« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024/02/29

ひとりで呑むとき、むかしはなんか音を流す中でページを繰りながらだったけれど、視点がボケちゃったのでこの頃はテレ東とかの食い物ドラマ見ながらってことになってる。

Amazon240229
就寝時の読書ってのもできなくなっている。

| コメント (0)

2024/02/25

なんでもない日だったが、東池袋のマコトくんのまねをしてショスタコの弦楽四重奏曲全曲を流してみる。
全部終わるまでは覚醒してられなかった。

Shstakovich240225

| コメント (0)

2024/02/24

正直、貼るのを躊躇った。
でもこのアルバムの中で999は演奏されていないらしいのだ。

999
メーテルにトロンボーン、かっこいい、鉄郎は柔らかくフリューゲルっていうのがいいじゃないか。
先生はワーグナーがお好きだったとか。

| コメント (0)

2024/02/18

ニューイヤーコンサート2002はライブラリから削除して、も一度ダウンロードしたら聴けるようになった。
で今夜、TVでそん時の映像も見られた。ブラボー。

Seijiozawa2002

| コメント (0)

2024/02/17

先週、日曜(定休)に入りそこなった店にリベンジ。
今週いっぱいって聞いてた限定の、溜まり醤油か香味味噌が目当てだったけれど、終了しちまったということで、本日からの限定、家系豚骨醤油の特上にしてみる。

Taiki240217
そういえば昨日夜食はなんちゃって家系だったな、なんて。
メニューの説明には、逆切りの中太麺なんて表記もある。「逆切り」なんて最近覚えたばかりだ、製麺用語。理解するの、むずかしかった。

お肉はこんなにいらない、自分としては、ねぎとかホウレンソウはもっと多けりゃウレシイできれば以前はのってたなまキャベツもお願い、うずらもなくていいし、なんてジジイの言い草はともかく。おっと今は野菜の経費のが高いのか。

Taiki240217b
2月末で一度閉めて、以降はあまり手のかかることはしない意向らしいので、この手は当分ないのかもしれないけれど、まあ落ち着いて気の向くままやってみてください。
いつかまたゆっくり伺います。

| コメント (0)

2024/02/16

240216

すべてが一年繰り越すと思っていたのにそうではなかった。
さて来年はどういう顔してこの時期迎えればいいんだか。
というめんどくさい集まりのあとで、呑み直そう食い直そうと思うが自分が行きたい店はほとんどが閉まる時間だ。

意外に遅くまでやってる回転寿司の店。
昼どきにはあのデカいハコに列びが出るほどだけれど、こういう時間だと、長いカウンターの一列にひと組ふた組ほどのお客さんしかいないのだった。
ちっこい握りを摘まみながら、この店で一番単価が高いと思われるアルコール類を嗜んだあと、シメに家系を注文(こっちの方が単価は高かった)。

Kappa240216
ヨイくたびれたカラダには、強すぎずむしろやさしいなかなか旨い家系であったな。

| コメント (0)

2024/02/14

先日の店で、カウンターの隣の席に配膳された。
二種類のメニュウのうち、白醤油は魚介出汁。ひとくちご相伴、こりゃ鮮魚系かな。今回のはのどぐろ、次回はふぐって聞いた。

Donku240211c
以前同じ場所にあった別の店でも感じたのだけれど、客あしらいが完璧だ。
やり方を継承してるんだろうけれど、小さいスペースながら回転が速い。
で、一見の客(おいらだ)にあいそも振りまけるなんざ、ものすごい余裕と感じた。連休なか日だぞ。
感心したのは、たまごに切れ目がはいっていたこと。
サービスでのっけてもらえる場合もある煮卵だけれど、あれって箸使いが不自由(おいらだ)だと意外に食べづらい。
最初から切れ目わかっていれば、インスタバ用に調整したのに(汗

| コメント (0)

2024/02/12

もう十年以上前からになるおつきあい、あの頃その店のは端正な作りの丼だった。淡麗っぽくもあった。
つけ麺も中華そばも、いかにも若気の至りみたいなトゥーマッチな盛り込みもあったけど、それはもちろん盛大な愉しみだった。

Sakuragi150531ww
開店当初には取材もはいったことがあったが(一度出くわした)、基本、地元誌、TVにはアピールしないでやっていたようだ。
最初の場所ではバチ当たりな昼呑みも許容していただいて、しかもなんかいっぱいサービスしてもらっちゃった気がする。
次の場所はクルマなしでは行かれない場所だったので、呑みは一回もなかったけれど、毎回杏仁豆腐(or麺大盛り、全員サービス!)がついたので、それは別腹な楽しみだった。
そして、今の場所は市街地、さらに行ける機会がなくなった。
レギュラーメニューが家系にシフト、と聞いてアレ?と思った。一度食べた。
そのちょっと前か、ひとり呑みしていて例の食道炎の症状が出て迷惑かけちゃったこともあった。
平気でガンガン呑んでいながら、呑み終了よし食べるぞ~ってな途端に麺が飲みこめなくなった、あれはツラい。ま最近そのテの症状はあまり出てないが。
閑話。
バタバタしててめんどくさい日常だけれど、閉まる前に一度お邪魔したいなあ。できれば呑む勢いで。

| コメント (0)

むかしからなじみだった店主が店じまいすると聞いた。
今の場所では数回だったけれど、前の場所、前々の場所ではたいへんお世話になった。
いっぱい食べた、いっぱい呑んだ。
で本日、今の店の近くの駐車場にクルマを入れた。なんと発券機故障で無料ではいれた。
そして店前に急ぐと、おっと定休日の貼り紙。そうだったー忘れてたけど日曜定休の店だったー。
…クルマ停めた場所の近くには別の行列ができる店がある。今は行列できていない。
入ってみる。一応満席だったが回転速く、するする入店、しかもほとんど待たずに配膳。
キレイかつゴージャスな丼。

Donku240211
芳醇醤油っていう、もう誰にでも向きな一品。
キレイかつゴージャスな丼であった。

| コメント (0)

2024/02/11

ナウシカはジブリでなかった頃から知ってるので、音楽は細野さんで予定されていて主題歌らしきものも用意されながら、結局プロデューササイドから拒絶されたんで変更(公表はされなかったけれどそう推測)された、そっちの事情はだいたい理解してた。。
バカな自分はそれに賛同の気分だった。その頃の自分はあの曲が理解できていなかった。
そんで、あるとき細野さんのライヴ映像を見た。2007年収録だったらしい、DVDだ。今見返しているが、いつか見た日比谷野音の風景。
これに収録されてるナウシカの歌で自分の中の価値観がひっくり返った。
アーティストの姿勢を伺い見るのはたいへん失礼だけれど、細野さんはナウシカを死に曲にしてはいなかった。
そこで歌ってるのはオリジナルシンガーではなかった、で鍵盤を撫でているのは教授だ。
純粋に崇高な歌と思った。
そんな今、ナウシカ2024のリリースだ。

Narumi240210
あの時、あの映画にはそぐわなかったんだろう、でも今の価値観ではどうだろう。
自分にはいまものすごい名曲に響く。

| コメント (0)

2024/02/10

エクセルは、書面での成果ということにおいて、自分にはなくてはならないツールだ。
wordは仕上りの画面構成がうまくできないし(方法はあるんだろうが。もともと一太郎使いだし違和感ばりばり)。

出力したものの見栄えを思いどおりに表現できる。これが肝心。画面と出力されるものに些かの差異がある場合はあるが。

で、そのExcel、職場で使ってんのは当然正規なもんだ。
そいつが、使えない。しばしば固まる。
画面で上でキーボード使ってカーソルを移動しようとしてもできないことしばしば(マウス使用で解消)。
こいつはハード個体の性能の問題なんだろうか(そう思えないこともないけれど)。
そういえば、と思うが、むかしはマイクロソフトの表計算はマルチプランだった。
そのデータ形式がExcelにに継承されなかったのはなぜだろうとか、あらためて思う(むずいことはわかんない)。

Excel2402

自前のPCのExel起動画面、仕事のデータは扱わない。さくさく動く。さくさく動く。何に使う?ただし版は最新ではない。

| コメント (0)

サイトウキネンへはたびたび足を運んでいたけれど、たぶんステージでは一度もお見かけできなかったんだ。
何回か体験した、市中→城のブラバンパレードで一度だけ至近で拝謁。

Ozawa090823b
その後、機会ごとに長野市内でライヴ映像を見せていただいた。

Ozawa160822
今朝、スマホに入れといたニューイヤーコンサート2002を聴こうとしたら視聴不可になっていた。
…噫。

| コメント (0)

2024/02/09

Gaia_20240210083601

| コメント (0)

2024/02/06

ぎが

はじめて聴いた頃は、まだ一般的なことばではなかったよな。

Harfmoonofpascals

| コメント (0)

2024/02/03

TVアニメって今すごいことになってるんだなと思った。需要あるんだね。
むかしこどもだった視聴者をユーザに取り込んでの作り込みもあって、自分もまあときどきひっかかる。
逆に、むかしみたいに純粋なこども向け作品ってどのくらいあるのかなーとか思う。
こども向けロボットアニメってあるんだろうか。

Bravern240203
スタッフの中に久々に見かける名前があってひっかかった。
あまり趣味ではないがロボットはキレイ。もう見ないかも新米。

| コメント (0)

2024/02/01

配信の音楽で気になったのがあっても、ネットで調べてミュージシャンの素性がよくわからない場合が多い。
マックスラーベさんのことだって、近況とか最新ディスコグラフィの詳細は不明だ。
CDも邦盤は出てないし。

Jeroen240201
そんな中でこんな。名前、発音できない。
ミニマル音楽のピアニストのみたいで坂本龍一やペルトを演奏したやつもあるようだ。
これはヤンティルセンの作品。ヤンティルセンの近作を漁っていて見つけた。
まだ、コン入れて聴けていない。

| コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »