« | トップページ | »

2023/08/19

昼過ぎからホルンの演奏会があったのである。
主宰の年齢にあわせて総勢60名でやるシーンがあるという。
ブログラムはホルストから始まった。惑星から、火星金星木星。
火星でもう気持ちは持って行かれる。奇抜さは何もないテンポも一般的な火星、しかしコレをホルンだけでやってしまう(ヘルプの打楽器、ピアノはある)。
その後、水星木星とか休憩はさんでサンサーンス、Rシュトラウス,モーツァルトもあったが、まあきょうは火星だったな。
60人が一度にステージに登ることはなくて、アルペンシンフォニーのときに客席背後に賛助出演者が出演、ということで盛大に鳴らしていた。

Komaccha230819a
で本日は久々にこまっちゃクレズマに会える日なのでもあった。
何年ぶりだろ、生こまっちゃ。
はじめての会場、ちっちゃなところで観客は15人ほどだったか、一番近い場所で聴くことができた。
三年くらい前にアルバムが出ているんだけれど、たぶんそれ以降ではライヴは見てなかったんじゃないか。
体感的にプログラムとしては新鮮な感じがした。
ハバナギラも久しぶりな感じがした。こいつの冒頭のリズムの刻みがボレロなのに気がついた。
いつもながら演奏の中でブレイクタイムのソロがはいるのだけれど、今回はドラムが格別だった。
かっこいい。このひとは最近のムーンライダーズでもあるのだよなあ。
そして静流さんの詩をはじめとする何曲かのVo曲は落涙もの。ま多少の個人的なセンチメントもある。
最後はおなじみの、♪アイヤヤアイヤヤ~を自分も喉をからして、貴重な時間を終える。

Komaccha230819b

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | »