20

別に見てたんじゃないけれど、五輪閉会のあとTVを流しっぱにしてたら江口さんの画が流れた。Eguchi2220220

来月から画展があるそうでちょっと身構えてたところ。へえ。みたいな。

Eguchihisashi

| コメント (0)

2022/02/19

リメイク本編にはもはやついて行かれないが、オリジナルを色濃く残している音楽はね。

Yamato2205
リアル中二病の自分がハマったあの音楽には、老い先短いかもしんないわが人生だけれどもずっとついて行こうと思うので、チェックする。こっちの宮川先生のファンでもあるし。
基本、ヤマトの音楽は一作目二作目に尽きると思うのだが、新たな旅立ちの歌がまたグッとくるのよ。
ガットギターと島倉みたいな演歌的要素は排除している。ま そりゃそうか。


| コメント (0)

2022/02/18

休日でもないのに自分以外は全員休暇の午後。
covidのせいか豪雪のせいなのか。

Egg220218
三つ目がとおる。
ひとりで二つは食べきれない、さりとてひとつではさびしい。
ので、もひとつはシェアする。

| コメント (0)

2022/02/15

SDGsていうことばが頭をよぎる。
腐っちゃっても環境を持続するから。…意味わかってない(汗。

Daikaiju

…いや映画見てないんだけど。
伊福部の弟子筋ならばゴジラの新作なんかどうなの。見ないかもだけど。
ゴジラ伝説にあったような電子音も響いてる。


| コメント (0)

2022/02/14

LGBTということばが頭をよぎる。

Tochiotome

どうしてそうなっちゃったんだい?そんなこと言っちゃだめ、ほんとの自分はこんなひと。

白くても苺は苺。うまいことにかわりはない。

 

| コメント (0)

2022/02/13

長野市のとんがらし屋さんにはレギュラーとは別に毎年イヤー缶と称して容器デザイン替えの商品がある。

Isogoro220213
中身は基本おんなじ。しかし、この缶、すぐにサビが入るのでどうにかなんないのか?って感じ。
今年はまた御開帳缶だ。否が応でも開催って運びだ。まそれはそれとして。
この店は中身もレギュラーとは別に配合を変えて何種類ものシリーズあって、オリジナルブレンドも受けてくれるから先月は花椒とハバネロ利かせたやつをオーダした。
うちのテーブルにはいくつも置いてあるんだが、使いやすいのはゆず、それからオリジナル。オーダーメイドも新鮮なうちに使っちゃわないと。風味が大事。若いときには気張ってバードアイ(旧呼称「超大辛」)なんてのも嗜んだなあ。

Isogoro220213b
身近にしてはいるけれど、この店、情報発信の程度にはいささか疑問。

Isogoro220115

| コメント (0)

2022/02/12

220212

思いがけず現実に直面してしまった。
ほんとはご飯(お米)は食べないつもりで外出したのに(バカ)。

Tenya220212b

| コメント (0)

2022/02/11

新巨人の星。
けっこうていねいな画、という印象。とはいえ全体的に作画の統一が図られていたわけではなく、出来は作画の請け手による。荒木プロのは絶品。
正月になんとなく初盤部分を見ていたらひどいシーンがあった。これは荒木さんとこの画ではないな。
ひどい、っていうのは画的ではなく内容、ひどいっていうか悲痛、まあ気持ちはわかります。みたいな。
飛雄馬がやさぐれちゃって焼酎あおる。

Hyuma220211
飛雄馬くんの気持ちはわかる。いやわかってないんだろうけど、おいらもやさぐれて強い酒をあおる。みたいな感じか。
よはなべてこともなし。ちがう。いやいや。

| コメント (0)

2022/02/10

柿の種、むかしあまり流通がなかった頃のたまに食べる元祖の浪花屋よりも亀田の方が断然うまいと思っていた。
いまハマっているのは柿ピーより、形状は似てると言えばそうかもしんないが全然別モノのコレ。
珍味のなとりみたいなメジャー以外にもスーパー各店のプライベートブランドにもラインナップしてる。
呼び名は微妙にまちまちだが(同じメーカーなのに販売するスーパーによってちがってたり)。

Tsubuarare2220210
しかし乾物で呑むようになってそれが食事化すると、侘しいってよりヤバい気もするがそうなっちゃったもんはしょうがない。

| コメント (0)

2022/02/09

浅蜊って積極的に食べたいとは思わないけれど、年末の浅蜊のたまご焼きは格別だった。
たまごの中にずっしり詰まってる。
で、三種類くらいのもみ/刻み海苔と節粉がたっぷりかけられていて、バエ的にはイマイチだけどこれが絶品。ごはんがススムくん、酒もススんだ。

Moritake220108d_20220209183201
そいつがどこで採れたのか知らないが、熊本産でなくてもうまけりゃいいじゃない。
堂々と中国産つって売りゃいいじゃん。そうかそれじゃ売れないのか。
もーれつア太郎だったか、棒手振のネタで「あっさり、死んじめー(あさりーしじみー)」てのがあったな。

| コメント (0)

2022/02/08

J_williams

ウイーンフィルとのやつは知っていたがベルリンフィルとも演っていたんだね。
燃えるのはやっぱ若い頃に聴きまくったやつだな。
レイダース、スーパーマン、帝国、のマーチ。
それと米五輪のヤツ。
同じ頃、1941もマーチだったよなあ。
でもこりゃいまの作曲者の表現(指揮)として聴くべきだな。やっぱサントラとはちがう。

| コメント (0)

2022/02/06

Crz220206

持って行き場がないのである。こんなことは七八年ぶりくらいだ。

Marucho220206
雪かきをしたあとに五目ラーメン。

| コメント (0)

2022/02/05

ついに出たまん延防止。保健所業務がハンパないっていうことで、うちみたいな末端部署にまでヘルプ要請。
けれどあまり緊迫感がない。まあ閉塞感ばかり。
引きこもってばかりだと滅入るだけだから外に出てみる。
みんなそう思うからか、意外に人出は多い。
でも大雪なので外に出てもきっぱり清々しい気持ちにはなれないけど。

Miyata220205
はじめて行く店、基本の醤油。

| コメント (0)

2022/02/04

パスカルズが音楽だというので。

Tumasho

きょうは既に三回目なのであれだけど、第1話、ハバネロかじる前に、いい匂いだ~、ぐらい言ってもらいたかった。辛さと香りがセットなんだから。

Dsc00041
うちの初代はオレンヂ色だった。
10年ほったらかしといた畑で実らせる苗かは、まあ置いとくか

| コメント (0)

2022/02/02

Hayaomiyazaki02

富野さんの講演が熱風に収録されてたのはもう半年も前なんだけれど、なかなか衝撃的な内容だった。
いわく、自分が高畑監督作品で担当した絵コンテは、たぶん相当量リライトされていた。

Hayaomiyazaki

 

| コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »