« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022/08/27

松本へ出るのは基本週末。
だから、あのパン屋さんみたいに平日だけ楽しめる、みたいなところがあれば、あんまりない機会なのでちょっとチェックしときたい。
で、今回二日目の昼に行ってみた松本といえばココ!! の店。土日には食べられない平日限定で ひるめんというのがある、今のメニュウは鶏塩そば。

Hidsuki220824b

連れは鶏出汁大好きで醤油より塩というひとだから、今回のメニュウではこいつ一択だった(厳密にいうと味の好みは塩よりも味噌とか坦々系が上らしい)。
自分はこの日、一目で決めたつけ麺でいっぱいいっぱいだった。でも、ま一口ふたくち、味を見せてもらう。
お、鶏だ。これは上等な旨み。
「前のとは全然ちがうね」
「鶏だから」
そっか。

この店は店名にニボシを標榜しているから、基本煮干し出汁なのだと思う。
先月ひとくち味見させてもらった通常メニュウの塩拉麺はかなりとがった煮干しだった。
煮干しを冠にする店はこのところ増えたけれど、どこもまあ実際はいろいろやるんだな。
自分注文のつけ麺はそういえば鰹の風味だったかもしれない。

| コメント (0)

2022/08/25

Banzaiya220823

松本に泊まった夜。平日なので夜も静か。
おばんざいで地味に呑む。今年何度目かの水茄子を摘まむ。

| コメント (0)

2022/08/24

早朝にホテルの朝ごはん食べて、チェックアウトまでまた横になる。昨夜呑みすぎてなかったからか久々に心地いい二度寝。
そして外へ出る。きのう見た芝居の二日目(昼公演)を見てから帰るつもり。
平日の松本は落ち着いた雰囲気。ひさびさに平日しか行くことができないパン屋を覗いてみるが、名物の牛乳パンは、コーヴィド以来 事前予約必須になっていて眺めることも適わず。今ピークだもんな長野県。
調理パンがものすごく充実してたけれど(昼前にお客さんが殺到するのだろう)、甘いやつを二品ほど購入。

そして早い時間の昼、松本ではココ!! の店だ。
限定のつけ麺は麺部分はキンと冷えて、スープはアッツ熱。ウマい。が食べるのにエネルギーが要る。
冷たい麺がことのほか旨かったので、同じく限定メニュウだった鶏と煮干しの冷やしそば、ってのが気になる。
機会はないんだろうな。
でも、食べて少々グロッキーな状態。そんな感じで昼の公演に臨む。

Hidsuki220824
きのうとは別の席、別の角度。

Lusy220824

やっぱ、連日だとよくアタマに入る、より理解できる感じ。
笑い処は待ち構える、ってな感じにもなるが、倍、笑える。
連日鑑賞は正解だった。来れてよかった!!

今回、メインだった東京公演はコロナの影響で全回中止だったとも聞く。
次の再演があれば、またぜひ。

| コメント (0)

2022/08/23

再々演の話を聞いたとき、まだ6月だったけどチケ取って職場のスケには休暇入れといた。平日だけれど。

Lusy220823
が不測の予定が入って、午後一でそいつこなして松本へ跳ぶことになる(不測の予定は不測の結果のため、結局後日持ち越しとなる、ちっ)。
しかし、むしろ心配してた天候の悪化もなくって、無事に現場入り。
今回の音楽劇、そういえばの前回の印象、ちょっとグロな設定に引きがちで、でもまあ結局笑って終わったんだよなあ。対象の皮を剥いで中に入ってそのひとに成り代わる。いかにも痛い設定。

Lusy220823b
成り代わるが、なかったことにしてしまう話、結局のハッピーエンド。
気づかいとか言いながら、知らんぷりで世間体をこなす。そう楽にいけばいいよなあ。
まあキャストそれぞれの演技に笑っていればいい。
え、前回から5年も経っていたのかなあ、みんな変わんない印象。
今回も大いに笑って、つまんない日常生活から救われる。
本日、松本宿であすの二回目公演も見るつもり。

| コメント (0)

2022/08/22

Lucy

| コメント (0)

2022/08/20

Yattarman

| コメント (0)

2022/08/19

原作のサザエさんって、あの政子さんやってる女優さんのイメージである。Sazae

自分は波平さんの歳を過ぎている。

| コメント (2)

2022/08/15

Kinuichi220812

| コメント (0)

2022/08/14

220814

| コメント (0)

2022/08/13

小野リサコンサートの日は平日だったが、先月のアレの代休もらって盆支度、実家への買い物とか。
朝からさまざま店舗、大混雑、こりゃ経済は回ってるでしょ、みたいな。午前に終了。

平日だから混雑時を抜けた時間帯はどうかと思ったので、あの店に向かう。
…外列びできてる。世間は夏休みか。まあ日差しがないから繋がってみる。

最近行けたのはいつだったか、また券売機のメニュウ構成が替わっていて「肉のせ」はなく「かけ」のみ、葱はどれにも載ってるようだ。

羅臼昆布の塩そば+肩ロース。

Syouki220812
オプションのお肉はひとりだと持てあましたりする(今回は連れがいるから半分わっこ)。
こいつはシェアでちょうどよいと思うが、近くの席に麺は大盛、ひとりでお肉ふた皿+ライスという強者がいた。

メニュウにある昆布や鰹の出汁の、厨房での抽出の様子をながめていたが、それがすごく短時間。
できたての出汁でラーメンを作ってるのを見られる。仕込みじゃない出汁を使ってる、いやそりゃ前から知ってたけれど、同行者(注文は鰹塩そば)が感激して食後にマスターに話しかけると応えてくれる。そう、マスターは興が乗ると舌がすべる。
いわく、材料の旨みを出すためには、目一杯煮込むと雑味が出る。
だから規定量、規定時間で100%炊くよりも、倍の量を短縮して50%の時間で炊く。
で、ちゃんとした材料を使ってる。うむ。
注文できるまでは時間がかかることがあるけれど、注文してしまえば意外に早く着丼(バカ)だ。
で、ここのはあまりしょっぱくない。カエシが強くない。出汁を食べさせる店なんだろうなあと思う。
麺もうまい。たぶん市内最強の店。


| コメント (0)

2022/08/12

Bossa Nova Night。

Lisaono220812
もの知らずな連想とは思うが、ボサノヴァといえば夏の夕の海辺、ちょっと蒸す空気の中に射す涼風、みたいな。
むかし、聴き込みはしなかったけれどなんとなく日常の中に流したこともある。心地いい。今聴くといっそう心地いい。
バックはP+BS+DS、そっちの定番なんだろうか。
1部はボサノヴァ、2部はカバーとか、古い洋楽のメドレーなど、そしてEnは芸術館付の児童合唱団と。
二三年前に発表してた(と思う)新作からの楽曲はなかった。
ほぼ一般向けのコンサートだったのか。「今」を追いかけないむかしのファンのための。
(休憩時間の男子トイレの行列は壮観(^^;)。

Lisaono220812b

| コメント (0)

2022/08/11

Lisaono

| コメント (0)

2022/08/10

医療非常警戒とかレベル6とか喧しい毎日だけど、ようやく三回目。
前二回と同じくファイザー製。
終わって、待機してた待合に血圧計があったので計ってみる。
と、ふだんよりかなり低い。
びっくりして三回も計り直してしまった。
夜、打った腕の多少の痛みと微熱。全身倦怠はいつものことだから副反応は関係ないだろう。

平日昼に外へ出れたので、病院行く前に馴染みの店主の店、けれど半年ぶりくらい。
手もみつけ麺、なんてメニュウがあったので期待したら品切れだったので、最近レギュラーになったという家系にしてみた。

Taiki220810
記憶にある限りここのマスターが作る家系というのは今までなかったと思う。
家系には思い入れがあったということだが、満を持してということか。


旨すぎたが、本日の体調にはちょっとキツかったということはある。

Taiki220810b

| コメント (0)

2022/08/09

Sanada220806b

先週行ったお店の同行者注文メニューは、濃厚えび塩つけ麺。
前にも書いたか、ここんちは屋号に「つけそば」掲げてるくせに、レギュラーメニュウは「つけ麺」。
でも限定になると「つけそば」、となるらしい→鰹昆布水の淡麗鰹つけそば、とか。

| コメント (0)

2022/08/08

Chocobo2

チョコボール、特に思い入れはなくむしろあまり好んではいなかった。
こどものころは、チョコの中にナッツ類とかはまだよしとして、キャラメルが入ってるのは選択肢外だった。
いまはどうでもいいけど(基本食べないし、でも海外メーカのキャラメルチョコってすごウマいのな)。

ずいぶん前のだけど、FFとアニメでコラボった商品。発売からそのまま取っといた。
この前、写真撮って廃棄(試しに一個口に入れてみたけれど、出した)。
FFはまあそれとして、アニメは音楽が栗コだったから見てみたけれど、本編はCMタイアップとは思えない力作。
DVD、何枚かウチにあるかも。いさこ ちゃんいるし。

| コメント (0)

2022/08/07

Chocobo

| コメント (0)

週末の昼間に知人と食事ができる機会あり。
先月も行ったお店。
注文はそん時と同じ、昆布水に漬けた鰹だしのつけそばにしてみる。再食必至と思い。

Sanada220806_20220807135701
食中にちょっと逆流性食道炎の症状がチラっときてイラっとしたが、無事に食べ終えられる。
ウマい。ちゃんと食事ができるシアワセ、ってなもんだ。

| コメント (0)

2022/08/06

今年も松本で演劇フェスティバルが開催。

Matsumotofesta
串田監督2回目にして最後のイベントになるわけだ。本日チケ解禁。
意外とちゃんとした演劇プログラムにが組まれる中、流動的な音楽のライヴが前回より少ないかな。
まあ、それこそ流動的に開催されるのかもしれないけれど。
押さえられるものは一応押さえて。災害がなければその期日は松本滞在。愉しみ楽しみ。

| コメント (0)

2022/08/04

シン、ネタ独占されたか、みたいな気分は拭えないが。
それぞれのコンテンツはその都度のタイミングでたびたびリメイクされてきた。
そのときどきに独自の観点が加えられ、結果としてオリジナルの雰囲気からは遠ざかることにもなって、結果、それが次に繋がることは少なかった、と感じる。
このプロジェクトの場合、へんな色気(主張)を出さずに、最新のテクニックを使って二次制作に徹していることが成功の要因だろう。
今後、このスタッフだと同様を手がける機会はあまりないと思われるが、その手法は有効だろう。

Shinjapan
こいつらは昭和の題材だけだけど、イマドキのコンテンツにも使えるんじゃないだろうか。
松本のスーパーで飲み物の景品をもらったのでヨケーな考察してみた

| コメント (0)

2022/08/03

先週の公演は急なスケジュール発表だったので、チケは取れたが常宿は取れなかったのだ。
ということで別のホテルを選択、市内でも朝食がウリになっているところにしてみた。
ふだんは朝食は摂っていないんだが。
ご案内によると、コロナ禍を鑑みてビュッフェスタイルはやめました、別の文脈でバイキングです、うーんどうちがうんだ。

Breakfast220731
このご時世とあって会場の混みはたいしたことない。
読みが失敗して、真ん中の皿なんか和洋折衷適当な盛りになってる。
で、たまごに偏りすぎ。たまご好きだからしょうがないじゃん。廉価でウマい優秀な食材。
いつになく朝も昼も夜も食事ができて、満足満足満腹(汗;。

| コメント (0)

2022/08/01

土曜の夜、ライチの風味がする芋焼酎のロックとストレートを並べて嘗めながら、翌日の千穐楽を予想する。

Mitsuba220730
もしや次のステージは、あの人の独擅場になるのでは?
…どうやらそのとおりだったらしい。

| コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »