« | トップページ | »

2022/09/09

吉原とか太夫とか、この十年くらいで読んでる時代小説でよく見かけることば。
朝井さんの艶やかな文庫のカバーはそっちの方に造形が深い日本画家のものという。

Rakka
まだ読み始めだけれど、作品の方はその艶やかな実見の裏側の話なのかな。
キャラ立てが上手い。おもしろい。

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »